Template:Uses TemplateStyles

ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

このテンプレートは、TemplateStyles(テンプレートスタイル)を使用するテンプレートであることを示すために用います。利用先テンプレートの解説サブページ (/doc) の先頭にこのテンプレートを置いてください。利用先テンプレートは自動的に、Category:テンプレートスタイルを利用するテンプレートまたは、そのサブカテゴリに追加されます。


使い方[編集]

基本形
{{Uses TemplateStyles|TemplateStylesのページ名}}
全ての引数を使用する場合
{{Uses TemplateStyles|TemplateStylesのページ名1|TemplateStylesのページ名2|TemplateStylesのページ名3|...|category=特定のカテゴリ名|nocat=true}}

第一引数(TemplateStylesのページ名)は必須パラメータです。

TemplateStylesのサンドボックス[編集]

TemplateStylesのサンドボックス版が存在する場合はサンドボックス版へのリンクも表示されます。たとえば、Template:Foo/styles.cssというTemplateStyleの場合、サンドボックス版のページ名はTemplate:Foo/sandbox/styles.cssであり、このページが存在する場合はリンクが表示されます。

使用例[編集]

CSSページを1つ指定した場合[編集]

{{Uses TemplateStyles|Template:Arrowlist/styles.css}}

CSSページを2つ指定した場合[編集]

{{Uses TemplateStyles|Template:Arrowlist/styles.css|Template:Routemap/styles.css}}

サンドボックス版が存在する場合[編集]

{{Uses TemplateStyles|Template:Uses TemplateStyles/example.css}}

CSSページを指定しなかった場合[編集]

{{Uses TemplateStyles}}

カテゴリ[編集]

追跡カテゴリ[編集]

テンプレート名前空間にあるページでこのテンプレートが使用され、かつ/doc、/sandbox、/sandbox2、/testcasesサブページではない場合はCategory:テンプレートスタイルを利用するテンプレートに追加されます。追加するカテゴリを変更する場合は|category=引数で指定できます。

エラーカテゴリ[編集]

TemplateStyleのページ名を指定しなかった場合はCategory:テンプレート呼び出しエラーのあるページ/Template:Uses TemplateStylesに追加されます。

保護レベルのカテゴリ[編集]

TemplateStylesとそれを使用しているテンプレートの保護レベルは同じであるべきです。保護レベルが違う場合はCategory:異なる保護レベルがあるテンプレートスタイル使用テンプレートに追加されます。

カテゴリの抑制[編集]

|nocat=true(yes、y、1と指定しても可)と指定することで、追跡カテゴリに追加されなくなります。

関連項目[編集]