U81 (潜水艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
艦歴
計画
起工 1940年5月11日
進水 1941年2月22日
就役 1941年4月26日
その後 1944年1月9日戦没
除籍
性能諸元
排水量 水上769、水中871t
全長 67.10m、耐圧殻長50.50m
全幅 6.20m、耐圧殻幅4.70m
吃水 4.74m
機関 水上:ディーゼル MAN M6V40/46過給機付き6気筒 2基
2,800-3,200hp(2,400kW)2軸
速力 水上:17.7kt(32.8km/h)
水中:7.6kt(14.1km/h)
航続距離 水上:8,190海里(15,170km)
水中:81海里(150km)
燃料
乗員 44-52名
兵装 53.3cm魚雷発射管x5(艦首4、艦尾1 搭載魚雷14本)
45口径88mm単装砲1門
38式四連装2cm対空砲1基
備考 試験潜航深度:230m

U-81第二次世界大戦中に建造されたドイツ海軍(Kriegsmarine)のVII型潜水艦で、U-Boot 81、またはUnterseeboot 81の略称である。(英語では U-81 、ドイツ語ではハイフンを付けず U81 と略される。)


建造と就役[編集]

U-81は1939年1月25日ブレーメンのノルト(北)管理区フェーゲザックにあるブレーマー・フルカン造船所に発注され、1940年5月11日に起工されて後9カ月で進水した[訳注 1]。1941年2月22日に進水し、同年4月26日フリードリヒ・グッゲンベルガー中尉を最初の艦長に迎え就役した。グッゲンベルガー中尉の指揮下でU-81は1941年4月26日から7月31日まで第1Uボート戦隊に配属され訓練を行なった。そして、第1Uボート戦隊所属のまま実戦につき、哨戒訓練を行なった[1]

艦歴[編集]

初期の哨戒[編集]

U-81が最初に戦果をあげたのは、第2次哨戒のときでトロンハイムから北海を経て北大西洋でのことで、フランスのブレストへ配属になる前のことだった。この哨戒中にSC-42船団と遭遇し、9月9日にイギリス船エンパイア・スプリングバックを、続いて9月10日には同じくサリー・マークスを沈め2隻合わせて8,843トンとなった[訳注 2]。この後、U-81地中海派遣を命じられた艦の1隻となった。地中海へ向かう最初の試みは10月30日にイギリス空軍第209飛行隊所属のPBY カタリナ飛行艇の攻撃を受け、大きな損傷を負うという災難に見舞われ、ジブラルタル海峡を通過することができなかった。このカタリナは第53飛行隊所属のロッキード・ハドソンと協同してU-81に対し爆雷を投下した[訳注 1]。これによりU-81は大きな損傷を受け、ブレストへ戻ることを余儀なくされた。ブレストで再度地中海へ侵入するために必要な修理を行なった[1]

アーク・ロイヤルを沈める[編集]

損傷を負い傾いたアーク・ロイヤル の生存者救出のため舷側に接近しているイギリス海軍駆逐艦リージョン

11月4日、U-81はブレストからラ・スペツィアへ向かって出港した。11月13日にジブラルタル海峡を通過し航行しているところで、ジブラルタルへ帰還途中のH部隊と遭遇した。U-81航空母艦アーク・ロイヤルへ向け魚雷を4発発射しその内の2発が命中した[訳注 3]。このため護衛艦から爆雷攻撃を受けたもののこれをかわした[訳注 1]アーク・ロイヤルは、救難作業にもかかわらず攻撃を受けた約12時間後には放棄されることとなり、その約2時間後に転覆して沈んだ。乗員の犠牲者は魚雷の爆発が原因での1名だけだった[2]U-81は12月1日にラ・スペツィアに到着し、第29Uボート戦隊に合流した[訳注 4]

地中海での哨戒[編集]

