This War of Mine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
This War of Mine
ジャンル サバイバル英語版
対応機種
開発元 11 bit studios英語版
War Child (Android & iOS)
発売元 11 bit studios
ディレクター Michał Drozdowski
Przemysław Marszał
デザイナー Rafał Włosek
シナリオ Grzegorz Miechowskiの示唆的なアイデアに基づく
プログラマー Grzegorz Mazur
音楽 Piotr Musiał
Krzysztof Lipka
美術 Dominik Zieliński
人数 シングルプレイ
発売日
  • WindowsOS XLinux
    • WW 2014年11月14日[1]
  • Android
    • WW 2015年7月14日
  • iOS
    • WW 2015年7月15日
  • 『The Little Ones』
  • PS4Xbox One
    • WW 2016年1月29日[2]
  • Windows
    • WW 2016年6月1日
  • 『Complete Edition』
  • Nintendo Switch
    • WW 2018年11月27日
テンプレートを表示

This War of Mine』は戦争サバイバルゲーム英語版であり、ポーランドのゲーム開発会社の11 bit studios英語版によって開発、販売された[3]。前線の戦闘ではなく市民の戦争体験に焦点にあてたことにより、戦争をテーマにした大多数のゲームとは異なる[4]。日々の危険から生き延びるために、キャラクターは難しい決断をたくさんしなければならない。ゲームでの決断に応じて、それぞれのキャラクターに様々なエンディングが用意されている。『This War of Mine』は2014年11月にMicrosoft WindowsOS XLinux向けに発売された。Androidへの移植版は2015年7月14日に発売され、iOSへの移植版は翌日(7月15日)に発売された[5]拡張パック『This War of Mine: The Little Ones』はPlayStation 4Xbox One向けに2016年1月29日に発売され[2]、Microsoft Windows向けに2016年6月1日に発売された。ゲームすべての内容を含むバージョン『This War Of Mine: Complete Edition』はNintendo Switch向けに2018年11月27日に発売された[6]

ゲームプレイ[編集]

『This War of Mine』はサバイバルをテーマにした戦略ゲームである。包囲された架空の市であるGraznaviaのPogorenで、プレイヤーはその場しのぎの壊れた家で市民の生存者たちを操作する。ゲームの主な目標はプレイヤーが収集できる道具や資材を使って戦争中に生き続けることである。プレイヤーの操作するキャラクターのうち大半は軍隊の経験やサバイバルの経験がなく、生き続けるためにプレイヤーによる定期的な介入を必要とする。プレイヤーは停戦の宣言までキャラクターの健康、飢え、気分のレベルを維持しなければならない。停戦の宣言は無作為に選ばれた継続時間の後に発生する。

昼間は敵のスナイパーが外にいるため、生存者は家の中にいなければならない。したがって、プレイヤーは収集した資材から道具を工作し、交換し、避難所である家を改良し、食べ物を調理し、生存者を治療する時間になる。日々を生きのびるためにプレイヤーは夜間に外出し、役立つ資源を探すため付近を探索できる。プレイヤーが操作する生存者は外出中に他のNPCの生存者に遭遇する可能性がある。食べ物か薬を提供してNPCの生存者を助けるか、略奪し殺すか、選択することができる。プレイヤーは避難所の中に無線機を作ることもできる。無線機は気象警報、市の経済状況の更新、進行中の戦争の影響に関するニュースのような有益な情報をもたらす。このような情報はプレイヤーが適切な避難所の改良や収集行動の計画を立てる助けになる[7]

