Ten (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ten
パール・ジャムスタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年3月27日 - 1991年4月26日
ロンドン・ブリッジ・スタジオ
Seattle, Washington
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル Epic
プロデュース リック・パラシャー
パール・ジャム
専門評論家によるレビュー
パール・ジャム アルバム 年表
Ten
(1991年)
Vs.
(1993年)
ミュージックビデオ
「Even Flow」 - YouTube
「Alive」 - YouTube
「Jeremy」 - YouTube
「Oceans」 - YouTube
テンプレートを表示

Ten』は、アメリカ合衆国のロック・バンド、パール・ジャム1991年に発表したデビュー・アルバム。全米Billboard 200では最高2位、全英では最高18位を記録した。本作は2013年2月にニールセン・サウンドスキャン調べでアメリカにおける累計販売枚数が1000万枚に到達した[1](ただし、RIAAでは2009年3月31日に1300万枚に相当するマルチプラチナム×13[2]に認定している)。

また、2009年3月24日にはリマスター、ブレンダン・オブライエンによるリミックスが行われ、ボーナストラックが追加されて再発売された[3]

経緯[編集]

1991年、シアトルにあるロンドン・ブリッジ・スタジオにて約1か月あまりで録音された。プロデューサーは、リック・パラシャー。発売当初、チャート・アクションは芳しくなかったが、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』が大ヒットし、同郷のパール・ジャムにも注目が集まり、徐々にチャートを上げ、1年をかけて全米2位を記録した。このアルバムのドラマー、デイヴ・クルーセンは、アルバム発売前に脱退。

「ジェレミー」は、ある少年が教室で拳銃自殺してしまったという記事をエディ・ヴェダーが読んだのが切っ掛けで、それを彼のクラスメイトが虐められていたという記憶に結びつけて書き上げられた曲である。

評価[編集]

結成してすぐのレコーディングだったため、完成度は低いという評価もある。サウンドに大きな特徴はないものの、近親相姦関係に悩む男がやがて幼女を狙う殺人鬼と化し、死刑にされるまでを描いたとされる三部作、前述の「ブラック」などに早くもヴェダーが頭角を現している。

デビュー・アルバムとしては驚異的な売り上げを記録したにも関わらず、当時の日本では「のっぺりしている」「メリハリがない」「従来のヘヴィ・ロックとの差異がみうけられない」といった批評をうけた。以降、日本における評価が確立するまで時間を要した。

ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」に於いて、それぞれ209位[4]と46位[5]にランクイン。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.OnceVedderGossard
2.Even FlowVedderGossard
3.AliveVedderGossard
4.「Why Go」VedderAment
5.BlackVedderGossard
6.JeremyVedderAment
7.OceansVedderVedder, Gossard, Ament
8.「Porch」VedderVedder
9.「Garden」VedderGossard, Ament
10.「Deep」VedderGossard, Ament
11.「Release」VedderAment, Gossard, Krusen, McCready, Vedder
Rceorded at London Bridge Studio - Seattle, Washington
Produced by: Rick Parashar
UK/German bonus tracks
#タイトル作詞作曲時間
12.「Alive」(live)VedderGossard
13.「Wash」VedderAment, Gossard, Krusen, McCready, Vedder
14.「Dirty Frank」VedderAbbruzzese, Ament, Gossard, McCready
ライブ録音日:1991年8月3日、ワシントン州シアトル RKCNDY
Japanese bonus tracks
#タイトル作詞・作曲時間
12.I've Got a Feeling(ザ・ビートルズのカバー)Lennon/McCartney
13.「Master/Slave」 
Reissue bonus tracks
#タイトル作詞作曲時間
12.BrotherVedderGossard
13.「Just a Girl」VedderGossard
14.Breath and a ScreamVedderGossard
15.State of Love and TrustVedderMcCready, Ament
16.「2,000 Mile Blues」VedderAment, McCready, Krusen
17.「Evil Little Goat」VedderAment, Gossard, Krusen, McCready, Vedder
Remixed by Brendan O'Brien
iTunes reissue bonus tracks
#タイトル作詞作曲時間
18.「Why Go」(live at The Academy Theater)VedderAment
19.「Even Flow」(live at The Academy Theater)VedderGossard
20.「Alone」(live at The Academy Theater)VedderAbbruzzese, Ament, Gossard, McCready, Vedder
21.「Garden」(live at The Academy Theater)VedderGossard, Ament
ライブ録音日:1992年12月31日、ニューヨーク州ニューヨーク The Academy Theater

レコーディング・メンバー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

  • Lance Mercer (Photos)
  • Steve Pitstick (Additional Art)
  • Lisa Sparagano, Risa Zaitschek (Design)

脚注[編集]