Thou

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほとんどの現代英語話者はシェイクスピア作品やその他のルネサンス期、中世、初期近代の作家の著作、欽定訳聖書で「thou」という単語に出会う[1][2]

Thouは、英語二人称単数代名詞である。現在はほぼ廃れており、ほぼ全ての文脈においてyouに置き換わっている。現在でもイングランド北部の一部やスコットランド語(/ðu/)によって使われている。Thou主格であり、斜格/目的格thee対格与格のどちらでも機能する)、所有格thy(子音の前)あるいはthine(母音の前)である。Thou直説法において定形動詞主語である時、動詞の形態は典型的には -st、たいていは -(e)stで終わるが(例: thou goest; thou dost)、単に -tで終わる場合もある(例: thou art; thou shalt)。しかし古英語の一部の方言(主に北部)では、この動詞の形態は -sで終わっていたため、クエーカーは三人称単数形と思しき動詞を主語の「thee」と共に使っているように見える。中英語では、thouは文字Þ(ソーン)の上に小さな "u" を添えた文字þͧとして略記されることがあった。

古語的であることを踏まえ、日本語には「汝、そなた」(+助詞)と訳されることが多い。

元々、thouは単純に、古代インド・ヨーロッパ語由来の複数代名詞yeの単数形であった。1066年のノルマン人による侵略の後、thouはなれなれしさ、親しさ、あるいは無礼さをも表現するために使われた。一方、もう一つの代名詞youyeの斜格/目的格)は改まった状況のために使われた。17世紀、thouは標準語では使われなくなり、しばしば無礼であると見なされたが、イングランドおよびスコットランドの方言や[3]キリスト友会のような宗教集団の言語において(時には変化した形で)残った。聖書の初期の英語訳は主格単数二人称代名詞としてyouは使用せずにthouを使用しており、これによってthouの用法が維持される効果と、また宗教的厳粛さをこの単語に染み込ませる効果が得られた[2]。現在でも詩の中でこの代名詞は使用されている。

聖書の初期英語訳が二人称の単数形を使用している事実はまったく「無礼」を意味しておらず、また驚くべきことではない。への呼び掛けに親密な単数形を用いることは、フランス語プロテスタントでは過去も現在も、カトリックでは第2バチカン公会議以降)、ドイツ語スペイン語イタリア語ポルトガル語ロシア語イディッシュ語スコットランド・ゲール語で見られる(これら全ては現代の会話における二人称の「砕けた」単数形の使用を維持している)。加えて、欽定訳聖書の翻訳者らはヘブライ語における単数ならびに複数二人称代名詞の間の違いを維持しようと試みた。そのようなものとして、翻訳者らは「thou」を単数形、「you」を複数形のために使用した。これは異なる代名詞の初めての用法であった。

標準近代英語において、thouは改まった宗教的文脈や廃れた言語を再現しようとしている文学作品、「fare thee well」(完全な状態)といった特定の定型句でのみ使われ続けている。この理由のため、多くの人々はこの代名詞を厳粛さあるいは儀礼的なものと結び付けている。多くの方言は、thouyeが消失したことに起因する単数/複数の区別の欠如を、yinzyous[4]y'allといった新たな複数代名詞あるいは代名詞的なものを創造することによって補っている。Yeはアイルランドの一部地域では今でも一般的であるが、これらの例は地域によって様々であり、大抵は口語体の話し言葉に限定される。

文法[編集]

Thouは一般的な使用から消え去っているため、その伝統的な形は古い話し言葉を模したものとしばしば混同されている。

語形変化[編集]

英語の人称代名詞は以下の表に従う標準化された語形変化を有する[要出典]

