This Man

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
"This Man"の絵

This Manとは、2006年から2千人を超える世界中の人々の夢の中に繰り返し現れるが、現実では決して姿を現さないとされる謎の人物のことである。しかし、実際はイタリア人のマーケティングの専門家Andrea Natellaが創作したもので、2008年に立ち上げられたEver Dreamed This Man?というウェブサイトが初出である。しかし、報道やインターネットユーザの注目を集めたのは2009年10月からだった。映画や『X-ファイル』のようなテレビ番組で取り上げられ、『週刊少年マガジン』でThis Manを元にした漫画が連載された。2010年にNatellaはThis Manがゲリラ・マーケティングの一環だったことを認めた。一部の情報源では、ブライアン・ベルティノ英語版ゴースト・ハウス・ピクチャーズ英語版による同名の映画を宣伝するためだったと推測されている。この映画は公開されていない。

虚構の筋書き[編集]

Natellaによると、ThisMan.orgにはThis Manの風貌をアンドルー・ロイド・ウェバー (左) やアブドルファッターフ・アッ=シーシー (右) といった実在の人物と比較する電子メールが送られたという。

This Manの初出であるEver Dreamed This Man? (ドメインはThisMan.org) の説明では、This Manを最初に描いたのはニューヨークの著明な精神科医 (ウェブサイトでは具体的に誰であるかは言及されない) であるとされる。2006年1月に、夢でThis Manを見続けていると訴える女性患者を診察した際に描いたという[1]。数日後、ある男性患者がその絵に見て、自分も夢で見たことがあると語った。どちらの患者も現実ではThis Manに会ったことがないと述べた。その後、精神科医が4人の同業者にこの絵を送ったところ、彼らの患者たちもその男性を夢で見たことがあった[1]

後に、ロサンゼルスベルリンサンパウロテヘラン北京ローマバルセロナストックホルムパリニューデリーモスクワといった世界中の主要都市で2000名を超える人々が夢でこの人物を見たことがあると訴えた[1]。夢の内容はロマンチックなものや性的なもの、恐ろしいものと様々で、一緒に空を飛んだというものもあれば、何もせずに見つめてきたというものもある[2]

Vice英語版誌でThis Manを事実として特集する記事が掲載された。その記事ではAndrea Natellaのインタビューが載っており、2008年の冬、最初に夢でThis Manを見て、その際にThis Manに誘われてその人物についての情報を求めるウェブサイトを立ち上げたと語った[3]。This Manの似顔絵を用意したのも自分であり、携帯端末アプリケーションのUltimate Flash Faceを用いて作成したと述べている[3]

実在の人物でThis Manと似た容姿を持つ人物は特定されていない。夢でThis Manを見たことがある人と無関係であるが、This Manを夢に見たことがある人がいるとされる[4]。また、This Manの声も判明していないとされる。これについては、夢では視覚情報と比べると音声は記憶に残りにくいことや、This Manは滅多に夢の中で話さないことが理由に挙げられている[3]。ただし、NatellaはThis Manの外見をThe Man from Another Place英語版The Dummy英語版といったフィクションの登場人物、アンドルー・ロイド・ウェバーアブドルファッターフ・アッ=シーシーといった実在の著名人と比較する手紙や電子メールを受け取ったと主張している[3]。また、Arud Kannan Ayyaというインド人の導師など、自身がThis Manであると主張する人物もいたと語っている[3]

ThisMan.orgではThis Manについて下記の5つの説を提示している[4]

  • This Manはカール・ユングの学説であり、無関係の人々が共通で見るという無意識の元型イメージの1つである。
  • This Manは神が顕現した存在である。
  • 企業が人々に精神的な条件付けを施してThis Manの夢を見せている。
  • 単にThis Manを見た人の話を聞いた人がその夢を見ただけである。
  • 夢の中で人の顔を覚えるのは困難であるため、自分が見た夢を思い出そうとしてThis Manの似顔絵を思い浮かべてしまう。

知名度[編集]

This Manは2009年にインターネットユーザや報道からの注目を集め始めた[5][6]。その年の10月になってからThis Manのウェブサイトへのアクセスが急増した[7]。短期間のうちに200万以上のアクセスを記録し、1万を超える電子メールが送られ、This Manを夢に見たという体験談や、This Manに似た人の写真が寄せられた[8]。2009年10月12日にコメディアンのTim Heidecker英語版TwitterでThis Manについての投稿を行った[9]。Natellaの以前のゲリラ・マーケティングは局地的な関心しか集めなかったが、This Manで初めて世界的に広めることに成功した[10]

正体の公表[編集]

This Manの話が広まり始めたときから、電子掲示板である4chanのユーザや、ASSMEio9英語版などのブログで、ゲリラ・マーケティングではないかと疑う声があがった。彼らはThisMan.orgをホストする企業がguerrigliamarketing.itというウェブサイトもホストしていることを発見した[10][6][11]。Natellaは自身がフェイク広告の事業を行っていると紹介していた[12]。そして、Kookというウェブサイト (This Manが注目を集めていた時期にNatellaが共同経営者になっていた) での2010年の投稿や、2012年に"Viral 'K' Marketing"と題された印刷媒体での記事で、NatellaはとうとうThis Manは虚偽であることを認めた[10][8]

