Template:Col-float-end

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

CSSのfloat要素で段組みを表示します。

HTML <table>と異なり、複数の環境に対応しており、並列に見せるために幅を小さくして折りたたみます。

パラメータ[編集]

全て入力は任意で {{Col-float}}/{{Start col-float}}と、|firstcol=以外は{{Col-float-break}}/{{Break col-float}}で使用することができます。

  • firstcol (Col-floatやStartでのみ)
  • nextcol
  • width
次の段の幅(Col-float/Startでは最初の段の幅)。IE系ブラウザではwidthの指定は必須で規定値は30.0em。
class 
CSSのクラスを使ってスタイルを指定
style 
追加のCSSスタイル要素

{{Col-float}}は番号パラメータを使用することができる(例として|1=を最初の段に|2=を2番目の段というふうに)。ただし、2番目以降は<nowiki/>を指定して改行する必要がある。さらに表では{{!}}を使用する必要がある。

使用例[編集]

{{Col-float-break}}を使用[編集]

1段目
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
2段目
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
{{col-float}}
;1段目
* 1
* 2
* 3
* 4
* 5
* 6
* 7
{{col-float-break}}
;2段目
* 8
* 9
* 10
* 11
* 12
* 13
* 14
{{col-float-end}}

番号パラメータを使用[編集]

1段目
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
2段目
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
{{col-float
|1=
;1段目
* 1
* 2
* 3
* 4
* 5
* 6
* 7
|2=<nowiki/>
;2段目
* 8
* 9
* 10
* 11
* 12
* 13
* 14
}}

関連項目[編集]

段組みテンプレート[編集]

テンプレート群 種類
ウィキテーブル
コードを処理するか?dagger
最初 段組み分け 最後
"Col" Table Green tickY {{Col-begin}}
もしくは{{Col-begin-small}}
{{Col-break}}
{{Col-2}} .. {{Col-5}}
{{Col-end}}
"Columns" Table {{Columns}}
"Multicol" Table Green tickY {{Multicol}} {{Multicol-break}} {{Multicol-end}}
"Col-float" CSS float Green tickY {{Col-float}} {{Col-float-break}} {{Col-float-end}}
"Columns-start" CSS float Green tickY {{Columns-start}} {{Column}} {{Columns-end}}
"Div col" CSS columns Green tickY {{Div col}}
– {{Columns-list}} (ラッパー化)
{{No col break}} {{Div col end}}

dagger すなわち、ウィキマークアップ {| | || |- |}を使っての表作成を処理できるかどうか?もし処理できない場合、 {{(!}}, {{!}}, {{!!}}, {{!-}}, {{!)}}といった要素か、HTMLタグ (<table>...</table>, <tr>...</tr>など)を使用したテンプレートということになる。