VOICE OF LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
De-LAX > VOICE OF LOVE
VOICE OF LOVE
De-LAXシングル
初出アルバム『EMOTIONAL MARKET
A面 VOICE OF LOVE
B面 BUTTERFLY
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 宙也 (作詞)
鈴木正美 (#1,作曲)
榊原秀樹 (#2,作曲)
De-LAX (編曲)
De-LAX シングル 年表
GLOBAL STREET
1990年
VOICE OF LOVE
1991年
TONIGHT
1992年
EMOTIONAL MARKET 収録曲
MAGICAL MYSTERY BEAT
(8)
VOICE OF LOVE
(9)
哀しきLOVER
(10)
テンプレートを表示

VOICE OF LOVE」(ヴォイス オブ ラヴ)は、1991年7月21日De-LAXが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。通算5枚目のシングルである。発売元はフォーライフ・レコード

概要[編集]

  • 前作「GLOBAL STREET」から、1年ぶりのリリースとなった。
  • コンサートツアー『De-LAX "CLUB KINGDOM"』で全国を回っている最中に本楽曲が発売された。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「VOICE OF LOVE」 鈴木正美
2.「BUTTERFLY」 榊原秀樹
合計時間:

曲解説[編集]

  • 全曲 作詞:宙也、編曲:De-LAX
  1. VOICE OF LOVE (4:27)
    • 作曲:鈴木正美
    De-LAXのシングルの表題曲の中では、数少ないフェードアウトして終わる楽曲である。
    ライブツアー『De-LAX "CLUB KINGDOM"』内の「De-LAX CHANGE COSTUME at 3×3 GIGS 3DAYS」のうち、6月22日新宿LOFT公演のライブでは、このシングルの発売に先駆けて、本楽曲が演奏された。なお、この日は、アコースティックバージョンで演奏された。なお、シングルバージョンは、7月20日後楽園ホール公演のライブにて、初めて演奏された。
    なお、本楽曲のPVは、先述のライブツアー『De-LAX "CLUB KINGDOM"』内の「De-LAX CHANGE COSTUME at 3×3 GIGS 3DAYS」のライブ映像がそのままPVとして使用されている。
    歌詞にザ・ローリング・ストーンズの「LET'S SPEND NIGHT TOGETHER」とエルヴィス・プレスリーの「BLUE MOON」が登場するが、曲の最後には、本物の「BLUE MOON」を入れる案があったのだが、権利関係でボツになったという逸話がある。
    また、ビデオ『THE STORY OF De+LAX 1988-1992 5Years×5Lives』には、アルバムツアー『De-LAX TOUR '92 "OUR FAVOURITE ROADS"』の9月21日渋谷公会堂で行われたライブの映像が収録されている。
  2. BUTTERFLY (4:30)
    • 作曲:榊原秀樹
    De-LAXのシングル曲のB面の中で、一番演奏時間が長い楽曲となっている。
    この曲は他のどのアルバムにも収録されておらず、本作のみに収録されている。
    ライブツアー『De-LAX "CLUB KINGDOM"』内の「De-LAX CHANGE COSTUME at 3×3 GIGS 3DAYS」の8月20日川崎クラブチッタ公演のライブにて、本楽曲が初めて演奏された。

関連項目[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム

収録映像作品[編集]

PV収録
ライブ映像収録