Template:Cite court

ナビゲーションに移動 検索に移動

.

テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

このテンプレートは法や裁判に関する記事において、判例引用が行われた場合使用する引用テンプレートです。主に英語版などからの翻訳時に使用することを想定しています。判例引用とは、コモン・ローの法体系下にある裁判所にて、裁判官が「意見」("opinion")を述べる際に別の事件の判例を引用することを指します。

使い方[編集]

以下の節「引数」にある空白バージョンの雛形をコピーし利用してください。フィールド名は全て小文字書かなければなりません(フィールドの内容はそうとは限りません)。またこのテンプレートでは全てのフィールドはオプションです(従ってフィールド内容が無記入もしくは不要なフィールドを削除できます)。しかしながら、今後テンプレートの使用状況により変化する可能性もあります。

引数[編集]

横書き
{{cite court |litigants= |vol= |reporter= |opinion= |pinpoint= |court= |date= |url= |quote=}}
縦書き
{{cite court
|litigants=
|vol=
|reporter=
|opinion=
|pinpoint=
|court=
|date=
|url=
|quote=
}}

[編集]

  • {{cite court |litigants=Parker v. D.C. |vol=478 |reporter=F.3d |opinion=370 |pinpoint=401 |court=D.C. Cir. |date=2007 |url=http://pacer.cadc.uscourts.gov/docs/common/opinions/200703/04-7041a.pdf |quote=As such, we hold it unconstitutional.}}
  • Parker v. D.C., 478 F.3d 370, 401 (D.C. Cir. 2007) (“As such, we hold it unconstitutional.”).
  • {{cite court |litigants=甲対乙事件 |vol=999 |reporter=最高裁判所民事判例集 |opinion=999 |pinpoint=999 |court=最高裁判所大法廷 |date=20xx |url=http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20xxxxxxxxxxxx.pdf |quote=原判決を破棄し本件を△△地方裁判所に差し戻す。}}
  • 甲対乙事件, 999 最高裁判所民事判例集 999, 999 (最高裁判所大法廷 20xx) (“原判決を破棄し本件を△△地方裁判所に差し戻す。”).

フィールドの説明[編集]

全てのフィールドはオプションです!

litigants
訴訟記録英語版に残る事件名(「裁判当事者名の一覧」"List of litigants")を書いてください。例: ミランダ対アリゾナ事件、Miranda v. Arizona もしフィールド内容の文字列と完全に一致する名前を持つウィキペディアの記事が存在すれば自動的にリンクが作成されます。もし記事が存在するが別の名前を表示したい場合、代わりに次のようにウィキリンクを指定することができます。例: [[判例記事|甲対乙事件]] 注意: このフィールドも省略可能ですが、実際に省略するのは好ましくありません。
vol
判例集Law report)や裁判集の巻数を書いてください。
reporter
引用に用いた判例集または裁判集を書いてください。略語は全ての裁判所書記官が理解でき得るものを使用してください。例: "U.S." - 合衆国最高裁判所判例集英語版(U.S. Supreme Court's "United States Reports")、民集(最高裁判所民事判例集)巻xx
opinion
裁判官の司法(参考)意見(Judicial opinion)、法の参考意見英語版など意見があった場合、その「オピニオン・ナンバー」("Opinion number"、「意見番号」)を書いてください。これはしばしば判例集の頁数です。
pinpoint
特定引用(ピンポイント・サイテーション)。裁判に対する特定箇所を指定します。一般的には頁数や段落番号です。
court
引用にある裁判所とその法廷名を書きます。例: "3d Cir.英語版"(第3連邦巡回控訴裁判所、サード・サーキット), "M.D. Ala.英語版"、最高裁判所大法廷 courtを指定する場合はそれに従ってdateを指定しなければなりません。注意: このフィールドも省略可能ですが、実際に省略するのは好ましくありません。
date
法廷が裁判をした年または年月日を書いてください。
url
判例に関する情報を記したウェブサイトまたはオンライン上の記事が存在すればそのURLを記入します。例えば合衆国最高裁判所の判例において、FindLawのURLを指定する場合、http://caselaw.lp.findlaw.com/scripts/getcase.pl?navby=CASE&court=US&vol={{{vol}}}&page={{{page}}}となります。

カテゴリ[編集]

このテンプレートが貼り付けられたページに適用するカテゴリはありません

関連項目[編集]