しかし、NatellaはThisMan.orgが単にマーケティングの計略でしかなかったことを認めた一方で、何をプロモーションしていたのかは決して明かさなかった。The Kernelなどでは、ブライアン・ベルティノ (2008年の映画『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』の脚本・監督) による同名の映画の宣伝のためだったという説が挙げられている[10][13]。ゴースト・ハウス・ピクチャーズが2010年5月にThisMan.orgを購入し[14]、ベルティノを脚本・監督として契約してThis Manを題材とした映画を製作していると公表した[15][16][17]。しかし、それ以来、この映画についての広報は行われずにいる。

Natellaがゲリラ・マーケティングと認めた後でも、The Epoch TimesVice誌などでThis Manを事実として扱う報道が2010年代半ばまで続いた[18]。後に、ViceはThis Manは事実ではないという旨の記事を掲載した[19]

他のメディアでの扱い[編集]

インターネット上でThis Manの似顔絵をバラク・オバマ (左) やダニエル・トッシュ英語版 (右) などの著名人と置き換えたパロディが出現した。

This Manが人々に知られるようになると、インターネットユーザはThis Manについての情報提供を呼びかけるチラシを改変し、This Manの顔をカール・マルクスバラク・オバマなどの著名人の顔に置き換えた画像を制作した[20][13]コメディ・セントラルダニエル・トッシュ英語版の顔を使用した同様の画像を制作している[21]

This Manの似顔絵は2017年の韓国映画Lucid Dream英語版の冒頭で短時間使用された[22]。また、『X-ファイル』のエピソード"Plus One英語版"でも取り上げられた[23]

2018年に『週刊少年マガジン』でThis Manを元にした漫画『This Man〜その顔を見た者には死を〜』(花林ソラ原作、恵広史作画)の連載が開始された[24][25]

出典[編集]

  1. ^ a b c History”. Ever Dreamed This Man?. 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ Dreams”. Ever Dreamed This Man?. 2019年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e Butler, Blake (2015年1月15日). “The Face Everyone Dreams About”. [Vice英語版. 2019年4月29日閲覧。
  4. ^ a b Dreams”. Ever Dreamed This Man?. 2019年4月29日閲覧。
  5. ^ Albert, Attila (2009年12月1日). “Mystery of the dream man”. Bild. 2019年4月29日閲覧。
  6. ^ a b Van Hoven, Matt (2009年10月13日). “Who is This Man?”. Adweek英語版. 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ Mystery "dream" man becomes internet hit!”. Sify英語版 (2009年10月28日). 2019年5月3日閲覧。
  8. ^ a b This Man” (Italian). KOOK Artgency (2010年). 2012年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧。
  9. ^ @timheidecker (2009年10月12日). "Scaring the shit outta me RT @JaneGomez: Can someone tell me what this is?? It scares me: tinyurl.com/ygcexgd" (ツイート). Retrieved 2019年5月3日 – via Twitter.
  10. ^ a b c d Cook, James (2013年10月17日). “When déjà vu is just a marketing stunt online”. The Kernel. 2019年5月3日閲覧。
  11. ^ Newitz, Annalee (2009年10月25日). “Why Are Thousands of People Dreaming About This Man?”. io9英語版. 2019年4月29日閲覧。
  12. ^ Who”. Andrew Natella. 2019年5月3日閲覧。
  13. ^ a b Have You Ever Dreamed of This Man? Probably Not”. Mysterious Universe (2014年1月20日). 2019年5月2日閲覧。
  14. ^ The Strangers Director Turns to This Man...”. Dread Central英語版. 2012年7月12日閲覧。
  15. ^ "This Man" Dream Viral To Become Feature Film”. movieviral.com. 2012年7月12日閲覧。
  16. ^ Bryan Bertino to Write and Direct THIS MAN for Sam Raimi’s Ghost House Pictures”. collider.com. 2012年7月12日閲覧。
  17. ^ Anderton, Ethan (2010年5月5日). “First Showing, Bryan Bertino Directing New Fact-based Horror Film 'This Man'”. FirstShowing.net. http://www.firstshowing.net/2010/bryan-bertino-directing-new-fact-based-horror-film-this-man/ 
  18. ^ Macisaac, Tara (2014年2月14日). “Ever Dream This Man? 2,000 People Have Seen Him in Their Dreams, According to Campaign”. The Epoch Times. 2019年4月29日閲覧。
  19. ^ Ugh, We Just Got Hoaxed: The Real Story About the ‘This Man’ Dream Face”. Vice (2015年1月15日). 2019年5月1日閲覧。
  20. ^ Meme flyers”. Ever Dreamed This Man. 2019年5月3日閲覧。
  21. ^ Lesinski, Chris (2009年10月15日). “Do You Dream About This Face?”. Comedy Central. 2009年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧。
  22. ^ This Man pop up on Netflix”. Ever Dream This Man?. 2019年5月3日閲覧。
  23. ^ Adams, Erik (2018年1月10日). “Ever dream this man? He could be the key to decrypting this season of The X-Files”. The A.V. Club英語版. 2019年4月29日閲覧。
  24. ^ Dennison, Kara (2018年8月18日). “Bloody Monday Artist Publishes Manga Based on "Urban Legend"”. Crunchyroll. 2019年4月29日閲覧。
  25. ^ This Man その顔を見た者には死を”. マガジンポケット. 2019年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]