AKB48 Team TP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TPE48から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
AKB48 Team TP
出身地 中華民国の旗 中華民国台湾
ジャンル J-POP
活動期間 2018年 -
事務所 阿克斯娛樂有限公司
共同作業者 秋元康
陳子鴻
メンバー メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照

AKB48 Team TP(エーケービーフォーティーエイト チームティーピー)は、台湾中華民国)・台北市を中心に活動する女性アイドルグループである。2018年7月まではTPE48(ティーピーイー フォーティーエイト)として活動していた[1]

概要[編集]

AKB48グループのひとつであり、総合プロデュースはAKB48と同じく秋元康が務める[2]。AKB48 Team TPの発足に際し、音楽プロデューサーの陳子鴻中国語版(Eric Chen)が運営責任者に就任した[3]

当初はTPE48として結成が発表され、台湾の地元衛星テレビ局である中天電視が携わる予定であったが[4]、すぐには結成に向けた活動は行われず、当初の発表から6年の時を経て新たに設立された運営会社の元で結成された。しかし、活動は順調には進まず、2018年7月にAKSより合弁およびライセンス契約を解消させるとともに、運営会社を阿克斯娛樂有限公司に変更、グループ名をAKB48 Team TPとして活動することとなった[1][5]

略歴[編集]

TPE48[編集]

結成発表

2011年10月1日、AKB48のオフィシャルブログでグループの結成が発表された[2]。AKB48は同年6月に営業を開始した台湾のオフィシャルショップが盛況になるなど台湾での人気が高まっており、デイリースポーツは当時こうした人気が台湾でのグループ結成の背景にあると言及した[6]

当初の計画ではメンバー選考の詳細を2012年1月に発表、また台北市内に専用劇場の建設を予定し、AKB48の運営会社・AKSは2012年夏に劇場での公演を開始できるよう準備していくと説明していた[7]

2012年9月にオーディションが行われる予定だったが、同年後半に延期[8]とされて以降、メンバーオーディションを含めて具体的な活動は行われなかった。

再開

2014年12月7日にHKT48が台湾コンサートを行った際にAKB48の台湾人メンバーオーディションを行うことが発表された[9]。オーディションで17人が“仮研究生”として採用された。このため、東京スポーツでは「TPE48発足に向けての布石か」と報じた[10]。その後台湾内でレッスンなどを重ねた上でのセレクション審査を経て、馬嘉伶がチームBに「台湾留学生」として配属されることになった[11]。その他のメンバーは引き続き台湾に残り「AKB48台湾研究生」と呼ばれる。

2016年3月26日、横浜スタジアムで行われた『祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム』1日目の「AKB48 単独コンサート」において、フィリピンマニラに拠点を置くMNL48タイバンコクに拠点を置くBNK48と共に、新グループを結成することが改めて発表された。公式サイトでは、グループカラーについて特産のマンゴーを基調としたグラデーションを採用したとしている[12]。この時点で在籍する9人の「AKB48台湾研究生」については、最終オーディションからの参加資格が与えられる[13]

2017年7月9日に台北で行われたAKB48ファンミーティングの席上で、当初発表から6年近く経過した9月1日にオーディションを開始することが発表された[14]。この時点で在籍する6人の「AKB48台湾研究生」は最終審査からの参加となるが、不合格でも「TPE48研究生」になれることも発表された[15][16]。また9月1日に台北で行われたオーディション募集開始の告知イベントにおいて、AKB48の阿部マリアが移籍加入することを発表した[17]

2017年11月上旬迄に2次審査が行われ、「台湾研究生」を含む148人が3次審査に進んだ。3次審査は、合格者の半数をファンによる投票の結果を基に選び、従来の選考方式により残り半数の合格者を決めるという方式が取られ、2018年1月19日にファン投票と従来選考それぞれ36人ずつ、計72人に絞り込まれ[18]、同年2月4日に行われた最終審査の結果、45人が合格し[19][20]、その内38人が1期生としてお披露目された[注 1]。3月10日に実施された『AKB48グループ センター試験』および「梯批壹村(TPE村)」の始動に伴い、活動を開始した[21]。5月から6月にかけて開催された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』にはメンバー5名が立候補した[22]