初期近代英語における人称代名詞
主格 斜格 属格 所有格
一人称 単数 I me my/mine[# 1] mine
複数 we us our ours
二人称 砕けた単数 thou thee thy/thine[# 1] thine
複数あるいは改まった単数 ye, you you your yours
三人称 単数 he/she/it him/her/it his/her/his (it)[# 2] his/hers/his[# 2]
複数 they them their theirs
  1. ^ a b 属格のmyminethythineは名詞の前の所有形容詞あるいは名詞を伴わない所有代名詞として使われる。4つの表現全ては所有形容詞として使われる: mineおよびthine母音で始まる名詞の前(例: thine eyes)で、あるいはhで始まる名詞(このhは大抵発音されなかった。例えばmine heartmine artと発音されていた)の前で使われ、myおよびthyは子音で始まる名詞の前で使われる(例: thy mothermy love)。しかしながら、mineおよびthineだけは所有代名詞として使われる(例: it is thinethey were mine)。
  2. ^ a b 初期近代英語期から17世紀まで、hisは三人称中性のitと三人称男性heの所有格であった。属格の「it」は1611年の欽定訳聖書(レビ記25:5)に「groweth of it owne accord」として一度現われる。

活用[編集]

Thouの後で使われる動詞形は現在および過去の両方の時制における直接法において一般的に -(e)stで終わる。これらの形は強変化動詞弱変化動詞の両方で使われる。

標準的な現在形および過去形の典型例を以下に示す。語尾のeは任意である。初期英語の綴りはまだ標準化されていなかった。詩では、eを使うかどうかに関する選択はしばしば韻律次第であった。

  • to know: thou knowest, thou knewest
  • to drive: thou drivest, thou drovest
  • to make: thou makest, thou madest
  • to love: thou lovest, thou lovedest

いくつかの動詞は不規則なthou形を有する。

  • to be: thou art(あるいはthou beest), thou wast (あるいはthou wert; 元々はthou were
  • to have: thou hast, thou hadst
  • to do: thou dost /dʌst/(あるいは助動詞的使用ではthou doest)ならびにthou didst
  • shall: thou shalt
  • will: thou wilt

英祖語では、二人称単数動詞の屈折は -esであった。これは印欧語から変わらずに受け継がれ、かなり遠縁の印欧語族において見ることができる(ロシア語знаешьznayesh: thou knowest; ラテン語amas : thou lovest)(これは三人称形の歴史と平行である: 古英語 -eþ; ロシア語знаетznayet: he knoweth; ラテン語amat : he loveth)。「-es」から近代英語の「-est」への変則的発展(近縁関係にあるドイツ語フリジア語でも同時期に別々に起こった)は代名詞の子音の同化によって引き起こされたと理解されている。動詞もしばしばこの変化に続いた。 これはドイツ語において最も容易に見ることができる: liebes du > liebstu > liebst du。これら3言語は印欧語派の西ゲルマン語群に属し、その内フリジア語が最も英語に近い[5]

比較[編集]

初期近代英語 近代西フリジア語 近代ドイツ語 近代英語
Thou hast Do hast
[doː hast]
Du hast
[duː hast]
You have
[juː hæv]
She hath Sy hat
[sɛi hat]
Sie hat
[ziː hat]
She has
[ʃ hæz]
What hast thou? Wat hasto?
[vat hast̬o]
Was hast du?
[vas hast duː]
What have you, What do you have?
[hwɒt hæv juː], [hwɒt d juː hæv]
What hath she? Wat hat sy?
[vat hat sɛi]
Was hat sie?
[vas hat ziː]
What has she, What does she have?
[hwɒt hæz ʃ], [hwɒt dʌz ʃ hæv]
Thou goest Do giest
[doː ɡiəst]
Du gehst
[duː ɡeːst]
You go
[juː ɡ]
Thou dost Do dochst
[doː doxst]
Du tust
[duː tuːst]
You do
[juː d]
Thou beest
(variant thou art)
Do bist
[doː bɪst]
Du bist
[duː bɪst]
You are
[juː ɑːr]

オランダ語では、「thou」と対等なduもまた古語になり使用されなくなり、「you」と対等なgij(後にはjijあるいはu)に置き換わった。

接続法(仮定法)および命令法では、語尾の -(e)stが落ちる(しかし動詞「to be」の二人称単数過去接続法thou wertでは一般的に保持される)。仮定形は発言が疑わしいあるいは事実に反する時に使われる。そのようなものとして、「if」や詩的な「and」の後で頻繁に現われる。

  • If thou be Johan, I tell it thee, right with a good advice ...;[6]
  • Be Thou my vision, O Lord of my heart ...[7]
  • I do wish thou wert a dog, that I might love thee something ...[8]
  • And thou bring Alexander and his paramour before the Emperor, I'll be Actaeon ...[9]
O WERT thou in the cauld blast, ... I'd shelter thee ...[10]

