TSV1973四日市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TSV1973四日市
原語表記 TSV1973四日市
呼称 TSV1973四日市
クラブカラー     
所属リーグ 東海社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 三重県四日市市
ホームスタジアム Suzuka Garden 1.JPG三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー場第3グラウンド
四日市中央緑地陸上競技場
豊田自動織機大府グラウンド
収容人数 10,000(四日市陸)
運営法人 一般社団法人スポーツクラブ四日市
代表者 日本の旗 渡邉俊介
監督 日本の旗 鈴木啓太郎
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

TSV1973四日市(ティエスヴイ1973よっかいち)は、三重県四日市市を本拠地とする社会人サッカーのクラブチームである。

概要[編集]

三重教員サッカークラブが前身。1994年に四日市市に本社を置く不動産会社のマインドハウスがスポンサーとなりMIND HOUSE TCへ改名した。なお、TC(Teacher's Club)は前身の三重教員に由来していた[1]。2007年にマインドハウス四日市へクラブ名を変更した。

2015年、FC四日市と統合してTSV1973四日市へクラブ名を変更し、一般社団法人スポーツクラブ四日市の傘下に入ることとなった。なお、チーム名の「TSV」はTurn und Sportverein (ドイツ語で「総合型スポーツクラブ」の意味) の頭文字であり、「1973」は三重教員サッカークラブが三重県リーグで初優勝した1973年に因んでいる[2]

成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 監督
1995 東海 13位 11 15 4 3 8 19 32 -13
1996 9位 13 15 5 3 7 24 29 -5 大立目佳久
1997 13位 11 15 4 3 8 19 32 -13
1998 14位 9 15 3 3 9 28 39 -11
1999 15位 11 15 2 5 8 14 30 -16
2000 三重県
2001 優勝 岡元柾篤
2002
2003 三重県1部 4位 25 14 8 1 5 40 14 26
2004 優勝 34 13 11 1 1 41 10 31
2005 東海2部 5位 16 14 4 6 4 21 22 -1 片野典和
2006 3位 23 14 7 2 5 26 17 9
2007 優勝 31 14 9 4 1 21 9 12
2008 東海1部 7位 10 14 3 1 10 17 41 -24
2009 東海2部 3位 23 14 7 2 5 19 13 6 渡邉俊介
2010 7位 7 14 2 1 11 12 33 -21
2011 三重県1部 優勝 24 11[※ 1] 7 3 1 28 9 11 田中宏輝
2012 優勝 37 14 12 1 1 54 10 44
2013 優勝 30 12 6 0 2 45 12 33
2014 東海2部 3位 22 14 6 4 4 18 22 -4
2015 7位 8 14 1 5 7 12 32 -20 中西伸之
2016 三重県1部 優勝 42 16 14 0 2 56 17 +39 伊藤直司
2017 東海2部 14 鈴木啓太郎
  1. ^ この年は1回戦総当りのリーグ戦を行い上位4チームと下位5チームに分けられた。そして上位と下位それぞれで総当りのリーグ戦を実施した。[3]

主な成績[編集]

  • 東海社会人サッカーリーグ2部
    • 優勝:1回 (2007)
  • 三重県サッカーリーグ1部
    • 優勝:17回 (1973, 1974, 1979, 1983, 1986, 1987, 1989, 1990, 1991, 1994, 1995, 2001, 2004, 2011, 2012, 2013, 2016) (三重教員時代の9回を含む)
  • 三重県サッカー選手権大会(兼天皇杯全日本サッカー選手権大会三重県予選)
    • 優勝:8回 (1980, 1991, 1994, 1996, 1997, 1999, 2001, 2013) (三重教員時代の2回を含む)
  • 三重県社会人選手権大会
    • 優勝:15回 (1980, 1986, 1987, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1996, 1997, 1999, 2000, 2001, 2002, 2013) (三重教員時代の7回を含む)
  • 天皇杯三重県予選 (1995年まで)
    • 優勝:9回 (1976, 1979, 1980, 1986, 1987, 1990, 1991, 1992, 1993)

