この影響が特に大きいテンプレートは、荒らしを予防するために無期限に編集半保護されています。

Template:Coord

Jump to navigation Jump to search
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

クイック解説
記事の右上に 北緯57度18分22.5秒 西経4度27分32.7秒 / 北緯57.306250度 西経4.459083度 / 57.306250; -4.459083 と加えたい場合

○度○分○秒形式のデータを持っている場合は次のように記入します

{{Coord|57|18|22.5|N|4|27|32.7|W|display=title}}

10進数形式のデータを持っている場合は

{{Coord|57.30625|-4.459083|format=dms|display=title}}

と記入します。場所は記事の最後、デフォルトソートのすぐ上に記入します。

座標オプションを付加できます。アンダースコア ("_")で区切ります。
  • dim: dim:N (表示範囲を直径(単位:メートル)で指定)
  • region: region:R (地域をISO 3166-1 alpha-2またはISO 3166-2で指定)
  • type: type:T (種別を指定、landmarkcity(30,000) など)
  • scale: scale:S (縮尺を指定、500、50000 など)

他のオプションも付加できます。パイプ ("|")で区切ります

  • display
    display=inline (デフォルト) 本文内に座標を表示
    display=title 記事の右上に座標を表示
    display=inline,title 本文内と記事の右上、両方に座標を表示
  • name
    name=X 地図上での表示名を指定 (デフォルトはPAGENAME)

これら各種オプションを指定すると以下のようになります。

{{Coord|57|18|22.5|N|4|27|32.7|W|dim:30_region:US-WI_type:event
|display=inline,title|name=事故現場}}
以下の解説が利用できます

地図座標の表示およびナビゲーションページへの誘導のためのテンプレートです。{{ウィキ座標}}と同じ働きをしますが、指定できるオプションが多少異なります。英語版と完全互換仕様かつ多数の言語版で使用されているため、他言語版からの翻訳転記の際もそのまま使用できます。座標を調べる方法についてはWikipedia:緯度・経度の調べ方をご覧下さい。また、具体的な使用方法に付いては以下の解説をご覧下さい。

表示

基礎情報テンプレート内など横幅が狭い場所に配置した場合、緯度と経度の間で自動的に改行されます。表示は{{ウィキ座標2段度分秒}}と同様になります。

テンプレート 座標表示 (幅13em)
{{Coord}} 北緯43度29分4.5秒 西経79度23分0.5秒 / 北緯43.484583度 西経79.383472度 / 43.484583; -79.383472
{{ウィキ座標2段度分秒}} 北緯43度29分4.5秒
西経79度23分0.5秒
{{ウィキ座標度分秒}} 北緯43度29分4.5秒西経79度23分0.5秒

