ボツワナ民主運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボツワナ民主運動(ボツワナみんしゅうんどう、英語: The Botswana Movement for Democracy、略称BMD)はボツワナ共和国政党である。リーダーBotsalo Ntuane、スポークスマンは弁護士のSydney Pilane。同党は2010年7月ボツワナ民主党から党首のイアン・カーマ大統領の方針に異を唱えた4名の国会議員が離脱し結成された[1]。1966年に同国がイギリスから独立して以来第一党であったボツワナ民主党から初めて分裂した政党である[2] 。国会議員が離党し結成されたため同党は現在国会にBotsalo Ntuane、Wynter Mmolotsi、Gilbert Mangole、Guma Moyoの4議席を有している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]