ゲームは1人から4人の生存者がいる状態で始まる。プレイヤーは生存者の行動に影響を与えることができる。プレイヤーが行う行動によりそれぞれの生存者のエンディングは変わる。それぞれのキャラクターにはプレイヤーを助けたり、妨げたりするような性格上の特性が1つないし2つあり、さらに、戦闘や動作の速度などに影響する様々な隠しステータスがある。常に役立つ特性もあるが、特定の日に役立つ特性もある。例えば、Brunoという名前のキャラクターには「料理上手」という特性があり、食事を作る際にプレイヤーは燃料と水の使用量を減らすことができる。プレイヤーが操作できるキャラクターは合計で12人いる[8]。DLC『This War of Mine: The Little Ones』では子どもの生存者が追加される可能性がある。子どもの生存者は自分の身を守ることができないか、避難所を維持するために最初に必要とされる仕事をすべて行うことができない。その上、抑うつ状態になるのを防ぐため、子どもの生存者には絶えず注意を払う必要がある。しかし、料理、水の濾過、作物の栽培のようなちょっとした雑用が行えるように他の生存者が子どもの生存者に教えることができる。子どもの生存者は一度大人と親しくなると、夜間にその大人と同じベッドで眠ることができ、2人に別々のベッドを用意する必要がなくなる。

開発[編集]

本作は1992年から1996年のサラエボ包囲中にボスニアの市民たちが耐え忍んだ劣悪な生活状況と戦時中の残虐行為から発想を得た[4]。サラエボ包囲は第二次世界大戦後最長の市街地包囲である[9]。 当初、家の玄関先まで戦争が迫るという意味合いから、本作には「War of Mine」という題名が付けられていた[4]。ところが、英語に詳しい者から「これでは『炭鉱(Mine)の戦争』となる」という指摘が寄せられ[注釈 1]、「This War of Mine」に変更された[4]。11 bit studiosのマーケティング部門代表のPatryk Grzeszczukは、Game Developers Conferenace 2017にて、「英語としての語感はちょっと変だが,「戦争が迫れば,戦う人もいれば,殺される人もいる。生き残ろうとする人もいる」,あるいは「人は誰もが兵士ではない」といった事実を,暗に主張するタイトルになった」と振り返っている[4]

2014年11月にゲームの違法コピーがオンラインで不正に入手できるようになった。11 bit studioは使用可能なSteamキーの数字を公表する対応をとり、ダウンロードをした人が友達とゲームを共有し、金銭的に余裕があればゲームを購入するよう勧めた[4][10]

発売・マーケティング[編集]

本作のシニアライターのPawel Miechowskiは、メディアからの取材に対し、「まったく楽しくない。このゲームは1つの経験であり,メッセージ。これは完全に壊滅的だ」と明言している[4]。それでも、Grzeszczukは「映画は楽しいものばかりでなく,考え込ませたり,中にはつらくなるようなものもあるが,それを見に来る人がいる。マーケティングは作品の力を信じることから始めなければならない。」と考え、本作のマーケティングに臨んだ[4]。 本作の販売戦略では、あえて主人公が一般市民であることを前面に出す方針が取られ、コンセプトアートも「近代的な装備を身に着けて戦う兵士」と「壁にもたれる市民」を対比させたデザインとなった[4]。このほかにも、イベントへの出典や、SNSを通じた広報活動が行われた[4]

発売後[編集]

Ver1.3アップデートでは、シナリオエディター機能が追加された。シナリオエディターによりプレイヤーが生存者を創作し、選択できるようになる。また環境条件や紛争の期間も変更できるようになる[11]

2.0アップデート時点でプレイヤー作成機能がSteam Workshopを通して公表された[12]

11 bit studiosと連携し、Galaktaから協力型ボードゲーム英語版版が2017年に発売された[13]

3周年を記念して、11 bit Studiosは2017年11月14日に3つのストーリーDLCのうち1つ目『Fathers Promise』を発売した。2つ目のDLC『The Last Broadcast』は2018年11月14日に発売された。2018年11月に11 bit StudiosはNintendo Switch専用の『This War Of Mine: Complete Edition』を発表し、同月後半に発売した。『This War Of Mine: Complete Edition』はすべてのコンテンツを1つのゲームに集約しており、最初のゲーム、アニバーサリーエディション『This War of Mine: The Little Ones』、3つのエピソードから成るDLC『Fathers Promise』、『The Last Broadcast』、『Fading Embers』を含む[6]。パッケージ版はNintendo Switch向けで、世界同時発売日にヨーロッパにおいてDeep Silverから入手できる[14]