ヨークシャーなどにおけるThouやその派生型を使用する現代の宗教的英語方言では、動詞の三人称形はしばしば -sとなる。これは初期近代英語の二人称単数の語尾 -stと三人称単数の語尾 -s-sへと統合したことによる (後者は-th)の南部の派生型)。

現在直接artþu eart)はウェストサクソン古英語に戻り、南部においてさえも最終的に標準となった。

語源[編集]

Thou古英語þūに由来し、さらに遡れば印欧祖語*tuグリムの法則によって変化したものである。開音節のアクセントのある単音節単語ではゲルマン語母音は長音化する。したがって、thouアイスランド語および古ノルド語þúドイツ語およびスカンジナビア諸語duラテン語および全ての主要なロマンス諸語アイルランド語クルド語リトアニア語ラトヴィア語tuあるいはギリシャ語σύ (sy)、スラヴ語ты / tyあるいはти / tiアルメニア語դու (dow/du)、ヒンディー語のतू ()、ベンガル語のতুই (tui)、ペルシア語تُو‎ (to)、サンスクリット語のत्वम् (tvam)は同根である。この代名詞の同根形はほぼ全てのその他の印欧語に存在する[11]フィンランド語ハンガリー語といったウラル語族における二人称代名詞も類似している。

歴史[編集]

1415年頃のイングランドの文献「アダムとイブ」の中のThouの省略形þu

古英語において二人称代名詞は単純な規則で使われていて、þūが一人、ġitが二人、ġēが三人以上に対する呼称であった。中英語期を特徴付けるフランス語の語彙による影響の始まりとなるノルマン・コンクエストの後、単数形は目上の人物への、後には対等な人物への呼称として次第に複数形に取って代わられた。単数形および複数形を砕けた含意および改まった含意に一致させる慣習はT-V区別ラテン語tuおよびvosから)と呼ばれ、英語ではフランス語の影響が主因である。これは、貴族複数形で呼称する慣習から始まった。やがて、フランス語と同じように、社会的に上位あるいは強力な人物を複数形の代名詞で呼称するように一般化された。フランス語では、tuは最終的に親密あるいは見下すような表現と考えられるようになったのに対し、複数形のvousは控えめかつ改まった表現となった。

18世紀、サミュエル・ジョンソンは『A Grammar of the English Tongue』において、「儀式の言葉遣いにおいて...二人称複数形が二人称単数形に使われる」と記しており、二人称単数形がまだ日常的に使われていたことが伺える。対照的に、『The Merriam Webster Dictionary of English Usage』は、ほとんどの南イギリス英語話者について、thouが1650年頃までには、仲間同士での会話においてさえも、日常での会話から抜け落ちていた、と述べている[12][13]Thouは数多くの宗教的、文学的、地域的文脈において存続しており、それらの一部の継続的使用はT-V区別の衰微を遅らせる傾向にあった。

二人称単数代名詞thouthytheeが使われなくなっていたことの一つの注目すべき帰結は、シェイクスピアの戯曲における多くの登場人物の交流といった初期近代英語の文章の特定の社会文化的要素の難読化である。例えば、『リチャード三世』において、クラレンス公と2人の殺人者との間の会話は、登場人物によって使われる代名詞の社会的な意味合いに照らして読まれれば、全く異なる色合いを帯びる[14]

動詞としての使用[編集]

多くの印欧諸語は「砕けた代名詞に呼び掛ける」ことを意味する動詞を含む(例えばドイツ語のduzen)。英語では一般的でないものの、この用法は過去に現われたことがあり、1603年のサー・ウォルター・ローリーの裁判では、検察官のサー・エドワード・コークがローリーを侮辱しようとして

I thou thee, thou traitor!(私はおまえを「おまえ」と呼んでやる、この反逆者め)[15]

と述べたと伝えられている。ここでthouは「theeと呼ぶ」を意味する動詞として使われている。この慣習は標準英語には根付くことはなかったものの、イングランド北部の田舎言葉には現われる。親称を誤用した子供を叱るためのヨークシャーにおいてかつては一般的であった反復句は、

Don't thee tha them as thas thee! ("Don't thee thou them as thous thee")

であった。

ランカシャー方言での同様の句は

Don't thee me, thee; I's you to thee! ("Don't thee me, thee [i.e., "you child"]; I'm you to thee!")

