ファミマデジタルワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UFI FUTECHから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ファミマデジタルワン
Famima Digital One Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-0023
東京都港区芝浦3-1-21
msb Tamachi 田町ステーションタワーS
設立 2000年5月19日
(株式会社ファミマ・ドット・コム)
業種 小売業
法人番号 8013301017803 ウィキデータを編集
事業内容 フィンテック通信販売
代表者 塚本直吉(代表取締役社長
資本金 4億円(2017年9月1日時点)
純利益 ▲5億9947万3000円(2020年02月29日時点)[1]
総資産 122億0218万8000円(2020年02月29日時点)[1]
決算期 2月末日
主要株主 ファミリーマート100%
(2019年9月1日時点)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

株式会社ファミマデジタルワンFamima Digital One Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を持つフィンテック事業会社。旧商号は株式会社UFI FUTECHUFI FUTECH Co.,Ltd.)。UFI FUTECHとなる以前の商号は株式会社ファミマ・ドット・コムfamima.com Co., Ltd.)。

同社が運営していたウェブサイト「ファミマ.com」についても本項で述べる。

運営会社概要[編集]

ネットショッピングビジネス、エージェントビジネス、コンテンツビジネスを展開している。マルチメディア端末「Famiポート」の設置および運営に関する業務を行う。 ファミリーマート店頭で配付される月刊フリーペーパー(ショッピングカタログ)「Famima.com マガジン」を発行している。

2000年5月19日に株式会社ファミリーマートの子会社、株式会社ファミマ・ドット・コムとして設立。

2017年9月1日、ファミリーマート(2代目)が保有する当社の全株式をユニー・ファミリーマートホールディングス(UFHD、伊藤忠商事がUFHD株式の過半数を保有する)に移管し「株式会社UFI FUTECH」に商号変更した[2]。社名は「UNY FamilyMart ITOCHU Future Technology」の略称。

2019年7月1日、「株式会社ファミマデジタルワン」に商号変更した[3]

2019年9月1日、UFHDとファミリーマート(2代目)の合併により、ファミリーマート(3代目)が親会社となった。

ネットショッピング[編集]

ファミマ.com
使用言語 日本語
タイプ ポータルサイト
運営者 株式会社UFI FUTECH
設立者 株式会社ファミマ・ドット・コム
(現・株式会社ファミマデジタルワン)
収益 通信販売から
スローガン "何でもいい"に満足できないあなたのセレクトショップ!
営利性 営利
登録 任意
設立日 2010年12月8日
現状 2018年2月28日終了

株式会社ファミマ・ドット・コムは、かつてはインターネットサービスとして、総合ショッピングサイトの「ファミマ・ドット・コム」と食品専門の「ファミマ・フードパーク」を展開していたが、2010年12月8日に両者を統合し、ネットショッピングサイト「ファミマ.com」とした。ファミリーマートでの店頭受取と宅配受取が選べ、店頭受取では送料無料になる。2018年2月28日にサービス終了した。[4]

ファミマネットポイント[編集]

ファミマ・ドット・コムの利用で貯まるポイント(ファミマ・フードパークの利用では貯まらない)。100円につき1ポイント貯まる。ポイントは次回以降の買い物で1ポイントから1ポイント=1円で値引きに使えるほか、100ポイント以上1ポイント単位でTポイントに交換できる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]