TVNラビリンスシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TVNラビリンスシアター
ジャンル 映画
出演者 解説:弓場季彦
放送
放送局 奈良テレビ放送(TVN)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2003年11月7日 - 2008年3月28日
放送時間 「放送時間」の節を参照
公式サイト(アーカイブ)

TVNラビリンスシアター』(ティーブイエヌ ラビリンス シアター)は、奈良テレビ2003年11月7日から2008年3月28日まで放送されていた映画番組である。

概要[編集]

昔の[いつ?]洋画を中心に放送。番組冒頭には奈良テレビ放送社長弓場季彦による、時にネタバレを含む数分から十数分に渡る解説が入った。 解説の最後には、弓場が「未来も見える 奈良テレビ放送です」と言って締めくくり、そのまま映画本編に入った。

本番組に出演していた弓場は、奈良テレビ放送の社長就任後、「企業のリーダーは自らが広告塔に徹していくべきだ」という考えのもと、弓場自らが制作総指揮として番組の制作に関与する番組や、ゲストや司会として出演する番組を多数スタートさせた。本番組もこうした経緯でスタートした番組の一つであった。[1]

弓場の社長退任前の2008年3月に弓場が関わる番組が一斉に終了した際、本番組も同年3月28日を以って放送を終了した。

本番組は、弓場の社長在任時に書籍化が行われ、計1巻が発売されていた。

放送時間[編集]

前番組の終了時間によって左右されるが、原則として毎週金曜日の23:58から。以前は24:30からの放送だった。 番組終了時間は映画の長さによって異なっており、日によってはこの番組が同日の最終番組となる事もあった。

出演[編集]

解説:弓場季彦

関連書籍[編集]

  • 映画、観ませんか。―「TVNラビリンスシアター」保存版

脚注・出典[編集]

  1. ^ 卓話「奈良テレビ放送をよろしくお願いします」」奈良大宮ロータリークラブ、2017年2月19日閲覧

外部リンク[編集]