ULTRA BIDE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ULTRA BIDE(ウルトラ・ビデ)
出身地 日本の旗 日本 京都
ジャンル アヴァンギャルド
パンク・ロック
活動期間 オリジナル ULTRA BIDE
1978年 - 1979年
BIDE(HIDE)によるULTRA BIDE
1986年 -
レーベル アルケミーレコード
メンバー BIDE(ギターヴォーカル)
JOJO広重ベース)
渡邉浩一郎(キーボードヴァイオリンリード、エレクトロニクスほか)
Taiqui(ドラムス

ULTRA BIDE(ウルトラ・ビデ)は、1978年に京都で結成された日本のアヴァンギャルドパンクバンド。早くから即興演奏などを取り入れ、後のパンク、ノイズサイケデリックなどの日本のアンダーグラウンドシーンに影響を与えた。

来歴[ソースを編集]

1978年、BIDE(ギターヴォーカル)、JOJO広重ベース)、渡邉浩一郎(キーボードヴァイオリンリード、エレクトロニクスほか)、Taiqui(ドラムス)の4人で「ULTRA BIDE」を結成。大阪難波ギャルソンにて初ライブを行った。

1979年INUアーント・サリーSSと4バンド共同で、「東京ロッカーズ」に対して「関西 NO WAVE」として東京で連続公演を行った。しかし、ULTRA BIDEは年内いっぱいで活動を停止した。

1980年、INUの町田町蔵 が中心となりリリースされた関西バンドのオムニバスLP『DOKKIRI RECORD』にULTRA BIDEとして1曲参加。

その後、BIDEは「BIDE & VIBRATOR FATHERS」を結成し、コンチネンタル・キッズらとともに京都のライブ企画団体「BEAT CRAZY」などで活躍。渡邉浩一郎はマヘル・シャラル・ハシュ・バズの初期メンバーとしてなど精力的に活動を繰り広げたが、1990年に他界。ソロ・アルバム『まとめてアバヨを云わせてもらうぜ』も発表されている。Taiqui はAin Sophあがた森魚バンドなどで活躍。そして、JOJO広重はノイズ・バンドの「非常階段」を結成し、アルケミーレコードを立ち上げた。

1984年、アルケミー・レコード最初の作品として、1978 - 1979年の渋谷屋根裏などでのライブ音源を集めたアルバム『THE ORIGINAL ULTRA BIDE』をリリース。

1986年、ニューヨークに渡ったBIDE(HIDEに改名)は、現地にて「ULTRA BIDE」名義で活動を開始。2003年の帰国までニューヨークのアンダーグラウンド・シーンで活動し、3枚のアルバムを発表した。

2003年、HIDE、JOJO広重、Taiquiのオリジナル・メンバー、そして渡邉浩一郎に代わりナスカ・カーの中屋浩市が集まり、東京、浜松、大阪のみで再結成ライブを行った。また、1979年の渋谷屋根裏、京大西部講堂でのライブ、「DOKKIRI RECORD」からの音源、当時の未発表スタジオ・レコーディング・テイクなどをまとめたアルバム『IMPROVISATION ANARCHY』をリリース。そして、BIDE(HIDE)による「ULTRA BIDE」も日本で活動を再開した。

2013年、古巣の Alternative Tentacles から「DNA vs.DNA-c」をリリース。

メンバー[ソースを編集]

  • BIDE(HIDE)(ギター、ヴォーカル)
  • JOJO広重(ベース)
  • 渡邉浩一郎(キーボード、ヴァイオリン、リード、エレクトロニクスほか)
  • Taiqui (ドラムス)

ディスコグラフィー[ソースを編集]

アルバム

  • 「THE ORIGINAL ULTRA BIDE」(1984)
  • 「IMPROVISATION ANARCHY」(2003)

オムニバス・アルバム

  • 「DOKKIRI RECORD」(1980)

BIDE(HIDE)による「ULTRA BIDE」のアルバム

  • 「ULTRA BIDE」(1995) ※3曲入ミニ・アルバム
  • 「GOD IS GOD, PUKE IS PUKE」(1995)
  • 「SUPER MILK」(1998)
  • 「DNA vs.DNA-c」(2013)

参考文献[ソースを編集]

  • 「パンク天国4 〜 PUNK / NEW WAVE JAPAN 77-86」(「DOLL」2002年5月号増刊)

外部リンク[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]