運営会社との契約解消

2018年5月に開催予定であったファンミーティングは無期限延期となり、夏に予定されていたCDデビューの見通しも立たず[23]、イベントへの出演が中止になるなど[24]活動は難航し、運営状況の悪化やトラブルの発生について現地メディアで度々取り上げられるようになり[23]、公式サイトも閉鎖されるまでに至った[25]。2018年7月30日にTPE48はAKSより運営会社との合弁およびライセンス契約が解消されたことが発表された[1]

AKB48 Team TPとしての再始動[編集]

同じく2018年7月30日に、新設される「阿克斯娯樂有限公司」に運営権をライセンスするとともに「AKB48 Team TP」を新たに発足させることが発表され[1][26]、同年8月26日に台北で行われた『第4回Touch The Japan in 台湾』において、TPE48から転籍したメンバー35名が改めて1期生としてお披露目された[27]

メンバー[編集]

以下における「1期」はTPE48第1期生オーディションにより加入したメンバー。

正規メンバー[編集]

名前 繁体字
中国語
表記
アルファベット
表記
読み
(日本語読み)
生年月日 加入期 昇格日 出身地 備考
本田柚萱 本田柚萱 Honda Yuzuka ホンダユズカほんだ ゆずか (2006-03-15) 2006年3月15日(12歳) 1期 - 新竹市 父が日本人、母が台湾人で二重国籍[28]
冼迪琦 冼迪琦 Sin Tik-kei シェー・ディーチー
(せん ゆうき)
(1999-02-13) 1999年2月13日(19歳) 1期 - 香港
林倢 林倢 Lin Chieh リン・ジェ
(りん しょう)
(2001-02-14) 2001年2月14日(17歳) 1期 - 新竹県 元AKB48台湾研究生
邱品涵 邱品涵 Chiu Pin-han チウ・ピンハン
(きゅう ひんかん)
(1999-12-24) 1999年12月24日(18歳) 1期 - 台北市 元AKB48台湾研究生
阿部マリア 阿部瑪利亞 Abe Maria アベマリアあべ マリア (1995-11-29) 1995年11月29日(22歳) - - 日本神奈川県 元AKB48チーム4(初代)
元AKB48チームK(大島・横山・峯岸)
2017年12月1日移籍加入[29]
ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属
國興瑀 國興瑀 Kuo Shin-yu クオ・シンユゥー
(こく こうう)
(2002-10-11) 2002年10月11日(16歳) 1期 - 台北市 元AKB48台湾研究生
張羽翎 張羽翎 Chang Yu-lin ジャン・ユーリン
(ちょう うれい)
(2003-07-11) 2003年7月11日(15歳) 1期 - 花蓮県 元AKB48台湾研究生
陳詩雅 陳詩雅 Chen Shih-ya チェン・シーヤー
(ちん しが)
(1995-04-24) 1995年4月24日(23歳) 1期 - 台北市 元AKB48台湾研究生
双子の妹は陳詩媛(元TPE48)[30]
曽詩羽 曾詩羽 Tseng Shih-yu ズン・シーユー
(そ しう)
(1995-02-12) 1995年2月12日(23歳) 1期 - 雲林県 AKB48 Team TP最年長
劉語晴 劉語晴 Liu Yu-ching リュー・ユーチン
(りゅう ごせい)
(1996-07-14) 1996年7月14日(22歳) 1期 - 桃園市
劉潔明 劉潔明 Liu Jie-ming リュー・ジエミン
(りゅう けつめい)
(1997-04-19) 1997年4月19日(21歳) 1期 - 台北市 祖母が日本人
潘姿怡 潘姿怡 Pan Tzu-yi パン・ズーイー
(はん しい)
(1996-07-28) 1996年7月28日(22歳) 1期 - 台北市

