VFW 614 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

VFW 614

Air Alsaceの VFW-614 (1977年 バーゼル・ミュールーズ空港)

Air Alsaceの VFW-614
(1977年 バーゼル・ミュールーズ空港)

VFW 614ドイツのVFW社(Vereinigte Flugtechnische Werkeフォッケウルフを買収した会社)が製作したジェット旅客機である。1971年4月5日に初飛行した。エンジンを主翼の上に取り付けるという特徴的なレイアウトを採用している。

概要[編集]

乗客数が40名クラスの小規模な機体であり、ボーイング737よりも小さく、それまでプロペラ機が使われていた市場を狙って1960年代の半ばから開発されたものである。短距離路線向けに1000機ほどの市場があるとみこまれ、そこにおけるシェアを獲得しようとする狙いであった。一般的なジェットエンジン配置は主翼下への配置であるが、VFW 614では主翼上に配置されている。このようなエンジン配置のメリットは離陸・着陸距離の短縮、未整備空港でのエンジンへの異物の進入の可能性を下げられること、主脚を短くできることなどがあった。主翼が地上への音を遮断するため騒音が小さいという副産物もあった。生産に際しては、フォッカーなど欧州航空機メーカと分業生産をおこなった。

エンジン開発の遅れ、オイルショックによって市場が縮小した時代になってしまったこともあって、極めて売れ行き不振のまま1977年に生産は中止された。生産数はわずか19機であった。

要目[編集]

ドイツ空軍 VFW-614
  • 全長: 20.60 m
  • 全高: 7.84 m
  • 翼幅: 21.50 m
  • 翼面積: 64 m²
  • 客室幅: 2.66 m
  • 客室高: 1.92 m
  • 空虚重量: 12,180 kg
  • 離陸重量: 19,950 kg
  • 最大速度: 735 km/h (Mach 0.74)
  • 巡航速度: 700 - 720 km/h
  • 上昇率:15.75 m/s
  • 上昇限度: 7,600 m
  • 離陸距離: 1,325 m
  • 着陸距離: 1,100 m
  • 航続距離: 2,010 km
  • エンジン: 2×ロールスロイス/スネクマ M45H
  • 推力:32.4 kN
  • 乗員:2名
  • 乗客:40-44名

運用した航空会社[編集]

皮肉なことに、ルフトハンザドイツ航空をはじめとするドイツの航空会社はVFW 614を採用しなかった。ドイツ国内で使用したのはドイツ空軍のみであった。VFW 614を採用した民間航空会社は下記のとおりである。

なお、Air Alsaceの機体の中にはエールフランスとの共同運行に使用され、エールフランスのロゴを併記したものもあった。

現在保有している組織[編集]

  • DLR (Deutsches Zentrum fuer Luft-und Raumfahrt) 現在も試験飛行を行なっている模様である。
  • Lufthansa Technik

関連項目[編集]

外部リンク[編集]