Template:Yesno

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

{{Yesno}}は入力引数によってyesまたはnoを出力するテンプレートです。記事の本文では使われず、複雑なテンプレートを作成するときに使います。

使い方

このテンプレートは1つ目の名無し引数を5種類に分けます。いずれも大文字・小文字を区別しません。

  1. はい(Yes): Yesytrue、and 1。例:{{Yesno|yEs}}
  2. いいえ(No): Nonfalse0。例:{{Yesno|nO}}
  3. 空白: 引数が入力されているが空白文字しかない場合。例:{{Yesno|}}{{Yesno| }}
  4. 否定: 引数が¬か、入力されなかった場合。例:{{Yesno|¬}}{{Yesno}}
  5. それ以外: 例:{{Yesno|Purple monkey dish washer}}

このテンプレートは上記の1番目と5番目でyesを返し、2から4番目でnoを返します。

下記のテンプレートも似たような効果ですが、一部Two short-hand templates for the most common uses that override the default behavior:

  • {{yesno-yes}}または{{YesNo-Yes}} – 上記の2番目でのみnoを返し、それ以外はyesを返します。
  • {{yesno-no}}または{{YesNo-No}} – 上記の1番目でのみyesを返し、それ以外はnoを返します。

出力のカスタマイズ

テンプレートの返り値は|yes=|no=|blank=|¬=|def=の5引数で変更できます。

  1. はい(Yes):|yes=引数で指定できます。例:
    • {{yesno|y|yes=Yeah}}の出力:"Yeah"
    • {{yesno|y|yes=bacon}}の出力:"bacon"
  2. いいえ(No):|no=引数で指定できます。例:
    • {{yesno|n|no=Nay}}の出力:"Nay"
    • {{yesno|n|no=ham}}の出力:"ham"
  3. 空白:|blank=または|no=引数で指定できます。例:
    • {{yesno|blank=eggs}}の出力:"eggs"
    • {{yesno|no=ham}}の出力:"ham"
    • {{yesno|blank=eggs|no=ham}}の出力:"eggs"
  4. 否定:|¬=引数で指定できます。例:
    • {{yesno|¬|¬=sausage}}の出力:"sausage"
  5. それ以外:|def=または|yes=引数で指定できます。例:
    • {{yesno|purple monkey dish washer|def=cup of tea}}の出力:"cup of tea"
    • {{yesno|purple monkey dish washer|yes=bacon}}の出力:"bacon"
    • {{yesno|purple monkey dish washer|def=cup of tea|yes=bacon}}の出力:"cup of tea"

なお、引数に空白を指定した場合と引数を指定しなかった場合は違う出力になります。引数に空白を指定することはテンプレートがなにも返さないという指定ですが、引数を指定しないことは既定の出力を返すという指定です。例:

  • {{yesno|purple monkey dish washer}}の出力:"yes"
  • {{yesno|purple monkey dish washer|def=}}の出力:""(空白)

関連項目

  • Module:yesno
  • {{Yesno2}} – Yesnoより遅いが、<ref>タグが引数に含まれた場合でも正しく出力できます