であった。

宗教的使用[編集]

16世紀初頭にウィリアム・ティンダル聖書を英語に翻訳した時、ティンダルはヘブライ語原書とギリシャ語原書で見られる単数と複数の区別を残そうとした。したがって、話者や受取人の相対的地位にかかわらず、ティンダルは単数にはthou、複数にはyeを一貫して使用した。そうすることによって、ティンダルはまったくの曖昧さからthouをおそらく守り、元々の意味からははっきりと異なるものとなる厳粛な空気をこの単語に与えることとなった[2]。ティンダルの用法は欽定訳聖書にも引き継がれ、この翻訳のためによく知られ続けた[16]

現在もイングランド国教会における式文である1662年の『祈祷書』もまた、単数二人称を指し示すためにthouを使用している[17]

クエーカーは以前theeを普通の代名詞として使用していた。彼らに対するステレオタイプはtheeを主格と対格のどちらでも使うといったものである[18]。これは、ジョージ・フォックスによるクエーカー運動の最初に始まった。フォックスはこれを「plain(平易な)speaking」と呼び、この代名詞と結び付いた平等主義的親しみを残そうと試みた。ほとんどのクエーカー教徒はこの用法を捨てている。その始まりに、クエーカー運動はイングランドの北西部、特にノース・ミッドランズ地域で特に強かった。クエーカーの会話においてtheeが維持されたことはこの歴史と関連しているかもしれない[19]。この「plain speaking」を使用すること選択した現代のクエーカー教徒は、対応する動詞形の変化を伴わずに「thee」をしばしば使用する(例えば、is theeあるいはwas thee[20]

末日聖徒イエス・キリスト教会では、敬意の印として、「thee」および「thou」をに呼びかける時に常に、そして排他的に用いる[21]

多くのクルアーンの英訳、特にイスラムのアフマディーヤ教団によって編纂されたものでは、thouおよびtheeが使われている。一つの具体例はMaulvi Sher Aliによって翻訳された『The Holy Quran - Arabic Text and English translation』である[22]

バハーイー教経典の英訳でも、thouおよびtheeが使われている。20世紀前半の指導者であるショーギ・エフェンデイは、元のアラビア語あるいはペルシア語から文章を翻訳する時に、元の言語における文章の詩的、隠喩的性質の一部を捕えるため、そして文章が神聖であるとする考えを伝えるために、日常会話から幾分消え去った様式を採用した[23]

改訂標準訳聖書』の1946年の初版は、への呼び掛けのためだけに代名詞thouを維持しており、その他の箇所ではyouを使用した。これは欽定訳聖書を知っている者やお祈りで詩篇やそれに似た文章を読む者にはよく知られていたであろう、親しみがあり同時に崇敬の念を表したこの響きを残そうとしたためであった[24]。『新アメリカ標準訳聖書』(1971年)も同じ決断を下したが、1995年の改訂版では覆された。同様に、1989年の『改訂英語聖書』では1970年の『新英語聖書』に現われていたthouの全ての形が失われた。『新改訂標準訳聖書』(1989年)はthouを完全に削除しており、神への呼び掛けのために異なる代名詞を採用することは聖書翻訳におけるthouの使用の当初の意図と不一致かつ相いれないと主張している[25]。神へ呼び掛ける時、「thou」は明確にするためと敬意を表わすためにしばしば大文字で書かれる。ギリシャ語、ヘブライ語、アラム語(聖書の言語)が神に対する呼び掛けを示すための(大文字表記といった)特別な正書法を持たないのに対して、それらの文法は名詞/代名詞の一致を一義的にすることについて英語よりも成功している[要出典]

文学的使用[編集]

シェイクスピア[編集]

