パイレート・ベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Pirate Bayから転送)
移動: 案内検索
The Pirate Bay
Drawing of a 3-masted sailing ship with Home Taping Is Killing Music cassette & crossbones
The Pirate Bayのロゴ
URL thepiratebay.se
スローガン "The galaxy's most resilient BitTorrent site"
(世界で最も立ち直りの早いBitTorrentサイト)
タイプ Torrentインデックス, マグネットリンク英語版プロバイダー
登録 登録は任意・無料
使用言語 35の言語が使用可能。主に英語とスウェーデン語
設立者 Gottfrid Svartholm英語版
Fredrik Neij英語版
Peter Sunde英語版
設立日 2003年9月15日
(11年前) (2003-09-15
収益 広告・寄付・マーチャンダイズ
アレクサ
ランキング
減少 7347 (2015年9月)[1]
現状 オンライン

パイレート・ベイ(The Pirate Bay)は、スウェーデンBitTorrentの検索サイトである。2003年に開設された。 日本語のサイトは機械翻訳で公開されている。

設立者[編集]

  • Gottfrid Svartholm Warg(通称Anakata)
  • Peter Sunde Kolmisoppi(通称Brokep)
  • Fredrik Neij(通称TiAMO)

沿革[編集]

パイレート・ベイは2003年に、[2] 反著作権運動英語版を行っているスウェーデンのPiratbyrån英語版 (The Piracy Bureau)という団体により設立された。Piratbyrånは2004年の10月から独立した組織として活動している。パイレート・ベイははじめGottfrid Svartholm英語版Fredrik Neij英語版によって運営されていたが、この二人はそれぞれ、"anakata","TiAMO"という通称で知られている。彼ら二人はアメリカ映画協会により「著作権侵害の幇助」で告訴された。
2006年の5月31日に、スウェーデン警察による手入れがあり、ストックホルムに置かれていたウェブサイトのサーバーは撤去され、三日間のダウンタイム英語版を引き起こした。[3]

パイレート・ベイは、原告としても被告としても、数多くの訴訟に関係してきた。
2009年4月17日には、Peter Sunde英語版, Fredrik Neij, Gottfrid Svartholm, そしてCarl Lundström英語版は、九日間にわたる裁判の後に、著作権侵害幇助したとして有罪判決が出され、懲役一年と3000万スウェーデン・クローナの罰金(3000万スウェーデン・クローナは日本円にしておよそ4億3000万円(2015年8月30日現在))が言い渡された。被告は上訴し、裁判官が政治的圧力に屈したことを非難した。[4]
2010年11月26日、一人のスウェーデン人が裁判所に、元の懲役期間を短くして、その代わりに罰金を4600万スウェーデン・クローネに引き上げることを求めた。[5]
2010年5月17日、パイレート・ベイのプロバイダーに対する差し止め命令により、パイレート・ベイはオフライン状態となった。[6]ウェブサイトへのアクセスは後に、差し止め命令をからかうメッセージをトップページに表示して、回復された。
2010年6月23日、PiratbyrånはIbi Kopimi Botani英語版の死により解散された。彼はPiratbyrånの主要なメンバーであり、共同設立者でもあった。[7]