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
iOSNSPCPS4Xbox One
デストラクトイドN/AN/AN/A6.5/10[15]N/A
EdgeN/AN/A9/10[16]N/AN/A
EurogamerN/AN/A8/10[17]N/AN/A
ゲーム・インフォーマーN/AN/A8/10[18]N/AN/A
Game RevolutionN/AN/A5/5stars[19]3.5/5stars[20]N/A
GameSpotN/AN/A8/10[21]N/A7/10[22]
GameTrailersN/AN/A8.5/10[23]N/AN/A
GameZoneN/AN/A7.5/10[24]N/AN/A
IGNN/AN/A8.4/10[25]N/AN/A
Official PlayStation Magazine (UK)N/AN/AN/A8/10[26]N/A
Official Xbox Magazine UKN/AN/AN/AN/A8/10[27]
PC Gamer UKN/AN/A80%[28]N/AN/A
PC PowerPlayN/AN/A8/10[29]N/AN/A
Digital SpyN/AN/A4/5stars[31]N/AN/A
Slant MagazineN/AN/AN/A2/5stars[32]N/A
集計結果
Metacritic90/100[33]80/100[34]83/100[35]78/100[36]78/100[37]

批評[編集]

レビュー集約サイトMetacriticによると、PC版とコンソール版は「概ね好意的な評価」を受けたが、『This War of Mine』のiOS版は「普遍的な称賛」を得た[33][35][36][37][34]

『Digital Fix』はPC版を10点中9点とし、「道徳的なレンズを通して見ることを選択しようがしまいが、卓越した戦術的サバイバルシステムがあり、このことがゲームを道徳じみた話にならないようにしている。ゲームが描写する出来事は重苦しく、長々と熟考するが、何とかして決着をつけようと努力し、逆境に打ち勝ち、自分のキャラクターを救うために気が付くと何度も戻ってきていた」と述べた[38]。また、『Digital Fix』は『This War of Mine: The Little Ones』のPS4版を10点中8点とし、「PC版の方が良いが、PS4での発売によりこの注目に値するゲームは新たな顧客を得た」と述べた[39]。411Mania gaveはXbox One版を10点中8.5点とし、『This War of Mine』は「直感的な体験で落ち着いたり、経験値を得たり、何かを撃ち殺したりするのが好きな場合に勧めるゲームではない。このゲームはテンポが速いわけではない。実際のところ、このゲームを遊んでもあまり楽しくない。このゲームはほぼ至る所で自分の行動に関してプレイヤーをひどい気分にする。これらすべてを考えても、ゲーム体験についてきわめて重要なものがあるため、このゲームを試しにやってみることを勧める」と述べた[40]。『Digital Spy英語版』はPC版を星5つ中4つとし、「問題だらけでも、がれきがすっかり崩れ落ちてきても、人間味にあふれているところが『This War of Mine』を説得力のあるものにしている。再び飛び込んですべてに耐えようとするために必要な最低限の希望を残す」と述べた[31]。『Metro UK英語版』はPS4版を10点中7点とし、『This War of Mine』を「戦時中の市民側の様子を示すための、大胆で、大部分は成功した試みで、時折ゲームとして失敗していても、双方向性のドラマとして成功した」とみなした[41]。しかしながら、『Slant Magazine英語版』はコンソール版を星5つ中2つとし、『This War of Mine』は「プレイヤーを啓発するという歪んだ試みにおいて、人間の絶望のうちほとんどポルノレベルのものを示すことにしか興味がないように見える」と述べた[32]

報道によると本作は開発費を最初の2日の販売で回収し[42]、2019年の4月までに450万本超を売り上げた[43]

売上[編集]

本作は発売初年に約70万本売れた。11 Bit Studiosの販売ディレクターPaweł Feldmanによると、ゲーム機と携帯機器での販売により顧客層を拡大し、最初の発売から5年で着実な売上と成長を維持することができた[44]。 また、2019年4月時点では、全機種での売り上げが合計で450万本を突破をした[45]。 また、DLC「War Child Charity DLC」の販売収益を通じて50万ドル(2019年4月時点で約5,500万円)が寄付された[45]

影響[編集]

ポーランドの首相府は2020年に『This War of Mine』がポーランドの高校で2020–2021年度[43]の推薦図書一覧に追加されると公表した[46][43]。これは学校の推薦図書にコンピューターゲームを追加する世界で初めての取り組みである[46][43]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本作の開発元である11 bit studiosが拠点を置くポーランドは、英語を母国語としていない[4]