同時代の作家と同様に、ウィリアム・シェイクスピアthouを(フランス式に)親しみを表わすためと地位の違いを強調するために使用するが、この単語の使用は決して一貫してはおらず、友人や恋人達は互いにthouと呼び合うのと同じくらい、時々互いにyeあるいはyouと呼び合う[26][27][28]。これらは意味を汲み取れることもあるが、大抵は一見したところ無作為である。

例えば、『ヘンリー四世』からの以下の一節において、シェイクスピアはヘンリーに対して両方の表現を使うフォルスタッフを登場させている。最初は寝起きに混乱して「you」を使い、その後にくつろいで親しみのある「thou」に切り替える。

王子: Thou art so fat-witted with drinking of old sack, and unbuttoning thee after supper, and sleeping upon benches after noon, that thou hast forgotten to demand that truly which thou wouldest truly know. What a devil hast thou to do with the time of the day? ...
フォルスタッフ: Indeed, you come near me now, Hal ... And, I prithee, sweet wag, when thou art a king, as God save thy Grace – Majesty, I should say; for grace thou wilt have none –

一方『ハムレット』では、シェイクスピアは母親に対するハムレットの敵意を表現するために一致しない二人称代名詞を使用する。

ガートルード王妃: Hamlet, thou hast thy father much offended..(おまえは父君を大層怒らせましたね)
ハムレット: Mother, you have my father much offended.(母上、あなたさまこそ我が父上を大層怒らせました)

より近年の使用[編集]

現在でも使われ続けているイングランドの一部地域を除いて、thouを使うことによってかつては示唆されていた砕けた親しみの雰囲気は消失している。現在thouは厳かな儀式においてや、欽定訳聖書を読む時、シェイクスピア作品、これらの古い様式を意図的にまねようとする改まった文学作品において使われている。口語英語のほとんどの方言では死語になって以後、それにもかかわらず[29]ヒバリ[30]アキレス[31]、コミックの登場人物マイティ・ソー[32]といった高貴な存在への呼び掛けのために近年の作家らによってこの単語が使われている。『帝国の逆襲』では、ダース・ベイダー皇帝への呼び掛けにこれらの単語を使用する: "What is thy bidding, my master?"(〔あなたさまの〕ご命令は何でしょう? 我が師よ)。レナード・コーエンの楽曲「Bird on the Wire」では、彼は「I will make it all up to thee」と言って、愛する者に自分の生活を改めること約束する。カイザー・チーフスの楽曲「I Predict a Riot」については後述する。ダイアナ・ロスの楽曲「Upside Down」(シックナイル・ロジャースバーナード・エドワーズ作詞作曲)には「Respectfully I say to thee I'm aware that you're cheatin」という歌詞が登場する。これらの近年のこの代名詞の使用は親密さあるいは見下した態度からは遠く離れたものを示唆している一方で、上述したように聖書において神に対して用いられていること反映していると見ることができる。あるいは「Upside Down」の場合は、単に耳に残る韻のためかもしれない。

ほとんどの近代の作家は日常会話においてthouを使った経験がない。したがって彼らは伝統的な動詞形を混乱しやすい。人工的に古語を用いる近代の作家における最も一般的な誤りは、古い三人称単数の語尾 -eththouと共に用いることである(例: thou thinketh)。逆、つまり三人称に対して二人称単数末尾 -estを用いることも起こる(マイティー・ソーの台詞「So Sayest Thor!」)。この用法は、会話を古風あるいは格式ばったように見せる試みの中で、現代のパロディおよびパスティーシュ[33]でしばしば現われる。Thoutheeの表現もしばしば取り違えられる。

アンソニー・バージェスの小説『時計じかけのオレンジ』(とその映画化)のために考案された架空のティーンエイジャー用語ナッドサットでは、アレックスと彼のdroopsは「thou」を普通に使用する。例えば、対立するギャングと戦う時、アレックスは彼らをthusと呼ぶ(二人称については「you」と「thou」が混合していることに注意)。

Well if it isn't fat stinking billygoat Billyboy in poison! How art thou, thou globby bottle of cheap stinking chip-oil? Come and get one in the yarbles, if you have any yarbles, you eunuch jelly thou![34]