様々な使用例

{{coord|43.651234|-79.383333}} 北緯43度39分04秒 西経79度23分00秒 / 北緯43.651234度 西経79.383333度 / 43.651234; -79.383333 トロント - 厳密で精度の高い10進法表記 - 北緯と西経
{{coord|43.65|-79.38}} 北緯43度39分 西経79度23分 / 北緯43.65度 西経79.38度 / 43.65; -79.38 トロント - 省略的で精度の低い10進法表記
{{coord|43.6500|-79.3800}} 北緯43度39分00秒 西経79度22分48秒 / 北緯43.6500度 西経79.3800度 / 43.6500; -79.3800 トロント - 末尾にゼロを付けた中位の精度
{{coord|43.651234|N|79.383333|W}} 北緯43度39分04秒 西経79度23分00秒 / 北緯43.651234度 西経79.383333度 / 43.651234; -79.383333 トロント - 方位(東西南北)のアルファベットを明記した10進法表記
{{coord|43|29|N|79|23|W}} 北緯43度29分 西経79度23分 / 北緯43.483度 西経79.383度 / 43.483; -79.383 トロント - 度分
{{coord|43|29|4|N|79|23|0|W}} 北緯43度29分4秒 西経79度23分0秒 / 北緯43.48444度 西経79.38333度 / 43.48444; -79.38333 トロント - 度分秒
{{coord|43|29|4|N|79|23|0|W|notes=<ref>脚註も付けられます</ref>}} 北緯43度29分4秒 西経79度23分0秒 / 北緯43.48444度 西経79.38333度 / 43.48444; -79.38333[1] トロント - 度分秒 脚註付き
{{coord|43|29|4.5|N|79|23|0.5|W}} 北緯43度29分4.5秒 西経79度23分0.5秒 / 北緯43.484583度 西経79.383472度 / 43.484583; -79.383472 トロント - 度と分と端数付き秒
{{coord|55.752222|N|37.615556|E}} 北緯55度45分08秒 東経37度36分56秒 / 北緯55.752222度 東経37.615556度 / 55.752222; 37.615556 モスクワ - 北緯と東経
{{coord|55.752222|N|37.615556|E|format=dms}} 北緯55度45分08秒 東経37度36分56秒 / 北緯55.752222度 東経37.615556度 / 55.752222; 37.615556 度分秒方式へ変換
{{coord|39.098095|-94.587307|format=dms}} 北緯39度05分53秒 西経94度35分14秒 / 北緯39.098095度 西経94.587307度 / 39.098095; -94.587307 方位(東西南北)のアルファベットを明記しない度分秒方式への変換
{{coord|55.752222|N|37.615556|E|​format=dec|name=モスクワ}} 北緯55度45分08秒 東経37度36分56秒 / 北緯55.752222度 東経37.615556度 / 55.752222; 37.615556 (モスクワ) 度分秒方式への変換と地図上のラベル名表記
{{coord|33|55|S|18|25|E}} 南緯33度55分 東経18度25分 / 南緯33.917度 東経18.417度 / -33.917; 18.417 ケープタウン - 南緯と東経
{{coord|35|00|N|105|00|E}} 北緯35度00分 東経105度00分 / 北緯35.000度 東経105.000度 / 35.000; 105.000 中華人民共和国
{{coord|22|54|30|S|43|14|37|W}} 南緯22度54分30秒 西経43度14分37秒 / 南緯22.90833度 西経43.24361度 / -22.90833; -43.24361 リオデジャネイロ - 南緯と西経
{{coord|22|S|43|W}} 南緯22度 西経43度 / 南緯22度 西経43度 / -22; -43 緯線と経線の交差点
{{coord|52|28|59|N|1|53|37|W|​display=inline,title|region:GB_type:city}} 北緯52度28分59秒 西経1度53分37秒 / 北緯52.48306度 西経1.89361度 / 52.48306; -1.89361座標: 北緯52度28分59秒 西経1度53分37秒 / 北緯52.48306度 西経1.89361度 / 52.48306; -1.89361 バーミンガム - 地域コードと倍率のパラメータを設定
{{coord|0|40|26.69|N|23|28|22.69|E|globe:moon_type:landmark}} 北緯0度40分26.69秒 東経23度28分22.69秒 / 北緯0.6740806度 東経23.4729694度 / 0.6740806; 23.4729694 月におけるアポロ11号の着陸地点
{{coord|22.697|N|48.222|W|globe:mars_type:landmark}} 北緯22度41分49秒 西経48度13分19秒 / 北緯22.697度 西経48.222度 / 22.697; -48.222 火星内の地点
{{coord|5|S|351|E|globe:venus_type:landmark}} 南緯5度 東経351度 / 南緯5度 東経351度 / -5; 351 金星内の地点

エラー用カテゴリ

TemplateData

このテンプレートでは引数の長さや種類が変化するためビジュアルエディターとの相性が良くありません。

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Coord

これは地図座標の表示およびナビゲーションページへの誘導のためのテンプレートです。引数の長さや種類が変化するため、ビジュアルエディターとの相性が良くありません。詳しくはテンプレートページ Template:Coord の解説をお読みください。

テンプレート引数

引数説明状態
11

緯度度、符号付き10進法表記の緯度、または10進法表記の緯度。

数値必須
22

緯度分、符号付き10進法表記の経度、または N か S。

文字列必須
33

緯度秒、経度度、10進法表記の経度、N か S、または座標オプション。

文字列省略可能
44

N か S、E か W、経度度、または座標オプション。

文字列省略可能
55

経度度、経度分、または座標オプション。

文字列省略可能
66

経度分、E か W、または座標オプション。

文字列省略可能
77

経度秒、または座標オプション。

文字列省略可能
88

E か W。

文字列省略可能
99

座標オプション。(例) dim:30_region:US-WI_type:event

文字列省略可能
Displaydisplay

座標の表示位置。'inline' は本文内。'title' は記事の右上。'inline,title' は本文内と記事の右上、両方に。

既定
inline
文字列省略可能
Namename

地図上での表示名を指定 (デフォルトはPAGENAME)

文字列省略可能
Notesnotes

座標の直ぐ後にテキストを表示します。

文字列省略可能
Formatformat

表示書式を変更します。'dec' は10進法表記、'dms' は度分秒表記。

文字列省略可能

脚註

  1. ^ 脚註も付けられます