出典[編集]

  1. ^ Emanuel Maiberg (2014年11月2日). “War Game About Innocent Civilians This War of Mine Gets Release Date, New Trailer”. GameSpot. CBS Interactive. 2014年11月2日閲覧。
  2. ^ a b Ozzie Mejia (2015年8月27日). “This War of Mine tells 'The Little Ones' tale on PS4 and Xbox One in January”. Shacknews. 2015年8月28日閲覧。
  3. ^ Emanuel Maiberg (2014年3月14日). “Survive the horrors of war as a civilian in This War of Mine”. PC Gamer. Future plc. 2008年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k [GDC 2017]シリアスでまるで楽しくないゲームをどう売るのか。「This War of Mine」のマーケティング戦略が紹介されたセッションをレポート”. www.4gamer.net. Aetas (2017年3月3日). 2021年7月18日閲覧。
  5. ^ Karol_11bitstudios (2015年7月14日). “This War of Mine is out on Play Store!”. Reddit. 2015年12月21日閲覧。 “Hey guys, it's Karol from 11 bit studios, one of the devs behind the game. Currently, the game is dedicated to tablets, but I want to assure you, that we are already working on bringing it to other devices as well, including before mentioned smartphones. Hopefully, soon we'll have some good news about it.”
  6. ^ a b Nosuupu, Iggy (2018年11月7日). “This War Of Mine: Complete Edition Heading Exclusively To Switch”. NintendoSoup. 2018年11月26日閲覧。
  7. ^ Nathan Grayson (2014年3月13日). “Heavy: This War Of Mine Is A War Game About Civilians”. Rock, Paper, Shotgun. https://www.rockpapershotgun.com/2014/03/13/heavy-this-war-of-mine-is-a-war-game-about-civilians/ 2014年12月4日閲覧。 
  8. ^ Kuba Zgierski. “Characters”. GamePressure.com. GRY-Online S.A.. 2015年4月3日閲覧。
  9. ^ 11 bit studios (2014年11月14日). “This War of Mine Launch Trailer - The Survivor”. YouTube. Alphabet Inc.. 2014年12月4日閲覧。
  10. ^ Andrzej Kała (2014年11月17日). “11-bit Studios wygrywa internet!” [11-bit studios win the Internet!] (Polish). PlayingDaily. 2014年11月17日閲覧。
  11. ^ Brenna Hillier (2015年4月29日). “This War of Mine update 1.3 adds scenario editor”. VG247. 2015年4月29日閲覧。
  12. ^ Logan Booker (2015年12月12日). “This War Of Mine's 2.0 Update Brings Modding Tools To The Game”. Kotaku Australia. Gawker Media. 2016年2月3日閲覧。
  13. ^ This War of Mine: The Board Game”. Galakta. 2017年12月15日閲覧。
  14. ^ Lim, Gabriel (2018年11月26日). “This War Of Mine: Complete Edition Is Getting A Physical Release In Europe”. NintendoSoup. 2018年11月26日閲覧。
  15. ^ Nic Rowen (2016年2月29日). “Review: This War of Mine: The Little Ones (PS4)”. Destructoid. Enthusiast Gaming. 2018年4月29日閲覧。
  16. ^ Edge staff (January 2015). “This War of Mine (PC)”. Edge (Future plc) (275): 118. 
  17. ^ Martin Robinson (2014年11月25日). “This War of Mine review (PC)”. Eurogamer. Gamer Network. 2014年12月24日閲覧。
  18. ^ Daniel Tack (2014年12月2日). “This War of Mine (PC): Despondent Days, Nihilistic Nights”. Game Informer. GameStop. 2018年4月29日閲覧。
  19. ^ Gil Amogi (2014年11月24日). “This War of Mine Review (PC)”. Game Revolution. CraveOnline. 2018年4月29日閲覧。
  20. ^ Gil Amogi (2016年2月8日). “This War of Mine: The Little Ones Review (PS4)”. Game Revolution. CraveOnline. 2018年4月29日閲覧。
  21. ^ Justin Clark (2014年11月17日). “This War of Mine Review (PC)”. GameSpot. CBS Interactive. 2014年12月24日閲覧。
  22. ^ Justin Clark (2016年1月29日). “This War of Mine:The Little Ones Review (XONE)”. GameSpot. CBS Interactive. 2014年12月24日閲覧。