一部の翻訳者は、特にyouが英語におけるT-V区別を「thou」と「you」で表わす。この慣習はほぼ失われている。アーネスト・ヘミングウェイは小説『誰がために鐘は鳴る』の中で、スペイン語を話す登場人物間の関係性を反映させるため、改まった二人称代名詞(usted)と砕けた二人称代名詞()がまだ存在しているスペイン語を英語でよりうまく表現するために「thou」と「you」を使用する。

Thoutheeを伴う節を読む際、多くの現代の読者はこれらの代名詞と動詞語尾に強勢をつける。しかしながら、伝統的には -est中のeは無強勢のはずであり、thouおよびtheeyou以上に強勢をつけるべきではない。

現在の用法[編集]

Youが現在標準的な英語の二人称代名詞であり、単数形と複数形の両方を包含する。しかしながら、一部の方言では「thou」が存続してきており[35]、その他では詩的や文学的用法として持続している。そのうえ、単数形と複数形の区別が失われたことによって、アメリカ合衆国南部におけるy'allといった新たな二人称複数形が作り出されることになった。語形は英語圏によって、文語と口語の間で異なる[36]

二人単数形の持続[編集]

伝統的方言の中で、thouカンバーランドウエスト・マーランドダラムランカシャーヨークシャースタッフォードシャーダービーシャーカウンティ、そしてノッティンガムシャーの一部の西部地域で使われている[37]。こういった方言では通常、二人称単数形の異なる動詞形も保存されている(例: 北部スタフォードシャー方言thee coost〔標準英語: you could, 古語: thou couldst〕)。単語theeは東シュロップシャー方言で使われている。この方言は現在はほぼテルフォードドーリー地域に限定されており、ドーリー方言と呼ばれている[38]。ヨークシャーの田舎の至るところで、主格と目的格の間の古い区別が残されている[要出典]。方言で書かれた文書において属格はしばしばthyと書かれるが、無強勢のthaと発音されており、現代の用法においてthaの所有格はほぼ排他的にその他の英語方言に従い、yoursあるいは方言Template:Specifyの単語your'nyour oneから)となっている。

主格 目的格 属格 所有格
二人称 単数 tha thee thy (tha) yours / your'n

この代名詞の古風な主格、目的格、属格と現代的な所有格との間の見掛けの不一致は、ヨークシャー方言の言語学的漂流が原因でthaが使われなくなっている印かもしれない。

ある地域に特異的なその他の派生型もある。シェフィールドにおいて、この単語の発音は /d/ と /th/ の間であった。これが理由でシェフィールド出身者は「dee-dahs」という仇名で呼ばれていた。ランカシャーおよび西ヨークシャーでは、thouの無強勢短縮形としてtaが使われていた。 これは「On Ilkla Moor Baht 'at」という楽曲中で見ることができる。これらの派生型は現在はもはや使われていない。

ランカスターとノース・ヨークシャーボーダーの間の北ランカシャーの田舎では、「What would tha like for tha tea? (What would you like for tea)」や「'appen tha waint(perhaps you won't; happenがこの方言におけるperhapsである)」、「tha knows(you know)」といった日常会話の言いまわしにthaが保存されている。ランカシャーにおけるこの用法は、年配や田舎の話者を除いては珍しくになってきている。

リーズ出身のバンドカイザー・チーフスによるヒット曲「I Predict a Riot」では単語「thee」が使われている。

シェフィールド郊外のハイ・グリーン出身のバンドアークティック・モンキーズの様々な楽曲には「tha knows」という語句が広く使われている。バンドのリードシンガーアレックス・ターナーはライブ版ではしばしば語句を「tha knows」に置き換えて歌っている。出身のシェフィールドアクセントで歌い、シェフィールド方言を全般的に復活させるという彼の選択は好意的な反応と批評家の称賛を得ている。

幾分影響を受けているもののウエスト・カウンティ方言においてこの単語の使用が幾らか存続している。ワーゼルズには「Drink Up Thy Zider」や「Sniff Up Thy Snuff」という楽曲がある[39]

Thooオークニースコットランド方言において砕けた単数形thouの位置で使われている。もう一つのスコットランド諸島方言であるシェトランド語では、duおよびdeが使われる。単語「thou」はクロマーティ北北部スコットランド語において20世紀前半には一般的に使われていたことが報告されているが、現在はたまの使用にとどまる[40]

