UCカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

UCカード(ユーシーカード)は、ユーシーカード株式会社・UCカードグループ各社・株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードである。

概要[編集]

1969年にユニオンクレジット(1994年にユーシーカードに改称)が設立され、発行を開始。2005年に同社(以下「旧ユーシーカード」)の加盟店・プロセシング事業を分割し、ユーシーカード(以下「現ユーシーカード」)を設立。2006年にクレディセゾンが旧ユーシーカードを吸収合併し、旧ユーシーカードが発行するUCカードを承継[1]2013年りそなカードが分割したUCカードをクレディセゾンが承継した[2]

一方、現ユーシーカードは、2017年三井住友トラスト・カードが分割したUCカードを承継[3]2020年SOMPOクレジットが分割したUCカードを承継した[4]

なお、現ユーシーカード・クレディセゾン・キュービタス(2020年にクレディセゾンに吸収合併し消滅[5])・みずほ銀行は、2019年に包括的業務提携の終了に関する合意書を締結したが[6]、クレディセゾンも引き続きフランチャイジーとしてUCカードを発行している。

主なサービス[編集]

ポイントサービス[編集]

ポイントサービスは、永久不滅ポイント及びUCポイントがあり、ショッピングの利用によって付与されるポイントは発行元によって異なる。また、一部の提携カードは、永久不滅ポイント及びUCポイント以外の独自のポイントサービスを採用している。

尚、楽天Edy株式会社のEdyへのチャージは、永久不滅ポイント・UCポイント付与の対象とはならない[7]。しかし、上述の独自ポイントを採用している一部の提携カードの場合はポイント付与の対象になる場合がある。

2010年11月17日、それまで提供していた永久不滅ポイントやUCポイントからJALマイルへ交換することが可能なサービスを予告無しの発表と同時に廃止した。

UCポイント[編集]

ショッピング利用1000円毎に1ポイント貯まる。永久不滅ポイントと異なり有効期限があり、次年度の9月末日までである。

ユーシーカード・みちのくカード・十八カード・肥銀カード・トマトカード・クレディセゾンが発行するカードは、UCポイントの対象とはならない。

永久不滅ポイント[編集]

永久不滅ポイントは、クレディセゾンが発行する「セゾンカード」に由来するポイントサービスであり、クレディセゾンが発行するUCカードの会員はセゾンカードで貯めた永久不滅ポイントと合算される。

ショッピング利用1000円毎に1ポイント貯まる。文字通り永久不滅であり、有効期限はない。

道銀カードフィデアカード・ちば興銀カードサービス・北越カード・OKBペイメントプラット・第三カードサービス・きたぎんユーシーきらやかカードふくぎんリース&クレジット・福邦カード・長野カード・しまぎんユーシーカード・もみじカード・トモニカード・労金カードサービス第一生命カードサービス朝日生命カードサービス仙台銀行播州信用金庫NTTファイナンスが発行するカードは、永久不滅ポイントの対象とはならない。但し、一部の提携カードは永久不滅ポイントの対象となる場合がある。

アットユーネット[編集]

会員専用のインターネットサービス。利用明細の照会や利用可能枠の照会、各種会員情報の変更、支払い方法の変更、キャッシングの申し込み等を行うことができる。

セゾン・UC空港ラウンジサービス[編集]

空港その他の飛行場に設けられたラウンジを利用する事が出来るサービスである。

クレディセゾンが発行する「セゾンカード」と共通のサービスであるが、「UCカード」で利用する事が出来る空港とは一部異なる為、この節では「UCカード」で利用する事が出来る空港ラウンジについて記述する。利用できるのはゴールドカード(ヤングゴールドを含む)の会員である。

利用できる空港 [8]

プロパーカード[編集]

主要カード[編集]

一般
旅行保険等が付帯されていない、ごく普通のクレジットカード。年会費は税抜1250円。
カラット
学生専用のカード。在学中の年会費は無料。一部FCのみ取り扱い(ユーシーカードとクレディセゾンはセレクトに統合している)。
セレクト
一般カードに旅行保険・ショッピング補償(動産総合)保険が付帯されたもの。年会費は税抜1750円(クレディセゾンは学生に限り在学中無料。ユーシーカードは学生も同額)。
ヤングゴールド
20代専用のゴールドカード。年会費は税抜3000円。
ゴールド
ゴールドカード。年会費は税抜10000円。
プラチナ
プラチナカード。年会費は税抜16500円。ユーシーカードのみ発行。

リボルビング払専用カード[編集]

FreeBO!(フリーボ)
リボルビング払い専用カード。年会費無料。

クレディセゾンのみ発行するもの[編集]