  23. ^ Michael Huber (2014年12月9日). “This War of Mine Review (PC)”. GameTrailers. Defy Media. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧。
  24. ^ Matt Liebl (2014年11月21日). “This War of Mine Review (PC)”. GameZone. 2014年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧。
  25. ^ Rob Zacny (2014年11月24日). “This War Of Mine Review (PC)”. IGN. Ziff Davis. 2014年12月24日閲覧。
  26. ^ “This War of Mine: The Little Ones”. PlayStation Official Magazine – UK (Future plc): 93. (March 2016). 
  27. ^ Tom Stone (2016年1月25日). “This War of Mine: The Little Ones review”. GamesRadar+ (Official Xbox Magazine UK). Future plc. 2018年4月29日閲覧。
  28. ^ Tamoor Hussain (2014年11月19日). “This War of Mine review”. PC Gamer. Future plc. 2018年4月29日閲覧。
  29. ^ “Review: This War of Mine”. PC PowerPlay (Next Media Pty Ltd) (237): 54. (January 2015). 
  30. ^ Ford, Eric (2015年8月17日). “'This War of Mine' Review – A Perfect War-torn Port”. TouchArcade. 2018年7月2日閲覧。
  31. ^ a b Scott Nichols (2014年11月14日). “This War of Mine review (PC): Bringing the war home”. Digital Spy. Hearst Communications. 2018年4月29日閲覧。
  32. ^ a b Jed Pressgrove (2016年2月9日). “This War of Mine: The Little Ones (PS4)”. Slant Magazine. Slant Magazine LLC. 2018年4月29日閲覧。
  33. ^ a b This War of Mine for iPhone/iPad Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年4月29日閲覧。
  34. ^ a b This War of Mine: Complete Edition for Switch Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2019年7月29日閲覧。
  35. ^ a b This War of Mine for PC Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2014年12月16日閲覧。
  36. ^ a b This War of Mine: The Little Ones for PlayStation 4 Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年4月29日閲覧。
  37. ^ a b This War of Mine: The Little Ones for Xbox One Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年4月29日閲覧。
  38. ^ Steven McCullough (2015年1月23日). “This War Of Mine Review (PC)”. The Digital Fix. Poisonous Monkey. 2015年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧。
  39. ^ Edd Harwood (2016年2月9日). “This War of Mine: The Little Ones Review (PS4)”. The Digital Fix. Poisonous Monkey. 2016年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧。
  40. ^ Stewart Lange (2016年3月9日). “This War Of Mine [The Little Ones (Xbox One) Review]”. 411Mania. 2018年4月29日閲覧。
  41. ^ “This War Of Mine: The Little Ones review - suffer little children (PS4)”. Metro UK (DMG Media). (2016年1月25日). https://metro.co.uk/2016/01/25/this-war-of-mine-the-little-ones-review-suffer-little-children-5642319/ 2018年6月1日閲覧。 
  42. ^ Wesley Yin-Poole (2014年11月27日). “It took just two days for This War of Mine to make its money back”. Eurogamer. Gamer Network. 2014年11月27日閲覧。
  43. ^ a b c d Matthew Handrahan (2020年6月18日). “This War of Mine will be added to school reading list in Poland”. GamesIndustry.biz. Gamer Network. 2020年6月19日閲覧。
  44. ^ Feldman, Pawel (2019年8月6日). “This War of Mine: Five years later”. Gameindustry.biz. 2021年5月9日閲覧。
  45. ^ a b 戦時下サバイバルADV『This War of Mine』が全機種で合計450万本セールスを突破”. Game*Spark (2019年4月4日). 2021年7月18日閲覧。
  46. ^ a b Tilles, Daniel (2020年6月18日). “Poland puts computer game "This War of Mine" on school reading list” (英語). Notes From Poland. 2020年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]