映画での使用[編集]

単語thouは、特定の英語方言で記録された映画で時折聞くことができる。ケン・ローチの映画『ケス』および『ザ・プライス・オブ・コール』では、会話の中でこの単語が頻繁に使われる。また、頻繁ではないものの、1963年の映画『孤独の報酬』でも時折使われている。

脚注[編集]

  1. ^ [リンク切れ]"thou, thee, thine, thy (prons.)", Kenneth G. Wilson, The Columbia Guide to Standard American English. 1993. Online at Bartleby.com. Retrieved 12 September 2007.
  2. ^ a b c Pressley, J. M. Thou Pesky "Thou". Shakespeare Resource Centre, 8 January 2010.
  3. ^ Shorrocks, 433–438.
  4. ^ Kortmann, Bernd (2004). A Handbook of Varieties of English: CD-ROM.. Mouton de Gruyter. pp. 1117. ISBN 978-3110175325. 
  5. ^ Fennell, Barbara A. A history of English: a sociolinguistic approach. Blackwell Publishing 2001. pg 22.
  6. ^ 中英語の聖歌: If thou be Johan, I tell it the
    Ryght with a good aduyce
    Thou may be glad Johan to be
    It is a name of pryce.
  7. ^ Eleanor Hull 「こころみの世にあれど」、伝統的なアイルランドの賛美歌Rob tu mo bhoile, a Comdi crideの1912年の翻訳。
  8. ^ シェイクスピア『アテネのタイモン』第四幕第三場。
  9. ^ クリストファー・マーロウフォースタス博士』第四幕第二場。
  10. ^ ロバート・バーンズ, O Wert Thou in the Cauld Blast(歌), 第1–4行。
  11. ^ Entries for thou and *tu, in The American Heritage Dictionary of the English Language
  12. ^ Entry for thou in Merriam Webster's Dictionary of English Usage.
  13. ^ サミュエル・ジャクソン自身はイングランド南部出身であるため、彼がThouの使用が全く普通であると考えたことは驚くべきことではない。このことが上記の一見した矛盾を説明できるかもしれない。
  14. ^ Shakespeare, William. "The Tragedy of King Richard The Third". Act 1 Scene 4, including the murder of Clarence. Richard III Society, American Branch, Online Library of Primary Texts and Secondary Sources. Retrieved on 12 September 2007.
  15. ^ Reported, among many other places, in H. L. Mencken, The American Language (1921), ch. 9, ss. 4., "The pronoun".
  16. ^ David Daniell, William Tyndale: A Biography. (Yale, 1995) ISBN 0-300-06880-8. See also David Daniell, The Bible in English: Its History and Influence. (Yale, 2003) ISBN 0-300-09930-4.
  17. ^ The Book of Common Prayer. The Church of England. Retrieved on 12 September 2007.
  18. ^ See, for example, The Quaker Widow by Bayard Taylor
  19. ^ David Hackett Fischer, Albion's Seed: Four British Folkways in America (Oxford, 1991). ISBN 0-19-506905-6
  20. ^ Maxfield, Ezra Kempton (1926). “Quaker 'Thee' and Its History”. American Speech 1 (12): 638–644. doi:10.2307/452011. 
  21. ^ Oaks, Dallin H. (May 1983). “The Language of Prayer”. Ensign. http://lds.org/ensign/1993/05/the-language-of-prayer?lang=eng 
  22. ^ (ISBN 1 85372 314 2) by Islam International Publications Ltd. Islamabad, Sheephatch Lane, Tilford, Surrey GUl 0 2AQ, UK.The Holy Quran, English Translation
  23. ^ Malouf, Diana (November 1984). “The Vision of Shoghi Effendi”. Proceedings of the Association for Baha'i Studies, Ninth Annual Conference. Ottawa, Canada. pp. 129–139 
  24. ^ Preface to the Revised Standard Version 1971
  25. ^ NRSV: To the Reader”. Ncccusa.org (2007年2月13日). 2010年3月18日閲覧。
  26. ^ Cook, Hardy M. (1993年). “You/Thou in Shakespeare's Work”. SHAKSPER: The Global, Electronic Shakespeare Conference. 2016年1月16日閲覧。
  27. ^ Calvo, Clara (1992). “'Too wise to woo peaceably': The Meanings of Thou in Shakespeare's Wooing-Scenes”. In Maria Luisa Danobeitia. Actas del III Congreso internacional de la Sociedad española de estudios renacentistas ingleses (SEDERI) / Proceedings of the III International Conference of the Spanish Society for English Renaissance studies. Granada: SEDERI. pp. 49–59 
  28. ^ Gabriella, Mazzon (1992). “Shakespearean 'thou' and 'you' Revisited, or Socio-Affective Networks on Stage”. In Carmela Nocera Avila. Early Modern English: Trends, Forms, and Texts. Fasano: Schena. pp. 121–36 
  29. ^ Psalm 90 - ウェイバックマシン(2006年2月18日アーカイブ分) from the Revised Standard Version
  30. ^ Ode to a Skylark by Percy Bysshe Shelley
  31. ^ The Iliad, translated by E. H. Blakeney, 1921
  32. ^ The Mighty Thor - ウェイバックマシン(2006年6月20日アーカイブ分) 528
  33. ^ 例えば、ロブ・ライフェルド『Awaken the Thunder』(マーベルコミック、『[[アベンジャーズ (マーベル・コミック)|]]』、vol. 2, issue 1, cover date Nov. 1996)
  34. ^ Burgess, Anthony (1962). A Clockwork Orange. William Heinemann. p. 15. ISBN 0-434-09800-0. 
  35. ^ Evans, William (November 1969). “'You' and 'Thou' in Northern England”. South Atlantic Bulletin (South Atlantic Modern Language Association) 34 (4): 17–21. doi:10.2307/3196963. JSTOR 3196963. 
  36. ^ Le Guin, Ursula K. (June 1973). From Elfland to Poughkeepsie. Pendragon Press. ISBN 0-914010-00-X. 
  37. ^ Peter Trudgill, The Dialects of England, p.93
  38. ^ The Dawley Dialect”. Telford Live. 2016年1月16日閲覧。
  39. ^ Bristol Evening Post, accessed April 2, 2010, and Wurzelmania. somersetmade ltd. Retrieved on 12 September 2007.
  40. ^ The Cromarty Fisherfolk Dialect, Am Baile, page 5

