VAZ-2101 (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
VAZ-2101
フロント
リア
概要
別名 ラーダ・1200(輸出名)
販売期間 1970年 - 1989年
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 直列4気筒ガソリン・OHVまたはDOHC
変速機 4/5速MT・3速AT
サス前 前:独立 ウィッシュボーン コイル  
後 :固定 トレーリングアーム パナールロッド コイルマクファーソンストラット コイル
サス後 前:独立 ウィッシュボーン コイル  
後 :固定 トレーリングアーム パナールロッド コイルマクファーソンストラット コイル
車両寸法
ホイールベース 2,424 mm
全長 4,073 mm
全幅 1,611 mm
全高 1,382 mm
車両重量 955 kg
その他
累計生産台数 約1500万台
系譜
後継 VAZ-2105
テンプレートを表示

VAZ-2101は旧ソビエト連邦自動車メーカーアフトヴァース1970年からVAZブランドで生産していたフィアット・124ライセンス生産車である。

概要[編集]

1966年8月16日イタリアの自動車メーカー、フィアット社との協力で、ソ連に自動車工場を建設する計画を実現し、124のライセンス生産車としてVAZ-2101を発売した。元々イタリア向けの車種のため、ロシアの悪路を走行できるように、サスペンションなどが改良されている。本家124には採用されていなかったオーバーヘッドカムシャフト(通称 : OHC)を採用した。

VAZのエンジニアによって改良されたものの一部は本家124にもさりげなく採用された。(例 : シャーシの改良。フィアット社では、これらの改良されたモデルは「124R」として販売され、「R」は「ロシア」の略 )その後に多くの派生車種及び後継車種が登場した。この一連のモデルを「ジグリ」と呼ぶ。由来は、工場近くにあるジグリ山塊からきている。

VAZ-2101ベースのステーションワゴンVAZ-2102

登場作品[編集]

VAZ-2101ベースの高級車VAZ-2103

1971年 - 幸運の紳士たち(ロシア語:Джентльмены удачи)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]