UFJつばさ証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーエフジェイつばさ証券株式会社
UFJ Tsubasa Securities Co.,Ltd.
UFJ Tsubasa Securities Logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8621
2000年4月3日 - 2005年9月27日
大証1部(廃止) 8621
2000年4月3日 - 2005年9月27日
名証1部 8621
2000年4月3日 - 2005年9月27日
東証2部 8621
1989年4月20日 - 2000年4月2日
大証2部(廃止) 8621
1989年4月20日 - 2001年4月2日
名証2部 8621
1989年4月20日 - 2000年4月2日
本社所在地 日本の旗 日本
100-0004
東京都千代田区大手町一丁目1番3号
設立 1948年(昭和23年)4月23日
(東邦証券株式会社)
事業内容 証券業
代表者 取締役社長 藤本公亮
資本金 25,107百万円
発行済株式総数 603,243,089株
決算期 3月31日
主要株主 株式会社UFJホールディングス
外部リンク 公式サイト
インターネットアーカイブ
テンプレートを表示

UFJつばさ証券株式会社(UFJつばさしょうけん、英文名称:UFJ Tsubasa Securities Co., Ltd.)は、かつて存在した準大手証券会社である。登記上の商号はユーエフジェイつばさ証券株式会社。株式会社UFJホールディングス(現・三菱UFJフィナンシャル・グループ)の子会社。

沿革[編集]

つばさ証券[編集]

旧ユニバーサル証券
旧太平洋証券
  • 1931年(昭和6年)- 小柳正治商店として創業。
  • 1944年(昭和19年)- 小柳證券株式会社に改組。
  • 1985年(昭和60年)4月 - 小柳證券株式会社、大福証券株式会社、山一證券投信委託販売株式会社と合併し、商号を太平洋証券株式会社に変更。
旧東和証券
  • 1947年(昭和22年) - 設立。
旧第一證券
  • 1937年(昭和12年)- 角〆商会として創業。
  • 1938年(昭和13年)- 第一証券株式会社に改組。
つばさ証券発足後
  • 2000年(平成12年)4月1日 - ユニバーサル証券株式会社、太平洋証券株式会社、東和証券株式会社、第一証券株式会社が合併し、商号をつばさ証券株式会社に変更。

UFJキャピタルマーケッツ証券[編集]

  • 1994年(平成6年)10月19日 - 三和証券株式会社設立。
  • 1995年(平成7年)1月24日 - 東海インターナショナル証券株式会社設立。
  • 2001年(平成13年)7月1日 - 三和証券株式会社が東海インターナショナル証券株式会社を合併し、商号をUFJキャピタルマーケッツ証券株式会社(登記上はユーエフジェイキャピタルマーケッツ証券株式会社)に変更。

UFJつばさ証券[編集]

  • 2002年(平成14年)6月1日 - つばさ証券株式会社がUFJキャピタルマーケッツ証券株式会社を合併し、商号をUFJつばさ証券株式会社(登記上はユーエフジェイつばさ証券株式会社)に変更。
  • 2004年(平成16年) - UFJ証券株式会社への商号変更を発表。後に三菱東京フィナンシャル・グループとの経営統合が持ち上がり、統合が行われた際の影響(商号の再変更)を考慮し、商号変更を中止。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 三菱証券株式会社と被合併し消滅、三菱UFJ証券株式会社(現・三菱UFJ証券ホールディングス)となる。この合併により「つばさ」が名前から消える[1]

CM[編集]

つばさ証券時代からUFJつばさ証券時代にかけてはテレビCMを放映していた。

つばさ証券時代には日本テレビ系列情報番組ズームイン!!朝!」のスポンサーを務めており、2000年 - 2001年にかけて、ギリシャ神話イカロスをモチーフとした、背中に翼が付いた男が敵に壁際へと追い詰められるが、天窓から翼を使って飛び立てば逃げられるシチュエーションで翼を使わず、その場で降参してしまう。あるいは民話鶴の恩返し」(夕鶴)で、よひょうに機織りをしているのを覗かれた鶴が、飛び立たずに歩いて去っていく。そしてそれぞれ「なぜつばさを使わないんだ」という駄洒落で締めるCMが放映されていた[2]

UFJつばさ証券になってからのCMではカンヌ国際広告祭で2003年に「パートナー・テニス編」で銅賞、2004年には「パートナー・忍者編」で銀賞を受賞している。

脚注[編集]

  1. ^ “三菱とUFJ合併を認可 金融庁が10月1日付で”. 共同通信. (2005年9月27日). http://www.47news.jp/CN/200509/CN2005092701003027.html 2014年12月26日閲覧。 
  2. ^ 「最新CMニュース47本」『CM NOW』90号、玄光社、2001年5月、 p.118、2016年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]