参考文献[編集]

  • Baugh, Albert C. and Thomas Cable. A History of the English Language, 5th ed. ISBN 0-13-015166-1
  • Burrow, J. A., Turville-Petre, Thorlac. A Book of Middle English. ISBN 0-631-19353-7
  • Daniel, David. The Bible in English: Its History and Influence. ISBN 0-300-09930-4.
  • Shorrocks, Graham. "Case Assignment in Simple and Coordinate Constructions in Present-Day English". American Speech, vol. 67, No. 4 (Winter, 1992).
  • Smith, Jeremy. A Historical Study of English: Form, Function, and Change. ISBN 0-415-13272-X
  • "Thou, pers. pron., 2nd sing. " Oxford English Dictionary, 2nd ed. (1989). Oxford English Dictionary.
  • Trudgill, Peter. (1999) Blackwell Publishing. Dialects of England. ISBN 0-631-21815-7

推薦文献[編集]

  • Brown, Roger and Gilman, Albert. The Pronouns of Power and Solidarity, 1960, reprinted in: Sociolinguistics: the Essential Readings, Wiley-Blackwell, 2003, ISBN 0-631-22717-2, ISBN 978-0-631-22717-5
  • Byrne, St. Geraldine. Shakespeare's use of the pronoun of address: its significance in characterization and motivation, Catholic University of America, 1936 (reprinted Haskell House, 1970)
  • Quirk, Raymond. Shakespeare and the English Language, in Kenneth Muir and Sam Schoenbaum, eds, A New Companion to Shakespeare Studies*, 1971, Cambridge UP
  • Wales, Katie. Personal Pronouns in Present-Day English. ISBN 0-521-47102-8
  • Walker, Terry. Thou and you in early modern English dialogues: trials, depositions, and drama comedy, John Benjamins Publishing Company, 2007, ISBN 90-272-5401-X, 9789027254016

外部リンク[編集]