パイレート・ベイは数年の間、TPB Gottfrid SvartholmのクリエイターらとFredrik Neijが所有しスウェーデンに拠点を置く、PRQ英語版という会社によってホストされていた。[8]PRQは、「高い安全性を持ち、顧客が安心して利用できるホスティングサービス」を提供している。[9]2011年5月からは、Serious Tube Network英語版がパイレート・ベイを管理している。[10]
2012年1月23日にパイレート・ベイは、Physiblesという新たなカテゴリを追加した。Physiblesは、3Dモデリングのためのファイルであり、3Dプリンターを用いると「物体の形成が可能になるデータオブジェクト」として記述されている。[11]
2012年5月、Googleは新たに作成した「透明性レポート」において、パイレート・ベイへのリンクをGoogle検索のインデックスから削除するよう求める6000件を超えるリクエストがあったことを報告した。これらのリクエストは80,500件を超えるURLを含み、多くのリクエストをした著作権保持者を上位から五つ挙げていくと、 Froytal Services LLC, Bang Bros英語版, Takedown Piracy LLC, Amateur Teen Kingdom英語版, IFPIである。[12]
2013年8月10日、パイレート・ベイはPirateBrowser英語版のリリースを発表した。PirateBrowserは、インターネットの検閲を回避するために使われる無料のウェブブラウザである。 [13]
2003年から2014年の11月までの間パイレート・ベイはWorld Wide Webにおいて最も訪問者数の多いトレントディレクトリであったが、アレクサによると、2014年の11月からは、KickassTorrent英語版に首位の座を譲り渡した。 [14]
2014年12月8日、Googleは、"The Pirate Bay"という文字列が名前に含まれているほとんどのアプリをGoogle Playから削除した。[15]

2014年12月9日、パイレート・ベイへスウェーデン警察英語版による手入れがあり、サーバーやコンピューターやその他の装置は差し押さえられた。[16][17][18][19][20][21]関連するEZTV英語版, Zoink, Torrage, Istole trackerなどのサイトも、パイレート・ベイのフォーラムSuprbay.orgに加えて、アクセスできない状態になった。[17]
手入れの二日後にEZTVは自身の主要なウェブサイトのバックエンドのIPアドレスを経由して、ExtraTorrent英語版KickassTorrents英語版、また、自身の活動を支持してもらえるeztv-proxy.netのようなプロキシサイトへ、アップロードを行った。EZTVはこれらのアップロードをもって、「活動を続けている証」を示していた。[22][23]
次の数日間、パイレート・ベイのコピーサイトがいくつかオンライン状態となり、この代表的なものが、isoHuntによって作られたoldpiratebay.orgである。[24][25]

2015年5月19日、パイレート・ベイの.seドメインは、スウェーデンの裁判所の取り決めに従って、使用不能の状態となった。[26][27]パイレート・ベイは6つの新たなドメインを追加して、これに対抗した。[28][29]
2015年5月26日、この取り決めに対して上訴が行われた。[30]

ウェブサイト[編集]

コンテンツ[編集]

  • 「オーディオ」「ビデオ」「ソフトウェア」「ゲーム」「ポルノ」「その他」の6つの項目に分かれている。

出典[編集]

