FCグロッセートSSD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USグロッセトから転送)
移動先: 案内検索
FCグロッセートSSD
原語表記 Football Club Grosseto Società Sportiva Dilettantistica a r.l.
愛称 Grifoniグリフォン
Torelli maremmani(マレンマの子牛)
Biancorossi(白と赤)
Unionisti(合同主義者)
クラブカラー Rosso e Bianco (Diagonale)2.png 白と赤
創設年 1912年
所属リーグ セリエD・ジローネG
所属ディビジョン 4部
ホームタウン グロッセート
ホームスタジアム スタディオ・カルロ・ゼッキーニ
収容人数 9,988
代表者 イタリアの旗 マッシミリアーノ・ピンチョーネ
監督 空席
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

フットボール・クラブ・グロッセート・ソチェタ・スポルティーヴァ・ディレッタンティスティカFootball Club Grosseto Società Sportiva Dilettantistica a r.l.)は、イタリアトスカーナ州グロッセートを本拠地とするサッカークラブ。2015-16シーズンはセリエD・ジローネGに所属している。

歴史[編集]

前身となるUGSグロッセートUnione Ginnico Sportiva Grosseto)は1912年に創設され、1921-22シーズンからリーグに参加している。主にセリエCセリエDに所属していたが、1995年にクラブが破産、セリエDの下位リーグであるエッチェッレンツァへ降格することになる。エッチェッレンツァ初年度となる1995-96シーズン、クラブは15位と低迷。さらに下位のプロモツィオーネに降格してしまう。プロモツィオーネに所属した1996-97シーズン以降、クラブはようやく上昇傾向となり、同シーズンはプロモツィオーネ・ジローネBで優勝し、1年でエッチェッレンツァに復帰。翌シーズンもエッチェッレンツァ・ジローネAで2位となり、セリエD復帰を決めている。それ以降、大きく崩れることなく、2001-02シーズンにはセリエC2昇格、2003-04シーズンにはセリエC1昇格を決めている。

セリエC1に所属した2004-05シーズン以降、クラブは常にセリエB昇格争いに加わり、2004-05シーズンは4位でプレイオフに進出(初戦の対ACパヴィーアで敗退)、続く05-06シーズンも4位でプレイオフに進出し、決勝まで進むもフロジノーネに敗れていた。そしてセリエC1で3年目となる2006-07シーズン、序盤こそ振るわなかったものの、監督を交代した11月以降クラブは躍進し、実に25試合で勝ち点53(1試合平均2.12点)を積み上げた。そして最大12まで開いていた首位との勝ち点差を逆転、セリエC1・ジローネA優勝を果たした。この結果セリエB昇格を決定、これは約100年におよぶクラブの歴史の中で史上初の快挙である。

また、同シーズン、セリエC1優勝の2チームが争うスーペルコッパ・ディ・レガ・プロフェッショニスティ・ディ・セリエC1(Supercoppa di Lega Professionisti di Serie C1)において、ジローネB優勝のラヴェンナ・カルチョと対戦。ホームアンドアウェーの初戦は1-1で引き分け、グロッセートのホームとなる第二戦で1-0の勝利を収め、こちらもクラブ史上初となる国内タイトルを獲得している。

2008-09シーズンにはセリエB6位となり、セリエA昇格プレイオフに臨んだが、ASリヴォルノ・カルチョに敗退した。

2012-13シーズン前に八百長問題で一度はセリエBからの降格処分が言い渡されたが、その後控訴が認められてセリエB残留となった[1]。しかし、結局そのシーズンはセリエB最下位となり、レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ(3部)降格となった。2014-15シーズン終了後、クラブは破産宣告を受ける。2015年8月6日に再建され、USグロッセートFCUnione Sportiva Grosseto Football Club)から現在のクラブ名となった[2]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

