UNN関西学生報道連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

UNN関西学生報道連盟(ユーエヌエヌかんさいがくせいほうどうれんめい)は、関西の国立・私立大学学生新聞を発行する学生団体(報道サークル)の連盟である。9団体が加盟。UNNは、University News Networkの略。

沿革[編集]

1991年(平成3年)4月、有限会社「ユニバーシティーニューズ」として発足。大学ニュースの配信による収入で組織を運営していこうとするも失敗。

その後、同年8月に会社組織ではなく学生サークルの連盟「UNN関西学生報道連盟」として再発進。個々の大学新聞サークルの連盟という形態をとった。

UNN創設時に加盟していたのは神戸大学神戸大学放送委員会)、同志社大学同志社煉瓦Times)、立命館大学NEWS立命通信社)、関西学院大学関学新月通信社)の4団体。

ちなみに、1993年(平成5年)に加盟した奈良女子大学奈良女子大学新聞)は、しばらく休刊していた媒体をUNNが復活させた(その後休刊)。1992年(平成6年)に加盟した大阪市立大学の「大阪市立大学ジャーナル(市大ジャーナル)」も、1997年(平成9年)を最後に廃刊している。

また、大阪外国語大学大阪外大ジャーナル大阪大学との統合により廃刊となった。

UNN発足当初は神戸大学放送委員会同志社煉瓦通信社が脱退したものの、連盟に残った部員や、その後UNNをたずねてきた部員が新たに団体を立ち上げて、UNN加盟新聞を存続させた。現在加盟している神戸大学ニュースネット委員会同志社大学PRESS編集部は、UNNに残った部員たちが立ち上げたり、その後入った部員によって生み出された媒体である。

報道サークルとしての特徴[編集]

大学新聞というと、特定の思想や宗教に偏ったものもあるが、UNN加盟団体は設立当初から「不偏不党のニュース精神」を掲げ、主義主張ではなく純粋にニュースを伝えることを目的としている。五大紙(朝日読売毎日日経産経)をはじめ、マスコミ関係に就職した卒業生も数多い。

媒体は各紙とも無料で配布され、印刷代やUNNの運営費は企業からの広告費や、部員の部費でまかなわれている。

UNN関西学生報道連盟に加盟する団体[編集]

(カギカッコ内は媒体名、加盟順に記載)

連盟の組織[編集]

連盟事務局の組織は以下のとおりである。

報道局[編集]

運動部
大学スポーツの報道(取材、編集)
社会文化部
社会班…社会系の報道(取材、編集)
文化班…文化系の報道(取材、編集)
研究班…科学研究系の報道(取材、編集)

運営局[編集]

総務的な事務部門

制作局[編集]

DTPや広告制作、ウェブページの管理

広告局[編集]

広告営業部門

渉外局[編集]

他の学生団体や企業等、外部との折衝

写真局[編集]

運動部と社会文化部の撮影補助

外部リンク[編集]