研究生[編集]

名前 繁体字中国語表記 アルファベット表記 読み 生年月日と年齢 加入期 出身地 備考
小山美玲 小山美玲 Oyama Mirei オヤマミレイおやま みれい (2002-06-28) 2002年6月28日(16歳) 1期 日本・福岡県 日本国籍で祖母が台湾人[31]
王逸嘉 王逸嘉 Wang Yi-chia ワン・イージア (2001-11-18) 2001年11月18日(17歳) 1期 嘉義市
李佳俐 李佳俐 Li Jia-li リー・ジャリー (2001-11-05) 2001年11月5日(17歳) 1期 台北市 妹は李采潔[32]
李孟純 李孟純 Lee Meng-chun リー・モンチュン (2002-06-04) 2002年6月4日(16歳) 1期 屏東県
李采潔 李采潔 Li Cai-jie リー・ツァイジェ (2004-03-15) 2004年3月15日(14歳) 1期 台北市 姉は李佳俐[32]
周佳郁 周佳郁 Zhou Jia-yu ジョウ・ジャーユー (1997-11-19) 1997年11月19日(20歳) 1期 台北市
林易沄 林易沄 Lin Yi-yun リン・イーユン (2000-11-21) 2000年11月21日(17歳) 1期 台北市
林家瑩 林家瑩 Lin Chia-ying リン・ジャーイン (2000-12-04) 2000年12月4日(17歳) 1期 新北市
林于馨 林于馨 Lin Yu-hsin リン・ユーシン (2002-01-14) 2002年1月14日(16歳) 1期 宜蘭県 元AKB48台湾研究生(途中辞退)
林潔心 林潔心 Lin Chieh-hsin リン・ジェシン (2003-03-27) 2003年3月27日(15歳) 1期 新北市
柏靈 柏靈 Po Ling ポー・リン (1999-09-13) 1999年9月13日(19歳) 1期 台北市
高云珏 高云珏 Gao Yun-jue ガオ・ユンジュエ (2001-10-20) 2001年10月20日(17歳) 1期 台中市
高硯晨 高硯晨 Kao Yen-chen ガオ・イェンチェン (2006-07-16) 2006年7月16日(12歳) 1期 新北市 AKB48 Team TPおよびAKB48グループ最年少
張法法 張法法 Chang Fa-fa ジャン・ファファ (2001-12-27) 2001年12月27日(16歳) 1期 台北市
董子瑄 董子瑄 Tung Zih-syuan ドン・スーシュェン (2003-12-04) 2003年12月4日(14歳) 1期 台北市
賈宜蓁 賈宜蓁 Chia I-chen ジャー・イージェン (1999-08-18) 1999年8月18日(19歳) 1期 新竹県
劉曉晴 劉曉晴 Lau Hiu-ching リュー・シュオチン (2000-08-02) 2000年8月2日(18歳) 1期 香港
蔡亞恩 蔡亞恩 Tsai Ya-en ツァイ・イャーエン (2000-10-21) 2000年10月21日(18歳) 1期 基隆市
蔡伊柔 蔡伊柔 Tsai Yi-jou ツァイ・イーロウ (2001-07-15) 2001年7月15日(17歳) 1期 新北市
鄭妤葳 鄭妤葳 Cheng Yu-wei ジヨン・ユーウェ (2003-11-11) 2003年11月11日(15歳) 1期 台南市
鄭佳郁 鄭佳郁 Cheng Chia-yu ジヨン・ジャーユー (2004-04-28) 2004年4月28日(14歳) 1期 台北市
羅瑞婷 羅瑞婷 Lo Jui-ting ルオ・リュイティン (2004-08-06) 2004年8月6日(14歳) 1期 台北市
藤井麻由 藤井麻由 Fujii Mayu フジイマユふじい まゆ (1998-11-30) 1998年11月30日(19歳) 1期 日本・大阪府 日本国籍で台北市の大学に通う留学生[28]

