ULTRA NYANKO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ULTRA NYANKO
おニャン子クラブベスト・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル ポニーキャニオン
おニャン子クラブ 年表
ベストセレクション
1996年
ULTRA NYANKO OMOTE SPECIAL
&
ULTRA NYANKO URA SPECIAL
1997年
おニャン子クラブA面コレクション
1999年
テンプレートを表示

ULTRA NYANKO』(ウルトラ・にゃんこ)は、おニャン子クラブベスト・アルバム。1997年3月21日に『OMOTE SPECIAL』(おもてスペシャル、規格品番:PCCA-01086)と『URA SPECIAL』(うらスペシャル、規格品番:PCCA-01087)の2枚が同時に発売された。発売元は2枚ともポニーキャニオン

解説[編集]

1987年9月に解散[1]してから10周年を迎えるにあたって発売されたベスト・アルバム。

おニャン子クラブのシングルA面曲を中心とした『OMOTE SPECIAL』と、同グループのスタジオ・アルバムに収録された楽曲で、個人がメイン・ヴォーカルをとっているものや、複数メンバーのユニットで歌われている楽曲を中心とした『URA SPECIAL』の2タイトルが同時に発売された。

『URA SPECIAL』には、最後のオリジナル・アルバムである『Circle』(1987/8/5発売)からの楽曲が多く収録されている。

収録曲[編集]

OMOTE SPECIAL[編集]

  1. セーラー服を脱がさないで
  2. 夏休みは終わらない
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
  3. 恋はくえすちょん
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 見岳章
  4. およしになってねTEACHER
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 佐藤準
  5. じゃあね
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
  6. おっとCHIKAN!
  7. お先に失礼
  8. NO MORE 恋愛ごっこ
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利
  9. かたつむりサンバ
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利
  10. ウェディングドレス
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
  11. 真赤な自転車
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
  12. アレレレ
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 佐藤準
  13. 新・新会員番号の唄
    • 作詞: 遠藤察男、作曲・編曲: 見岳章

URA SPECIAL[編集]

  1. KISSはMAGIC
  2. 避暑地の森の天使たち
  3. 黄昏にキスしないで
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 山川恵津子
    • メインヴォーカル: 工藤静香
  4. 白いコスモスの頃
  5. 真赤なミニスカート
  6. 春一番が吹く頃に
  7. 好きになってもくれない
  8. シーッ!愛はお静かに
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 山川恵津子
    • メインヴォーカル: 河合その子・高井麻巳子・岩井由紀子
  9. ONE NIGHT ONLY
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利
  10. 乙女心の自由形
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 見岳章
  11. 瞳の扉
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
  12. ポップコーン畑でつかまえて
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 山川恵津子
    • メインヴォーカル: 渡辺満里奈

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レギュラー出演していたフジテレビ帯番組夕やけニャンニャン』の放送終了は1987年8月31日。会員メンバーの工藤静香が、「禁断のテレパシー」を発売したソロ・デビュー日でもある。