U-81は第4次哨戒では何の戦果も得られなかった。1942年4月4日地中海東部へ向けて第5次哨戒に出航した。4月16日にエジプトの帆船バブ・エル・ファラグとファトウ・エル・カールを、イギリス船カスピアと自由フランス海軍対潜トロール漁船改造艇ヴィーキングスも沈めた。U-81はさらに4月19日にエジプト帆船、ヘフツ・エル・ラーマンを、4月22日にエル・サーディアーともう1隻を沈めた。U-81は4月25日まで哨戒を行いサラミスに入港し、この22日間で7隻7,682トンの船を沈めた[訳注 5]。サラミスからの第6次哨戒では戦果を得られず、次の第7次哨戒でイギリス船アーヴルを6月10日に沈め、ラ・スペツィアに戻った[訳注 6]U-81の第8次哨戒は地中海西部で行なわれた。イギリス船ガーリングを11月10日に沈め、トーチ作戦中の1船団の攻撃に向かい11月13日にマロンを沈めた[訳注 7]

U-81の次の哨戒は戦果がなく、しばらくポーラ方面へ移動した。12月25日に艦長がグッゲンベルガーからヨハン・オットー・クリーク(de:Johann-Otto Krieg)中尉へ交代した[訳注 1]U-81は1943年1月30日、ポーラから次の哨戒に出航した。2月10日にオランダ船サロエナに損傷を与え、翌11日には4隻の帆船、エジプト船アル・カスバナー、サッバーフ・エル・キールとレバノン船フスニ及びパレスチナ船ドルフィンを沈めた。U-81は2月19日にサラミスに入港し、21日間の哨戒で4隻388トンを沈め、1隻6,671トンに損傷を与えた[訳注 8]

次の第11次哨戒ではエジプト帆船ブーギー、マワッハーブ・アッラー及びロスディを沈めたが、実質的にはたいした戦果ではなく[訳注 9]、次の哨戒任務で戦果をあげることができた。第12次哨戒で、6月17日にイギリス兵員輸送船ヨーマを沈め、続いて25日にはエジプト帆船ニスルを、26日にはシリア帆船ネリー及びトウフィック・アッラーを沈めた。同27日にはギリシア船ミカリオスを沈めたが、ラタキア沖で海岸砲の攻撃を受けた[訳注 10]。次の第13次哨戒で7月22日エンパイア・ムーンに魚雷を命中させ重大な損傷を与えた。これにより、エンパイア・ムーンは戦争終了まで修理を要することとなった[訳注 11]。 それ以降の3次の哨戒では、11月18日(第16次哨戒)でエンパイア・ダンスタンを沈めた他は戦果が無かった[訳注 12]

最期[編集]

U-81は1944年1月9日11時30分ポーラ基地でアメリカ合衆国軍爆撃機から爆撃を受けた。この爆撃により沈没し2名の乗組員が死亡した他、生存者数については不明である[訳注 1]。残骸は1944年4月22日に引き上げられ解体された[1]U-81は17次にわたる哨戒を行ない、23隻合計63,289トンの船を沈め他に2隻合計14,143トンに損傷を与えた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d U-81’s Career 翻訳にあたり2010年11月7日閲覧。
  2. ^ Rossiter. Ark Royal. pp. p. 329. 

訳注[編集]

  1. ^ a b c d e U-81 uboat.net U-81の概要 2010年11月8日閲覧。
  2. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第2次哨戒 2010年11月8日閲覧。
  3. ^ HMS Ark Royal (91) uboat.net アーク・ロイヤルの沈没 2010年11月8日閲覧。
  4. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第3次哨戒 2010年11月8日閲覧。
  5. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第5次哨戒 2010年11月8日閲覧。
  6. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第7次哨戒 2010年11月8日閲覧。
  7. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第8次哨戒 2010年11月9日閲覧。
  8. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第10次哨戒 2010年11月9日閲覧。
  9. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第11次哨戒 2010年11月9日閲覧。
  10. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第12次哨戒 2010年11月9日閲覧。
  11. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第13次哨戒 2010年11月9日閲覧。
  12. ^ Patrol info for U-81 uboat.net 第16次哨戒 2010年11月9日閲覧。

ウェブサイト及び文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯44度52分 東経13度51分 / 北緯44.867度 東経13.850度 / 44.867; 13.850