元メンバー[編集]

名前 繁体字
中国語
表記
アルファベット
表記
読み 生年月日 加入期 最終在籍日 最終
所属
出身地 備考
TPE48
陳詩媛 陳詩媛 Chen Shih-yuan チェン・シーユェン (1995-04-24) 1995年4月24日(23歳) 1期 2018年8月以前 台北市 元AKB48台湾研究生
双子の姉は陳詩雅[30]
現在は5TEAMのリーダー[33]
李晨熙 李晨熙 Lee Chen-si リー・チェンシー (2000-07-25) 2000年7月25日(18歳) 1期 台南市
翁立霏 翁立霏 Weng Li-fei ウォン・リーフェイ (2000-02-11) 2000年2月11日(18歳) 1期 台北市
陳琳 陳琳 Chen Lin チェン・リン (2006-01-03) 2006年1月3日(12歳) 1期 台北市 父は元プロ野球選手の陳致遠[34]
劉姸廷 劉姸廷 Liu Yen-ting リュー・イェンティン (2003-10-13) 2003年10月13日(15歳) 1期 台北市

グループ編成[編集]

メンバー構成推移[編集]

これまで1度のメンバーオーディションを実施し、メンバーはAKB48からの移籍者を除きこのオーディションを経て加入している。

メンバー構成推移年表
日時 出来事 増減 人数 加入期別
人数変動
TPE48
2017年
12月1日 AKB48チームK 阿部マリアが移籍加入 +1 1
2018年 加入期別
人数変動
3月10日 TPE48 活動開始(1期生 お披露目) +38 39 13 26 1期生38人
3月12日 公式サイトにおいてメンバープロフィール公開 39 13 26
3月22日 1期生 周佳郁 研究生に追加 +1 40 13 27 1期生38人→39人
8月25日
以前
正規メンバー 陳詩媛 契約辞退
研究生 李晨熙・翁立霏・陳琳・劉姸廷 契約辞退
-5 35 12 23 1期生39人→34人
AKB48 Team TP
8月26日 AKB48 Team TP お披露目 35 12 23

オーディション[編集]

  • 合格者のうち太字となっているのは2018年8月26日現在、在籍しているメンバー。

TPE48第1期生オーディション[編集]

募集要項[18]
  • 応募資格 - 経歴不問・2017年9月1日時点で11 - 23歳位までで、台北市で日常的に芸能活動を行うことができる女性。
  • 応募期間 - 2017年9月1日 - 10月1日
  • 一次審査 - 書類選考
  • 二次審査 - 10月21日・22日面接実施 合格者148名
  • 三次審査 - 以下により人気投票で36名、運営評価選考で36名を合格とする
    1. 毎週課題を与え、その課題に即した動画を制作し提出。これに対してファンからの投票を受け付ける
    2. 台湾Yahoo!とのコラボレーションにより現地の有名音楽制作者が提供した「課題曲」のミュージックビデオに出演者として参加。その出来栄えに対する評価ポイントを付与(運営評価選考分のみに関与)
    3. 台湾のネットニュースサイト「卡提諾論壇」とのコラボレーションによる人気投票企画
    4. Live.me」サービスでの生配信。その取組みに対する評価ポイントを付与(運営評価選考分のみに関与)
    5. 人気投票によるメンバー選出においては1.の評価の獲得割合を9割に減じ、3.の評価の獲得割合を1割に減じた上で、その合計による点数で決定
  • 最終審査 - 2018年2月4日結果発表 合格者45名
合格者
黄子晴、張法法潘姿怡李佳俐劉語晴王逸嘉林易沄蔡亜恩、陳暐、賈宜蓁小山美玲周佳郁、李晨熙、李恩妘、邱品涵、翁立霏、林倢林于馨劉曉晴蔡伊柔冼迪琦、陳嘉希、柏靈李孟純、張競、藤井麻由高云珏張羽翎林潔心國興瑀鄭妤葳董子瑄劉潔明陳詩雅、温晨君、曽詩羽、陳詩媛、李采潔鄭佳郁羅瑞婷本田柚萱、陳琳、高硯晨林家瑩、劉姸廷

