Template:Enlink

ナビゲーションに移動 検索に移動

 ([[:en:{{{1}}}|{{{1}}}]]) 

テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

英語版のリンクを、小さな()内で収める。赤リンクの対処には{{仮リンク}}のほうがよく使われる。仮リンクではかつては日本語版にページが存在するとき、外国版へのリンクが消えてしまっていたが現在ではpreserve=1を追加することでリンクを残すことができるようになっている。

使い方[編集]

{{enlink|1.呼び出したい他言語版の単語|2.表示させる言葉(1で良ければ空欄)|3.言語の指示}}

1. 単純に英語の記事名を入れる場合[編集]

2. 記事名とリンク名を変えたい場合[編集]

3. 他の言語版リンク+英語の言語リンク明示[編集]

ドイツ語版の場合
  • 記述例: ヴェルグルの実験{{enlink|Wörgl#Wörgler Geldexperiment|Wörgler Geldexperiment|de}}
  • 結果: ヴェルグルの実験 (de:Wörgler Geldexperiment)
中国語版の場合
  • 記述例: 自転車{{enlink|自行车||zh}}  (「车」はシステムによっては文字化けする。)
  • 結果: 自転車 (zh:自行车
英語版であることを明示したい場合

4. オプション[編集]

語を省略する…a (abbreviation) オプション
  • (例){{enlink|Red Hand Day|a=on}}
    • (結果) (en
カッコと前後の空白を省略する…p (parentheses) オプション
  • (例){{enlink|Red Hand Day|p=off}}
斜体で表示する…i (Italic) オプション
  • (例){{enlink|Red Hand Day|i=on}}
  • (例){{enlink|Österreich||de|i=on}}
文字を縮小しない…s (small) オプション
  • (例){{enlink|Red Hand Day|s=off}}
無指定の場合、a=off, p=on, i=off, s=on となる。
  • (例){{enlink|Red Hand Day}}

これまで存在した問題[編集]

特に、他言語版からの翻訳時、日本語で赤リンクが多く発生した。その際に、今まで、その単語が何を指しているのか分からないまま放置されたり、調べるにも、それなりの労力を使う必要があり、本当にその単語が正しい単語なのか、実質半信半疑のまま読み進めなければいけないことが多かった。

たとえば、以下のような文があったとする(創作したものである)。

このように、単語が赤リンクになった途端、まったく調べる術を失ってしまい、専門用語人名地名などが、何か分からない、本当にその単語が正しい用語なのか簡単に確かめられないという問題は、記事が増えるたびに常に存在する。

テンプレートによる解決方法[編集]

このテンプレートでは、下記の状態を作りやすいように試みた。上記の例で言えば、

となる。

これにより、読者に

  1. その単語が分からなくても、英語版を通じて、記事の存在を確かめる術が手に入る
  2. 本当にその単語が正しいのかを、検索や事典、専門書などで検証することが出来る
    • 間違った単語が放置されることを予防、修正しやすくなる
  3. まだ日本語版の記事が無い赤リンクの単語を調べたいときに、英語版の資源を活用することが出来る[1]
  4. 翻訳が出来るまたは専門性を持った利用者に対し、興味ある記事に出てくる、赤リンクを翻訳する注意を惹きやすくなる

など、読者の検証可能性を高めることができる。

また、文字サイズを小さくしたことで、出来るだけ読みやすく、記事の可読性を出来るだけ損なわないように配慮した。

脚注[編集]

  1. ^ ほとんどの日本語話者が、日本の学校などで英語教育を受け、英和辞典などの辞書を使えることを前提としている。

関連項目[編集]

  • {{仮リンク}} - 赤リンクと他言語版へのリンクを表示するテンプレート。リンク先が存在する場合でもpreserve引数を指定することで他言語版へのリンクを強制表示できる。