The Geographical Journal

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Geographical Journal 
略称 (ISO) Geogr. J.
学術分野 地理学
言語 英語
詳細
出版社 Wiley-Blackwell/王立地理学会
出版国 イギリスの旗 イギリス
出版歴 1831年 - 現在
出版間隔 季刊
インパクトファクター 1.925(2011年)
分類
ISSN 0016-7398 (印刷物用)
1475-4959 (ウェブ用)
OCLC 781786946
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

The Geographical Journal(ザ・ジオグラフィカル・ジャーナル、地理学雑誌)は、イギリス王立地理学会が発行する季刊査読付き学術雑誌。地理学の全分野における研究論文を掲載し、短報や研究レビューも収録している。2001年以降、Wiley-Blackwellとの共同発行となる。

1831年に創刊。2000年までは、論文記事だけでなく学会ニュース記事も掲載していた。年次総会の議事録と会長演説は、継続して毎年9月に掲載している。

評価[編集]

イギリス最古の地理学会の雑誌であるが、掲載論文の多くがThe Geographical Journalの論文を引用しており、他の雑誌から孤立気味である[1]。イギリスの地理学者にとって、The Geographical Journalは6番目に多く引用する雑誌であるが、自身の最良の研究はTransactions of the Institute of British Geographersに投稿する傾向がある[2]

アメリカ合衆国の地理学者にも知られた雑誌である[3]。日本では、辻村太郎が「その終始一貫した地味な編輯態度には,同じ青表紙を決して変えない頑固さとともに,容易に真似ることができない自信のほどが窺われ,エヴェレスト登山や南極探検などに,後援を惜まない組織力にも,学ぶべきものが多いように思う。」と編集姿勢と学会を称賛している[4]

脚注[編集]

  1. ^ ジョンストン(2002):20 - 23ページ
  2. ^ ジョンストン(2002):27ページ
  3. ^ ジョンストン(2002):26ページ
  4. ^ 辻村(1954):79ページ

参考文献[編集]

  • 辻村太郎(1954)"外国地理学の現状"地學雜誌(東京地学協会63(3):183-188.
  • ロン・J・ジョンストン(Ron Johnston)『場所をめぐる問題―人文地理学の再構築のために―』大学の地理学、竹内啓一 監訳、高田普久男 訳、古今書院、2002年2月20日、290p. ISBN 4-7722-7000-0

外部リンク[編集]