作品[編集]

シングル[編集]

参加シングル[編集]

AKB48

ミュージック・ビデオ[編集]

TPE48

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ のちに1人追加されて39人となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “AKB48運営会社が「TPE48」の契約解消 「AKB48 Team TP」発足へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2116557/full/ 2018年7月30日閲覧。 
  2. ^ a b 戸賀崎智信 (2011年10月1日). “『TPE48』プロジェクト発足!”. AKB48 オフィシャルブログ. 2011年10月17日閲覧。
  3. ^ “阿部マリア「準備万端。いざ出陣!」AKB48 Team TP、第1期生メンバーお披露目”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月26日). https://natalie.mu/music/news/297023 2018年8月26日閲覧。 
  4. ^ “フェイルンハイが最強“縁結びスポット”紹介、台湾版「AKB48」も誕生!―東京”. Record China. (2011年10月3日). http://www.recordchina.co.jp/b54821-s0-c20.html 2011年10月17日閲覧。 
  5. ^ “TPE48から再出発、チームTPが台北でお披露目”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年8月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201808260000871.html 2018年8月26日閲覧。 
  6. ^ “台湾版AKB“TPE48”誕生”. デイリースポーツ. (2011年10月2日). http://www.daily.co.jp/gossip/akb48/2011/10/02/0004519091.shtml 2011年10月17日閲覧。 
  7. ^ “台湾版AKB「TPE48」来夏デビューへ”. サンケイスポーツ. (2011年10月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/111002/gnj1110020506019-n1.htm 2011年10月17日閲覧。 
  8. ^ https://www.facebook.com/yoshimoto.tw/posts/326072390764941
  9. ^ 瀬津真也 (2014年12月7日). “48グループが台湾でオーディション開催”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20141208-1406221.html 2016年3月27日閲覧。 
  10. ^ 佐藤愛生 (2015年8月10日). “AKB台湾オーディション 予定外17人合格はTPE48の布石か”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/431523/ 2016年3月27日閲覧。 
  11. ^ “AKB初の外国人メンバー馬嘉怜「活躍を見せたい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年2月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1607719.html 2016年3月27日閲覧。 
  12. ^ 台湾、フィリピン、タイにて新たな姉妹グループ誕生!”. AKS. 2016年3月27日閲覧。
  13. ^ “AKB 海外3グループ始動を発表”. デイリースポーツ. (2016年3月27日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/03/27/0008931491.shtml 2016年3月27日閲覧。 
  14. ^ 横山由依の2017年7月9日のツイート
  15. ^ “AKB48横山由依、台湾のファンミで『TPE48』オーディション開始を発表”. AbemaTIMES. (2017年7月10日). https://abematimes.com/posts/2641371 2017年7月15日閲覧。 
  16. ^ 蘇威全 (2017年7月9日). “AKB登台報佳音 姊妹團TPE48甄選9月開跑” (中国語). 蘋果即時 (蘋果日報). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20170709/1157360/ 2017年7月15日閲覧。 
  17. ^ “AKB阿部マリア「台湾がいい」TPE48に移籍”. 日刊スポーツ. (2017年9月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1881419.html 2017年9月2日閲覧。 
  18. ^ a b 日系鄰家偶像 TPE48 投票活動詳細規則 及 審查評分說明” (中国語). TPE Entertainment. 2017年11月10日閲覧。
  19. ^ “TPE48、1期生最終審査合格者決まる 秋元氏が期待寄せる/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (中央通訊社). (2018年2月5日). http://japan.cna.com.tw/news/aart/201802050003.aspx 2018年2月5日閲覧。 
  20. ^ TPE48一期生審查合格名單” (中国語). TPE Entertainment. 2018年2月4日閲覧。
