URAKEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
URAKEN
基本情報
本名 宇良 健吾
通称 ウラケン
流離の大和魂
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-06-20) 1981年6月20日(37歳)
出身地 石川県
所属 PUREBRED大宮
→RAW Team
→フリーランス
→Team ura-ken
身長 175cm
体重 70kg
階級 ウェルター級ライト級
バックボーン 総合格闘技
テンプレートを表示

URAKEN(ウラケン、1981年6月20日 - )は、日本男性総合格闘家。本名は宇良 健吾(うら けんご)。石川県出身。Team ura-ken所属。元ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点としている。フリーランスとして、謙吾と共にPKG、チーム大山、ボディショップ、ボクシングジムの4か所でトレーニングしている[1]

来歴[編集]

高校時代は水球を経験。卒業と同時に上京し、PUREBRED大宮に入門。総合格闘技のトレーニングを開始した。

2001年9月24日、全日本アマチュア修斗選手権・ライトヘビー級(11名参加)に出場。決勝で中西裕一に判定勝ちし、優勝を果たした[2]

2002年に単身アメリカ合衆国に渡り、RAW Team(R-1ジム)でトレーニングを行うようになった[3]

2003年3月27日、WECでプロデビューし、マイク・スウィックに膝蹴りでKO負け[4]

2004年9月18日、Venomでジョン・フィッチと対戦し、判定負け。

2006年1月20日、Rumble on the Rockでマイク・マローンと対戦し、アンクルホールドで一本勝ち[5]

2009年4月23日、3年ぶりの総合格闘技復帰戦となったPFCでダグ・ハントと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち[6][7]

アメリカで12戦7勝5敗の戦績を残し、2009年10月25日のパンクラスに「逆輸入ファイター」として参戦。ウェルター級現役王者和田拓也とノンタイトルマッチで対戦し、0-0の判定ドロー[8]

2010年2月7日、ウェルター級キング・オブ・パンクラス次期挑戦者決定戦で鈴木槙吾と対戦し、右フックでKO勝ち。王者和田拓也と4月29日に対戦することが決定したものの、和田が「宇良との再戦はモチベーションが上がらないので辞退したい」として4月29日付けで王座を返上したため、KEI山宮との王座決定戦が決定した[9]

2010年6月5日、第5代ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座決定戦でKEI山宮と対戦。判定は3者とも30-30となるも、マストシステムで2-1の判定勝ちとなり王座獲得に成功した[10]

