TortoiseCVS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TortoiseCVS
TortoiseCVS Logo.png
TortoiseCVSのマスコット、チャーリー
作者 Francis Irving
開発元 TortoiseCVS Contributors
初版 2000年8月4日 (2000-08-04)[1]
最新版 1.12.5[1] / 2011年1月24日(6年前) (2011-01-24
最新評価版 1.12.6 RC1[2] / 2012年8月9日(4年前) (2012-08-09
プログラミング言語 C++
対応OS Microsoft Windows
対応言語 23言語[3]
サポート状況 開発中
種別 バージョン管理システム
ライセンス GPL
公式サイト www.tortoisecvs.org
テンプレートを表示

TortoiseCVSCVSMicrosoft Windows用クライアントで、GPLでリリースされている。ほとんどのCVSツールとは異なり、TortoiseCVSはWindowsシェルに組み込まれており、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの要素に追加される。従って自分自身のウィンドウでは動作しない。そのうえ、TortoiseCVSは、スタンドアローンのアプリケーションを実行することなしに、CVSで管理されたファイルとフォルダーのアイコンの上に追加情報を表示することができる。

TortoiseCVSの名前はコンピューターのシェルとカメの殻の英語(Shell)のダジャレである。そのロゴのカメは、チャーリー・ヴァーノン・スマイス(Charlie Vernon Smythe)、(略してCVS)と呼ばれている。

プロジェクトは、Francis IrvingCreature Labsに雇用され、その社内向けに、より良いCVSのインターフェースを提供することから始まった。いくつかのソースコードには、WinCVSCVSNTから派生したものが含まれている。2000年8月4日に初めてリリースされた。[1]

批判[編集]

CVSサーバとの通信時にTortoiseCVSは常に引数として "-c" を追加する。これが原因で、標準的なCVSNTでないサーバーの場合、この引数を認識していないとして失敗する。

実装とプロジェクトの分岐[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]