2006-07
1946-47(ジローネD)
2006-07(ジローネA)
2003-04(ジローネB)、2006-07(ジローネA)
1960-61(ジローネD)、1972-73(ジローネE)
1994-95(ジローネA)
1951-52(ジローネH)、1996-97(ジローネA)

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 1994-95 セリエD・ジローネA 優勝 クラブ破産により降格
  • 1995-96 エッチェッレンツァ・ジローネA 15位 降格
  • 1996-97 プロモツィオーネ・ジローネB 優勝 昇格
  • 1997-98 エッチェッレンツァ・ジローネA 2位 昇格
  • 1998-99 セリエD・ジローネF 3位
  • 1999-00 セリエD・ジローネE 7位
  • 2000-01 セリエD・ジローネF 3位
  • 2001-02 セリエD・ジローネF 2位 リーグ裁定により昇格
  • 2002-03 セリエC2・ジローネB 4位 プレイオフ準決勝でリミニに敗退
  • 2003-04 セリエC2・ジローネB 優勝 昇格
  • 2004-05 セリエC1・ジローネA 4位 プレイオフ準決勝でパヴィアに敗退
  • 2005-06 セリエC1・ジローネB 4位 プレイオフ決勝でフロジノーネに敗退
  • 2006-07 セリエC1・ジローネA 優勝 昇格
  • 2007-08 セリエB 13位
  • 2008-09 セリエB 6位 セリエA昇格プレイオフでリヴォルノに敗退
  • 2009-10 セリエB 7位
  • 2010-11 セリエB 16位
  • 2011-12 セリエB 15位
  • 2012-13 セリエB 22位 八百長問題で勝ち点6ポイント剥奪及び降格
  • 2013-14 レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ・ジローネB 11位
  • 2014-15 レガ・プロ・ジローネB 11位
  • 2015-16 セリエD ・ジローネG

現所属メンバー[編集]

2016年2月11日現在[3]
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 GK トンマーゾ・ディ・ヨーリオ
イタリアの旗 GK リッカルド・ガーニョ
イタリアの旗 GK マッティア・ランツァーノ
イタリアの旗 DF カルロ・バイロン
イタリアの旗 DF アンドレーア・チョッリ
イタリアの旗 DF ルイージ・ディジョールジョ
イタリアの旗 DF アルマンド・ミリアッチョ
イタリアの旗 DF アンドレーア・ペアーナ
イタリアの旗 DF アルベルト・スケッティーノ
イタリアの旗 DF ガエターノ・ウンガーロ
イタリアの旗 MF ユーリ・バッターリャ
イタリアの旗 MF ダーヴィデ・クレモニーニ
イタリアの旗 MF フランチェースコ・グリエーコ
イタリアの旗 MF ジュゼッペ・ラウーリア
イタリアの旗 MF ヴィート・ラヴォーパ
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 MF ロレンツォ・リブッティ
イタリアの旗 MF リッカルド・マチュッカ
イタリアの旗 MF アレッシオ・マッジ
イタリアの旗 MF シモーネ・ナーポリ
イタリアの旗 MF マッテーオ・ニケーレ
モンテネグロの旗 MF ニコーラ・オリヴィエーリ
イタリアの旗 MF ヴィットーリオ・パルンボ
イタリアの旗 MF ラオウル・ヴァッカーロ
イタリアの旗 FW フランチェースコ・ディ・ジェンナーロ
イタリアの旗 FW ウンベルト・ナッペッロ
イタリアの旗 FW ロベルト・パルンボ
イタリアの旗 FW フランチェースコ・パティエールノ
イタリアの旗 FW オマール・トッリ
イタリアの旗 FW ピエトロ・ツォッティ (Captain sports.svg)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

出典[編集]

  1. ^ コンテに対する10カ月の停止処分は変わらず - 2012.8.23 Goal.com
  2. ^ Serie D: ora è ufficiale, F.C. Grosseto ammesso in soprannumero”. IlGiunco.net (2015年8月7日). 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ PRIMA SQUADRA”. F.C. Grosseto. 2016年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]