TmaxSoft

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TmaxSoftは、独自の技術でシステムソフトウェアを開発するエンタープライズ・システム・ソフトウェア企業として、世界各地でビジネスを展開。 韓国科学技術院(KAIST)教授であった朴大演(パク・デヨン)によって1997年に設立。 1997年に当時、韓国のKAISTという理系最高峰の大学でOSの研究をしていたパクデヨンという現会長が設立し、TP-Monitorを開発し、市場にリリース。 リホスト・ソリューション「Tmax OpenFrame」やデータベース「Tibero RDBMS」、TPモニター「Tmax」、Webアプリケーションサーバー「JEUS」など、ユーザーシステムの中核を担うミドルウェアや各種ソリューションの販売および技術サポートなどを行う。


日本ティーマックスソフト社[編集]

日本ティーマックスソフト社は、韓国ティーマックスソフト社の日本法人として2000年に設立。韓国ティーマックスソフト社で開発されている、リホスト・ソリューション「Tmax OpenFrame」データベース「Tibero RDBMS」、TPモニター「Tmax」、Webアプリケーションサーバー「JEUS」、および、高機能データ・統合ソリューション「 Tmax ZetaData」など、ユーザーシステムの中核を担うミドルウェアや各種ソリューションの販売および技術サポートなどを行う。


沿革[編集]

1997年  会社設立[1]

1998年  TPモニター(Tmax)リリース

2000 年 ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)、ウェブサーバー(WebtoB)発売開始 日本ティーマックスソフト株式会社設立

2002 年 米国法人TmaxSoft Inc.を設立

2003年  RDBMS(Tibero)リリース、Tmax R&Dセンターを開設、中国法人TmaxSoft China Co., Ltd.を設立

2004年 Tmax OpenFrameリリース

2006年 Webアプリケーションサーバー(JEUS6)が世界初JAVA EE6認証を取得

2011 年 JEUS(TM)が「Gartner Magic Quadrants」で”Visionaries”に選定

2012年 ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)が、2011年の韓国内WAS市場シェア1位を獲得

2013年  ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)が、2012年の韓国内WAS市場シェア1位を獲得 ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)が 世界初JAVA EE7認証を取得

2014年  ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)が、2013年の韓国内WAS市場シェア1位を獲得

2015年  ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)が、2014年の韓国内WAS市場シェア1位を獲得

2016年  ウェブアプリケーションサーバー(JEUS)が、2015年の韓国内WAS市場シェア1位を獲得


製品[編集]

Tmax OpenFrame[編集]

「OpenFrame」は、メインフレーム上で稼働する既存のアプリケーション資産を修正せずにオープン環境に移行できるマイグレーション・ツールとして開発され、多数の大手企業や政府機関官公庁等に採用されました。日本国内でも大手金融機関をはじめとするミッションクリティカルな環境での採用実績があるリホスト・ソリューションです。オープン環境への資産移行ツールの高機能性やメインフレームと同等の機能を持つミドルウェアなど、システムの根幹を支える領域において豊富な稼働実績を有しており、その性能や安定性に関してリスクを最小限に抑えることができます。 OpenFrameは、メインフレームで稼動しているオンライン処理バッチ処理等の業務に使用されているミドルウェアと同等性能のミドルウェアをオープン環境で提供し、COBOL、PL/I、アセンブラ及びJCL※4資産を再開発することなく現有の資産そのままにオープン環境に移行して、メインフレームと同様の使用環境や性能を実現します。また、特に日本の市場で多くのユーザを持つEasytrieve Plusの資産も、プログラム記述を変更することなく、Open環境で稼働させることが可能です。それにより大幅なTCO削減が見込まれます。オープン環境のミドルウェアとして稼働する仕組みとなっており、ビジネスの継続性・拡張性が見込めることも魅力です。「OpenFrame」の製品群はすべて自社開発されており、非互換項目に対して「OpenFrame」の機能として実装することにより、迅速に対応できる体制が整っています。


Tibero RDBMS[編集]

Tiberoは、Oracle DBと非常に高い互換性があります。アーキテクチャーやSQLの互換性が高さだけでなく、高可用性を維持するクラスタ機能(Active-Active)などの同等の機能も搭載しております。 Oracle DBからの移行が非常に容易です。プログラムの改修を極力抑えることができます。ライセンス料・保守料金は低額で、物理コアでなく使用しているコアのみライセンス費用になります。クラウドや仮想環境に移行するとDBの運用コストを50%以上削減することができます。


脚注[編集]

  1. ^ 日本ティーマックスソフト 沿革”. 2021年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]