2011年2月6日、ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで佐藤豪則の挑戦を受け、チキンウィングアームロックで見込み一本負けとなり王座から陥落[11]。この試合からリングネームをURAKENに変更した[12]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
28 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 4 6 4 0 2 0
12 6 1 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 岸本泰昭 2R 終了時 TKO(ドクターストップ) HEAT 38 2016年9月25日
× 阪本洋平 1R 1:02 TKO(パウンド) GRACHAN23×1MC. vol.1
【GRACHAN初代ライト級王座決定戦】
2016年5月22日
渡辺和幸 1R 1:37 アームロック GRACHAN 19
【GRACHAN MMAライト級王座決定 トーナメント一回戦】
2015年9月19日
× フランク・カマチョ 1R KO PXC49 2015年8月7日
上野藤士 1R 3:13 TKO(パウンド) HEAT35 2015年3月22日
チョモランマ1/2 5分3R終了 判定 HEAT34 2014年12月21日
星野大介 5分3R終了 判定2-1 VTJ 4th 2014年2月23日
× 松本光史 5分3R終了 判定0-3 VTJ 3rd 2013年10月5日
ブラッド・テリー 2R 1:27 ヒールフック MMA World Series: Myanmar
【MMA World Seriesウェルター級王座決定戦】
2013年8月31日
× 徳留一樹 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年8月5日
伊藤崇文 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年4月1日
× ストラッサー起一 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年5月3日
× 佐藤豪則 1R 4:40 TKO(チキンウィングアームロック) PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2011年2月6日
KEI山宮 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座決定戦】
2010年6月5日
鈴木槙吾 1R 1:43 KO(右フック) PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ウェルター級キング・オブ・パンクラス次期挑戦者決定戦】
2010年2月7日
和田拓也 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年10月25日
アンソニー・スミス 1R 1:45 KO(パンチ) Long Beach Fight Night 5 2009年7月19日
ダグ・ハント 1R 2:44 チョークスリーパー PFC: Best of Both Worlds 2 2009年4月23日
× サム・リエラ 2R TKO(負傷) Valor Fighting: Showdown At 4th & B 2006年4月29日
Jeff Dietrich 1R 1:35 チキンウィングアームロック Valor Fighting: Showdown At Cache Creek 2006年2月3日
マイク・マローン 1R 3:24 アンクルホールド Rumble on the Rock 8 2006年1月20日
シャノン・"ザ・キャノン"・リッチ 1R 1:04 ヒールホールド Valor Fighting: Medford Mayhem 2005年7月16日
× ダン・モリナ 3R終了 判定 Valor Fighting: Home of the Brave 2005年7月2日
× ジョン・フィッチ 5分2R終了 判定0-3 Venom: First Strike 2004年9月18日
× アミール 1R終了時 TKO(カット) WEC 10: Bragging Rights 2004年5月21日
ブライアン・スリーマン 5分3R終了 判定 Gladiator Challenge 19 2003年9月28日
ジェイソン・ブラスウェル 1R 4:46 TKO(タオル投入) Gladiator Challenge 17 2003年6月22日
× マイク・スウィック 3R 0:31 KO(膝蹴り) WEC 6: Return of a Legend 2003年3月27日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
中西裕一 3分2R終了 判定41-39 全日本アマチュア修斗選手権【ライトヘビー級 決勝】 2001年9月24日
伊藤匡悟 4分1R終了 判定24-23 全日本アマチュア修斗選手権【ライトヘビー級 準決勝】 2001年9月24日
武田光博 不戦勝(負傷棄権) 全日本アマチュア修斗選手権【ライトヘビー級 2回戦】 2001年9月24日
伊藤匡悟 3分2R終了 判定24-21 第1回東日本アマチュア修斗選手権【ライトヘビー級 決勝】 2001年7月29日
井上敦 4分1R終了 判定27-20 第1回東日本アマチュア修斗選手権【ライトヘビー級 1回戦】 2001年7月29日

獲得タイトル[編集]

  • 全日本アマチュア修斗選手権 ライトヘビー級 優勝(2001年)
  • パンアメリカ・グラップリングトーナメント 200パウンド以下級 優勝(2005年)
  • ベスト・オブ・ザ・ウエスト・グラップリングトーナメント 200パウンド以下級 優勝(2006年)
  • 第5代ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座(2010年)
  • MMA World Seriesウェルター級王座(2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 【パンクラス】2・7“逆輸入ファイター”宇良健吾、日本デビュー3戦目でベルトを狙う 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年2月4日
  2. ^ 第8回全日本アマチュア修斗選手権大会 公式結果 日本修斗協会広報誌 BLOG版 2001年9月24日
  3. ^ 10.25パンクラスで日本プロデビュー!逆輸入ファイター・宇良健吾インタビュー 格闘王国 2009年10月2日
  4. ^ (結果) [WEC] 3.27 カリフォルニア:フランク・シャムロック、復帰戦で勝利 BoutReview 2003年3月30日
  5. ^ (結果) [ROTR] 1.20 ハワイ:岡見反則勝ち。ベヒーシモ秒殺負け BoutReview 2006年1月20日
  6. ^ 【PFC】4/23 流離の大和魂ウラ・ケン復活! MMAPLANET 2009年4月23日
  7. ^ 【PFC】ウラ・ケン、復活V詳細と5/8世界戦見どころ MMAPLANET 2009年5月2日
  8. ^ [パンクラス] 宇良、王者和田とドロー。井上俊介が浜中を秒殺 BoutReview 2009年10月25日
  9. ^ 【パンクラス】6・5和田拓也が返上したウェルター級王座を宇良と山宮が争う 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月27日
  10. ^ 【パンクラス】北岡、連敗脱出し復活!山宮敗れ、僅か3戦目で宇良が王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月5日
  11. ^ 【パンクラス】桜庭和志の愛弟子・佐藤豪則が一本勝ちでベルト獲得!近藤有己は敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月6日
  12. ^ 【パンクラス】2・6ベルトを争うURAKENと佐藤豪則「観客を楽しませるのがプロ」 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
和田拓也
第5代パンクラスウェルター級王者

2010年6月5日 - 2011年2月6日

次王者
佐藤豪則