UCトランスルーセントMasterCard
カードが半透明素材で出来ており、3種類のデザインから選べる。年会費・機能などはセレクトと同等。国際ブランドはMasterCard。
ハローキティカード
2011年11月15日を以て新規の申込受付を終了した[9]
DAIBA Seaside-PASS
お台場の観光名所(レインボーブリッジパレットタウン大観覧車自由の女神像)をコラージュした券面が特徴のカードで、異なったデザインのUCカードとEdyカードがそれぞれ発行される。カード提示で臨海副都心地区の商業施設などで優待が受けられる所がある他、携帯電話料金の支払指定をすることで、次年度以降も年会費が無料となる。国際ブランドはマスターカード。
2008年3月31日の台場地区との提携終了に伴い、それ以前に既に新規発行は停止しており、有効期限が到来したカードは一般カードに差し替えられる。ただし、「携帯電話料金の支払指定をすることで、次年度以降も年会費が無料」のみ引き続き受けられるようにする予定。

非接触決済[編集]

UC PiTaPaカード[編集]

おサイフケータイ[編集]

UC QUICPay[編集]

QUICPayを採用したサービスである。利用するには、携帯電話(おサイフケータイ)が必要である。

道銀カード・みちのくカード・フィデアカード・ちば興銀カードサービス・北越カード・OKBペイメントプラット・第三カードサービス・十八カード・肥銀カード・きたぎんユーシー・きらやかカード・ふくぎんリース&クレジット・福邦カード・長野カード・しまぎんユーシーカード・トマトカード・もみじカード・トモニカード・労金カードサービス・第一生命カードサービス・仙台銀行・クレディセゾンが対応している。

UCカードiD[編集]

NTTドコモiDを採用したサービスである。利用するには、携帯電話(おサイフケータイ)が必要である。クレディセゾンが対応している。

Google Pay[編集]

GoogleGoogle Pay にUCカードを設定する事が出来る。利用するには、日本の Google Pay に対応するAndroidスマートフォンが必要である。クレディセゾンが対応している。

Apple Pay[編集]

Appleが提供する Apple Pay にUCカードを設定する事が出来る。利用するには、日本の Apple Pay に対応するiPhone又はApple Watch が必要である。クレディセゾンが対応している。

追加カード[編集]

家族カード
家族会員に発行されるカード。
UC ETCカード
ETCカード。有効期間は3年。年会費は無料。

PiTaPaカード[編集]

  • クレディセゾンが発行するUCカード(一部を除く)の会員は、「UC PiTaPaカード」を申し込む事が出来る。
  • クレディセゾンが近鉄グループホールディングスと提携し発行する「KIPS UCカード」の会員は、「KIPS PiTaPaカード」を申し込む事が出来る。

主な提携カード[編集]

UCカードグループ各社及びクレディセゾンが発行する主な提携カードは次の通りである(新規の申込を受け付けているものに限る)。

銀行[編集]

鉄道[編集]

航空[編集]

自動車[編集]

  • 「Honda Cカード」 (クレディセゾン、道銀カード、ちば興銀カードサービス、北越カード、OKBペイメントプラット、肥銀カード、みちのくカード、もみじカード、きたぎんユーシー、第三カードサービス、長野カード又は労金カードサービス / 本田技研工業
  • 「JAF・UCカード」 (クレディセゾン / 日本自動車連盟

流通[編集]

  • 「ヤマダLABIカード」 (クレディセゾン / ヤマダフィナンシャル)
  • 「ビックカード インターナショナル」 (クレディセゾン / ビックカメラ

スポーツ[編集]

その他[編集]

UCカードグループ[編集]

UCカードグループは、ユーシーカードのブラザーズカンパニーである。UCカードグループは次の通り(2021年4月1日現在[10])。

脚註[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), https://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/20051109_02.pdf 
  2. ^ “会社分割(簡易吸収分割)による事業承継に関する分割契約締結のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), https://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/avmqks0000000abd-att/20130807_Release.pdf 
  3. ^ 「三井住友トラスト・カード株式会社」のUCカード事業の承継について”. 2018年7月29日閲覧。
  4. ^ UCクレジットカード事業の譲渡について”. 2021年5月22日閲覧。
  5. ^ “完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), https://corporate.saisoncard.co.jp/wr_html/news_data/avmqks000000b1hp-att/20200226_Release.pdf 
  6. ^ “クレディセゾンとの「包括的業務提携」の終了に関する合意書締結について” (プレスリリース), https://www.mizuho-fg.co.jp/release/20190822release_jp.html 
  7. ^ 「Edy」チャージのUCカードご利用分に関するUC永久不滅ポイント及びUCポイント付与終了のお知らせ” (日本語). 2021年3月3日閲覧。
  8. ^ セゾン・UC国内空港ラウンジサービス
  9. ^ 「UCハローキティカード」新規募集終了のご案内”. 2018年7月29日閲覧。
  10. ^ “株式会社福島カードサービスとの合併のお知らせ” (プレスリリース), https://www.fukugin-lease.co.jp/news/20201222.html 
  11. ^ 新規の申込を受け付けていない。

外部リンク[編集]