  21. ^ TPE48 (2018年3月10日). “【#TPE48 成員出動 首訪 #梯批壹村】”. Facebook. 2018年3月11日閲覧。
    TPE48 (2018年3月10日). “#TPE48 剛剛考完AKB48センター試験(學測)了!”. Facebook. 2018年3月11日閲覧。
  22. ^ “AKB48世界選抜総選挙、TPE48から5名が立候補 移籍メンバーは?<海外グループ立候補者一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1756521 2018年8月26日閲覧。 
  23. ^ a b “AKB運営会社が「TPE48」と契約解消 新たに「AKB48 Team TP」立ち上げ”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2018年7月30日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1079113/ 2018年7月30日閲覧。 
  24. ^ AKB48 (2018年7月11日). “6月1日〜14日までSHOWROOMで開催しました【TPE48】TGC富山2018出演権争奪オーディションイベントですが、この度、TPE48の運営上の事情により、7月21日TGC富山への選出メンバー3名のイベント出演は、中止となりました。”. Facebook. 2018年7月30日閲覧。
  25. ^ “TPE48官網無預警關閉 秀琴女兒再爆出道難產” (中国語). 蘋果日報. (2018年7月9日). https://tw.appledaily.com/new/realtime/20180709/1388050/ 2018年7月30日閲覧。 
  26. ^ “TPE48有救了!AKS霸氣聲明重組「AKB48 Team TP」” (中国語). 噓!星聞 (聯合線上). (2018年7月30日). https://stars.udn.com/star/story/10091/3280682 2018年7月30日閲覧。 
  27. ^ “AKB48 Team TP、移籍の阿部マリアはじめメンバー35名がお披露目”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2018年8月26日). https://news.dwango.jp/idol/30890-1808 2018年8月26日閲覧。 
  28. ^ a b “台北市の大学留学中の藤井麻由さんらもTPE合格”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年2月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201802140000130.html 2018年3月11日閲覧。 
  29. ^ 阿部マリア (2017年11月10日). “重大発表”. 阿部マリア オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2017年11月10日閲覧。
  30. ^ a b “AKB台湾オーディション 20歳美人双子姉妹ら17人合格”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年8月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/08/kiji/K20150807010893250.html 2018年3月11日閲覧。 
  31. ^ 森本隆 (2018年2月14日). “「越境」日本からTPE合格小山美玲さん現地移住へ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201802140000097.html 2018年3月11日閲覧。 
  32. ^ a b “TPE48のオーディション結果発表、メンバー45人が誕生!双子姉妹やプロ野球選手2世も―台湾”. Record China. (2018年2月5日). http://www.recordchina.co.jp/b566512-s0-c70.html 2018年3月11日閲覧。 
  33. ^ 陳薈涵 (2018年10月11日). “「那對夫妻」Kim省錢沒避孕 助攻女團募讚發片”. 蘋果日報 (台灣蘋果日報). https://tw.appledaily.com/new/realtime/20181011/1445687/ 2018年10月12日閲覧。 
  34. ^ 楊明珠 (2018年2月6日). “TPE48第1期合格者に元プロ野球選手の娘「もっと頑張る」/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (中央通訊社). http://japan.cna.com.tw/topic/column/201802060001.aspx 2018年3月11日閲覧。 
  35. ^ おんだゆうた (2017年9月12日). “TPE48「恋するフォーチュンクッキー」公開 台湾JKたちの制服がまぶしい”. KAI-YOU.net (カイユウ). http://kai-you.net/article/45366 2018年2月5日閲覧。 
  36. ^ 真紀和泉 (2018年1月18日). “【エンタがビタミン♪】TPE48メンバーオーディション生 台湾の名曲『向前走』をアイドルバージョンで披露”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2018/01/maki01181309.html 2018年2月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TPE48