TV FUN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TV FUN(テレビ ファン)は、トミー工業(現・タカラトミー)が発売していた家庭向けテレビゲームシリーズ。

概要[編集]

トミー工業が1970年代に発売していた第一世代のテレビゲームシリーズ。ハードウェアは全て沖電気との共同開発。

同時期にテレビゲームシリーズを展開していたバンダイの「TV JACK」とは、一部で同じLSIチップの供給を受けており、その為ゲーム内容が重複するモデルが存在する。

製品ラインナップ[編集]

TV FUN 301
専門誌やカタログなどで告知されていたが、実際には発売されなかったモデル。予定価格22,000円。同型機種がその後、日幸信販より「テレビゲームModel213V」として販売された。
TV FUN 401
1977年発売。本体価格18,000円。木目調の筐体にモノクロで4種類のゲームを内蔵。18,000円の価格設定は、発売当時では最も廉価なゲーム機となった。[要出典]LSIはゼネラル・インスツルメンツ社のAY-3-8500-1を使用。
TV FUN 501
1977年発売。本体価格12,000円。カラーで3種類のゲームを内蔵。ラケットの大きさを3段階で変更可能。ACアダプタを標準添付させることで乾電池を不要とした。LSIはナショナル・セミコンダクター社のMM57100を使用。
TV FUN 601
1977年9月発売。本体価格9,800円。TV FUN 501の機能をそのままに、本体を小型化させて1万円を切る価格設定でリニューアルした製品。色違いで茶色と白の2種類の本体がある[1]井村屋のキャンペーン景品としても使用された。
TV FUN 602
1977年9月発売。本体価格12,800円。TV FUN 601の姉妹機で、ダブルスを増やして内蔵ゲームを6種類とし、本体直付けのパドル2つの他に外付けの2つのパドルを付けて4人プレイを可能とした。後期モデルは本体の形状を変更してTV FUN 601と異なるデザインとなっている。
TV FUN 701
1977年9月発売。本体価格16,000円。グリッドボールやバスケットボールを加えてカラーで8種類のボールゲームを内蔵。コントローラに8方向のアナログスティックを採用し、ラケットが8方向に動かせるようになっている。LSIはゼネラル・インスツルメンツ社のAY-3-8600-1を使用しており、同じLSIを使用したバンダイの「TV JACK 1500」と同一の内容となっている。
TV FUN 801
1977年9月発売。本体価格18,000円。TV FUN 602と同様のボールゲームに射撃ゲームを追加。外付けの2つのパドルが筒状になっているのが特長。射撃ゲーム用の光線銃も付属。本体はTV FUN 401と同じ筐体となっている。
TV FUN 901 スタントサイクル
1978年発売。本体価格18,000円。カラーで4種類のボールゲームの他にモトクロスなどのスタントゲームを内蔵。外付けでスロットルの付いたバイクコントローラが付属する。スタントサイクル部分はバンダイの「TV JACK アドオン5000」用ゲームカセット『スタントサイクル』と同じ内容である。ボールゲームを省略したTV FUN 902も発売された。

参考文献[編集]

  • 『エレクトニック・ゲーム・コレクターズ』オークラ出版、2000年2月。ISBN 4-87278-547-9
  • 『テレビゲームの世界』ゲームス・スクエア、1997年8月。
  • 『I/O別冊 TVゲーム徹底研究』工学社、1978年4月。

脚注[編集]

  1. ^ コアムックシリーズNO.682『電子ゲーム なつかしブック』p.51.

関連項目[編集]

当時行われた週刊少年マガジンの創刊1000号記念の新人賞の際に、佳作受賞者への副賞として本機が贈られた。贈られた佳作受賞の漫画家の1人のもろが卓(後のガスコン金矢)は、入選を取れなかった悔しさのあまり飽きるほどTVゲームで遊んでたらいつのまにかゲーム雑誌の編集者になってたと語っている。

外部リンク[編集]