Template:Graph:Map

テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

このテンプレートは、指定領域(国)を色調表示する階級区分地図を作成するために使用されます。表示には時間が掛かるので注意。

使い方[編集]

{{Graph:Map|引数}}

使用例[編集]

コード(スケール50で、日本を赤色、米国を緑色に着色)

{{Graph:Map|scale=50|US=green|JP=red}}

表示例
コード(各国の数値に合わせて色分け。数値が無指定国は青色)

{{Graph:Map |scale=80 |colorScale=category10 |domainMin=1 |domainMax=100 |scaleType=log |defaultValue= |legend=yes|AF=2 |AR=11 |AU=129 |CA=3104 |US=235 |JP = 100}}

表示例

注:凡例は有無だけで位置は指定できないので工夫が必要。

凡例部の代替表示例 (infoboxを利用)

{{infobox |image={{Graph:Map | scale = 50 | colorScale = category10 | domainMin = 0 | domainMax = 100 | AF=98.1 | AL=31.5 | JP=92 | AS=95 | AO=96.1 | AT=5.8 | AZ=96.9 | BS=0.2 | BH=81.2 | BD=93.2 | BE=22.6 | BJ=95.5 | BA=41.6 | BN=51.9 | BG=13.4 | BF=85.1 | BI=19.3 | CM=94.9 | CA=31.9 }} |image2={{Graph:Map | scale = 0 | colorScale = category10 | domainMin = 0 | domainMax = 100 | legend = yes | AF=99 }} |caption2=割合}}

引数[編集]

  • basemap - ベースマップを設定します。マップの定義はTopoJSON形式となっている必要があり、ウィキペディアに保存されている場合は、このテンプレートで使用できます。

Worldmap2c-jsonのような既定ディレクトリであるSpecial:Prefixindex / Template:Graph:Map / Interior /内のマップは、移植性を高めるためにModule:Graph /プレフィックスを省略して、ファイル名でのみ参照すべきです。(リンクは次のスキーム://en.wikipedia.org/w/index.php?title=mapname&action=raw に従う必要があります。つまり、先頭にhttp / sを使用せず、末尾にaction = rawをつけて生コンテンツのみをフェッチする相対プロトコルです)。リンクの安定性、パフォーマンス、セキュリティのために、外部サイトのマップへのURLは避ける必要があり、ソフトウェアまたはブラウザによってブロックされるとことがあります。

  • scale - 地図の倍率(既定値:100。値が小さいと地図も小さくなる)
  • projection - 使用する地図投影. githubでリストされる値(mercator、conicEqualArea、azimuthalEqualArea、albers、transverseMercator、stereographic など)をサポートします。既定値は正距円筒図法を表すequirectangularです。
  • center - 地図の中心(マップデータでは、倍率フィールド(?)の両コンマ区切り値に対応します)注:未動作?
  • feature - 表示する地形オブジェクトを指定(地図データでは、オブジェクトフィールド下のフィールド名に対応)。既定値はcountriesです。
  • 地形エンティティのId - 引数名はbasemapとfeatureにより異なります。既定値の世界地図の場合

IDはISO国コード(ISO 3166-1)です。地形エンティティにデータを設定する場合、値は色名または数値のいずれかになります。

カテゴリ[編集]

このテンプレートが貼り付けられたページに適用するカテゴリはありません

テンプレートデータ[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Graph:Map

関連項目[編集]