The Path

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

The Path(ザ・パス)は、ベルギーのTALE OF TALES社が製作した、童話赤頭巾をモチーフにした短編ホラーゲーム[1]

概要[編集]

森の中で病気で寝たきりの祖母の元に、都会に住む母が6人の娘を使いに出すというゲーム。 母は娘を送り出す時に、「道草をしてはいけませんよ。」と言い聞かせて使いに出す。 祖母の家への道はまっすぐで子供でも迷うことはないが、森の奥にはそれぞれの年頃の女の子が陥りやすい危険な誘惑(オオカミ)がいて、好奇心に負けて、言いつけにそむいて道草をするのを待っているという設定になっている[1]。 

ゲームの目的は、彼女たちがもし誘惑に負けてオオカミに遭遇してしまうとどのような結末をたどるのかを知ることである(ただし結末は象徴的で一義的なものではない。)[1]。 ゲームには時間制限はなく、倒すべき敵もおらず、謎解きの難易度は低い。そしてゲームには目的はあってもクリア条件は決まっておらず、母の言いつけどおり道草をせず祖母の家に行っても良いし、道草して象徴的なアイテムを集めて、オオカミに遭わずに祖母の家に行っても良く、不運にも深入りしすぎてオオカミに遭遇してもクリアとなる。途中で御遣いをあきらめて来た道に戻って、家に電話して帰っても(やり直ししても)構わないという自由が与えられている。 

登場人物[編集]

登場人物は6姉妹という設定になっている。

  • ロビン 9歳 赤いブーツに赤いフード付きのコートを着ている少女。
  • ローズ 11歳 黒いロングヘアで赤袖のついた黒のワンピースの少女。 
  • ジンジャー 13歳 黒のTシャツに赤いベルトの短パンの少女。 
  • ルビー 15歳 黒いロングヘアでなぜか足が義足という設定になっている。
  • カルメン 17歳 レオタードにスパッツ、ハイヒールの少女。
  • スカーレット 19歳 バンダナをつけて赤いケープをまとった、黒いシャツの少女。

受賞・ノミネート歴[編集]

  • 2008年 Independent Games Festival のビジュアルアート部門の優秀賞にノミネート[2]
  • 2010年 Bilbao, Spain's hóPLAY International Video Game Festivalのベストサウンド部門およびベストデザイン部門の両方を受賞[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c [1]
  2. ^ 2008 Independent Games Festival Winners”. The 11th Annual Independent Games Festival. Think Services (2008年). 2009年3月29日閲覧。
  3. ^ I Certamen Internacional de videojuegos hóPlay”. I Certamen Internacional de videojuegos hóPlay. Alhondiga Bilbao (2010年). 2010年9月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]