  1. ^ Thepiratebay.se Site Info”. Alexa. 2015年9月1日閲覧。
  2. ^ How The Pirate Bay's Anti-Censorship 'PirateBrowser' Works”. Time. 2014年12月10日閲覧。
  3. ^ Two years and still going”. TPB Blog. 2008年9月29日閲覧。
  4. ^ Username: enigmax. “The Pirate Bay Trial: The Official Verdict – Guilty”. TorrentFreak. 2014年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月17日閲覧。
  5. ^ Prison terms of Pirate Bay executives' shortened” (2010年11月26日). 2010年11月26日閲覧。
  6. ^ Essers, Loek (2010年5月17日). “German Injunction Knocks The Pirate Bay Offline Temporarily”. PC World. 2012年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月18日閲覧。
  7. ^ Van Der Sar, Ernesto (2010年6月23日). “Pirate Bay's Founding Group 'Piratbyrån' Disbands”. TorrentFreak. 2014年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月24日閲覧。
  8. ^ Häyhtiö, Tapio; Rinne, Jarmo (2008). Net Working/Networking: Citizen Initiated Internet Politics. Tampere University Press. p. 344. ISBN 978-951-44-7464-4. https://books.google.com/books?id=29Ucv7BU_DYC. 
  9. ^ Goodin, Dan. “Wikileaks judge gets Pirate Bay treatment”. The Register. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月21日閲覧。
  10. ^ Van Der Sar, Ernesto (2011年5月23日). “Comcast Offers Help to The Pirate Bay, Problems Fixed”. TorrentFreak. オリジナル2014年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140422025341/https://torrentfreak.com/comcast-offers-help-to-the-pirate-bay-110512/ 
  11. ^ Aron, Jacob. “Pirate file-sharing goes 3D”. 2014年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月6日閲覧。
  12. ^ Targeted Domain: thepiratebay.org”. Transparency Report. Google. 2012年5月26日閲覧。
  13. ^ Bilton, Nick (2013年8月10日). “The Pirate Bay Offers Web Browser to Avoid Censorship”. The New York Times Blogs (NYT Company). オリジナル2013年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130811013642/http://bits.blogs.nytimes.com/2013/08/10/the-pirate-bay-offers-piratebrowser-to-avoid-censorship/ 2013年8月10日閲覧。 
  14. ^ Top Sites in: Torrent Directories and Trackers”. Alexa (2012年4月29日). 2012年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月14日閲覧。
  15. ^ Google Joins Piracy Purge, Pro-Pirate Bay Apps Booted From Play Store. Retrieved 9 December 2014.
  16. ^ Zetter, Kim (2014年12月9日). “Pirate Bay Has Been Raided and Taken Down: Here's What We Know”. Wired.com (Condé Nast Publications). http://www.wired.com/2014/12/pirate-bay-raided-taken-down/ 2014年12月9日閲覧。 
  17. ^ a b Username: Andy (2014年12月9日). “Swedish Police Raid The Pirate Bay, Site Offline”. TorrentFreak. 2014年12月9日閲覧。
  18. ^ Aguilar, Mario (2014年12月9日). “The Pirate Bay Raided By Police, Site Down”. Gizmodo. 2014年12月10日閲覧。
  19. ^ McCormick, Rich (2014年12月10日). “The Pirate Bay goes offline after police raid server room – File-sharing site's homepage is mirrored at Costa Rica URL”. The Verge. 2014年12月10日閲覧。
  20. ^ Barber, Elizabeth (2014年12月10日). “Pirate Bay Goes Offline After a Raid in Sweden”. Time. http://time.com/3627330/pirate-bay-offline-raid-sweden/ 2014年12月10日閲覧。 
  21. ^ Mazumdar, Tarun (2014年12月10日). “The Pirate Bay Is Down Worldwide: Swedish Police Seize TPB's Computers And Servers Plus Peter Sunde Speaks Out”. International Business Times. 2014年12月10日閲覧。
  22. ^ Van Der Sar, Ernesto. “EZTV slowly recovers from Swedish police raid”. 2014年12月11日閲覧。
  23. ^ Mazumdar, Tarum. “The Pirate Bay Remains Down While EZTV Recovers After The Police Raid In Nacka – Report”. International Business Times. 2014年12月12日閲覧。
  24. ^ Pirate Bay 'copy' goes online after shutdown”. BBC News. 2014年12月15日閲覧。
  25. ^ Pirate Bay revived by rival piracy site”. The Guardian. 2014年12月15日閲覧。
  26. ^ SE acquitted – domain names not to be forfeited by the foundation | .SE”. IIS.se (2015年5月19日). 2015年6月3日閲覧。
  27. ^ Griffin, Andrew (2015年5月19日). “Pirate Bay down: key domains seized, but site likely to pop back up again elsewhere”. The Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/pirate-bay-down-key-domains-seized-but-site-likely-to-pop-back-up-again-elsewhere-10261815.html 2015年5月20日閲覧。 
  28. ^ Pirate Bay seized by Swedish prosecutors and like the hydra it has spawned 6 new domains”. International Business Times (2015年5月20日). 2015年5月28日閲覧。
  29. ^ Van Der Sar, Ernesto (2015年5月19日). “Pirate Bay move to gs, la, vg, am, mn and gd domains”. TorrentFreak. https://torrentfreak.com/pirate-bay-moves-to-gs-la-vg-am-mn-and-gd-domains-150519/ 2015年5月20日閲覧。 
  30. ^ Larsson, Linus (2015年5月25日). “Domen om piratebay.se överklagas”. Dagens Nyheter. Bonnier ABs. 2015年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]