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
代表 日本の旗 渡邉俊介 マインドハウス四日市 代表
監督 日本の旗 鈴木啓太郎 日本の旗 古河電気工業三重サッカー部 選手 選手兼監督
コーチ 日本の旗 飯田大祐 ピクシーBC 主務
コーチ 日本の旗 田中宏輝 日本の旗 マインドハウス四日市 選手
コーチ 日本の旗 中西伸之 TSV1973四日市 監督
トレーナー 日本の旗 兵頭弘康 日本の旗 マインドハウス四日市 選手兼コーチ
トレーナー 日本の旗 伊藤和也

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 小倉景規 日本の旗 ホンダ鈴鹿FC
21 日本の旗 長谷直輝 日本の旗 大成シティFC坂戸
26 日本の旗 齋木保宏 四日市中央工業高校
DF 2 日本の旗 鷲野卓也 日本文理大サッカー部
4 日本の旗 小川真吾 キャプテン 立正大サッカー部 キャプテン
5 日本の旗 森島大 四日市中央工業高校
14 日本の旗 高橋徹 日本の旗 FCボンボネーラ岐阜
17 日本の旗 谷翔太 びわスポ大サッカー部
24 日本の旗 秋月和英 愛院大サッカー部
MF 10 日本の旗 東拓実 日本の旗 ジェイテクトSC橿原
13 日本の旗 久保山純汰 四日市大サッカー部
16 日本の旗 雨宮幸太郎 城国大サッカー部
18 日本の旗香港の旗 地下浩多 香港の旗 湾仔足球隊英語版
19 日本の旗 浦川遼 秋田大サッカー部
20 日本の旗 吉原大貴 三重川越高校
22 日本の旗 尾上朋大 関学大サッカー部
23 日本の旗 中山雄登 北陸大サッカー部
25 日本の旗 小林大輝 日本の旗 JSRサッカー部
27 日本の旗 久志本和三 近大サッカー部
28 日本の旗 多和将人 順大サッカー部
30 日本の旗 逢坂大輔 大阪リゾート&スポーツ専門学校
31 日本の旗 野村泰輔 東経大サッカー部
32 日本の旗 溝川秀斗 大阪リゾート&スポーツ専門学校
33 日本の旗 戸田聖也 瀬谷西高校
34 日本の旗 菊地公平 三重中京大サッカー部
36 日本の旗 高山英斗 マルタの旗 ゼイトゥン・コリンシャンズFC英語版
37 日本の旗 鈴木啓太郎 日本の旗 古河電気工業三重サッカー部 選手兼監督
FW 3 日本の旗 金平将輝 四日市中央工業高校
6 日本の旗 菅原淳二 四日市大サッカー部
7 日本の旗 岩城巧 日福大サッカー部
8 日本の旗 高野恭誓 四日市大サッカー部
9 日本の旗 花井恭平 日本の旗 ピクシーBC
11 日本の旗 水谷恭大 愛院大サッカー部
15 日本の旗 謝花大喜 日本の旗 SIESTA読谷
29 日本の旗 太田隆介 千葉商大サッカー部
35 日本の旗 林湧祐 四日市大サッカー部

歴代所属選手[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st) 臙脂色
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •     

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
三重綜合警備保障株式会社 三重綜合警備
ALSOK
2009-
株式会社マインドハウス M 1994-2008
2017-
2008年までは胸
2008年までは「MIND HOUSE」表記
背中上部 有限会社エスディーアイ VIRI-DĀRI
deserta
2009- 2014年までは「Botanika」表記
背中下部 なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2009 三重綜合警備
ALSOK
Botanika - (株式会社中部ユニオンのロゴ) 株式会社ウエスギ MIZUNO
2010
2011
2012
2013
2014
2015 VIRI-DĀRI
deserta
-
2016
2017 M New Blance

出典[編集]

  1. ^ チームインフォメーション”. マインドハウス四日市. 2014年11月3日閲覧。
  2. ^ チーム名変更及び組織内容のご報告”. マインドハウス四日市 (2015年3月22日). 2015年4月22日閲覧。
  3. ^ 平成23年度 三重県社会人サッカーリーグ 1部 成績表 (pdf)”. 三重県サッカー協会 (2011年11月20日). 2013年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]