Travis CI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Travis CI
開発元 Travis CI community
リポジトリ github.com/travis-ci/travis-ci
プログラミング言語 Ruby
プラットフォーム Web
種別 継続的インテグレーション
ライセンス MIT License[1]
公式サイト travis-ci.org (Free) travis-ci.com (Pro)
テンプレートを表示

Travis CIは、GitHub上のソフトウェアのビルドテストを行う、オンラインで分散型[2]継続的インテグレーション (CI) サービスである[3]

オープンソースのプロジェクトであれば travis-ci.org で無料で、プライベートプロジェクトであれば travis-ci.com で有料で利用できる。TravisProはプロプライエタリ・ソフトウェアの利用者環境へのカスタムデプロイに対応している。

フリーソフトウェアであり、ソースコードはMITライセンスのもとGitHubで公開されているが、開発元によれば、これを一般のユーザーが自身の環境に組み入れるのは困難である[4]

設定[編集]

リポジトリのルートディレクトリに .travis.yml というYAML形式のテキストファイルを配置し、設定を行う。 プログラミング言語、ビルドやテストの環境(ソフトウェアの依存関係など)、その他の各種パラメータが設定可能である。

運用[編集]

Travis CIは、異なるソフトウェアがインストールされた多様な環境でテストを実行することができる(たとえば互換性テストのため古い処理系がインストールされた環境など)[5]CC++C#ClojureDErlangF#GoGroovyHaskellJavaJavaScriptJuliaPerlPHPPythonRRubyRustScalaVisual Basicなど多数の言語に対応している[6]PloneRuby on Rails、Ruby、Node.jsといった著名なオープンソースプロジェクトに採用されており[7][8][9]、2013年2月時点で8056以上のJavaScriptプロジェクトが使用している[10]

統合[編集]

カバレッジ解析や静的解析などを行う外部ツールを利用できる[11]

脚注[編集]

  1. ^ Travis CI LICENSE
  2. ^ Travis-CI README.textile: Goals”. 2012年10月4日閲覧。
  3. ^ Travis-CI README.textile: Setting server environment up”. 2012年10月4日閲覧。
  4. ^ How We Improved the Installation and Update Experience for Travis CI Enterprise”. 2015年10月25日閲覧。
  5. ^ Ben Welsh (2012年6月14日). “Test your Django app with Travis CI”. LA Times Data Desk. 2013年6月28日閲覧。
  6. ^ Travis documentation”. 2015年2月27日閲覧。
  7. ^ Plone developer documentation”. 2013年6月2日閲覧。
  8. ^ Manuel Pais (2012年2月23日). “Travis CI Announces Support for Java and Plans for Travis Pro”. InfoQ. 2012年5月27日閲覧。
  9. ^ Rails now tested on Travis CI”. 2012年5月27日閲覧。
  10. ^ Tim Heckel (2013年2月18日). “Meet Travis CI: Open Source Continuous Integration”. InfoQ. 2013年6月28日閲覧。
  11. ^ Travis CI Integration”. 2016年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]