TOPCAT (ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOPCAT
ジャンル アダルトゲーム
企業名 有限会社アルティエ
審査 CSA
デビュー作 MESSENGER FROM DARK NIGHT
1995年
最新作 手毬花
2011年4月28日
公式サイト TOPCAT Homepage
テンプレートを表示

TOPCATトップキャット)は、有限会社アルティエのアダルトゲームブランドである。

概要[編集]

同じコンシューマーゲームメーカーに勤めていた鷹取兵馬やSKYらが退職後に意気投合し、設立された[1]

『雪色のカルテ』などで他メーカーにない独特の路線が注目されていたが、2000年に発売した『果てしなく青い、この空の下で…。』がPlayStationに移植されるほどのヒットとなった。ちよれんに加盟していた時期があったが、2001年、次回作だった『ReNN』の制作中断をきっかけに『ReNN』を発売後、活動を一時休止した。その後、サブブランドとして「Mercurius」を立ち上げ、活動を続ける。

2005年、ホームページをリニューアルし、TOPCATの活動再開を告知。CIRCUSのゲーム『AR 〜忘れられた夏〜』などの開発を担当した。

2008年9月、TOPCATブランドでの新作を開発中であることを発表。2009年11月に『アトリの空と真鍮の月』の発売でゲームメーカーとしての復活を果たし、同作にあわせてフルボイス化などを行なった『果てしなく青い、この空の下で…。完全版』も発売された。

活動休止の背景[編集]

『ReNN』発売後に一度活動休止とした理由について「全速力で走り続けたので、充電期間がないと次の作品に取り掛かれなさそうだと感じたため」であり、休止中はさまざまなメーカーの下請けを担当することで「武者修行になった」と語っている[1]

フリーウェア[編集]

過去に発売した『ZAP! THE MAGIC』並びに『ReNN』はメーカー公式サイトにおいてフリーウェアとして公開されている(公式サイトトップページの下部参照)。また、『TECH GIAN』2008年11月号には『MESSENGER FROM DARK NIGHT』Windows版が収録された。

いずれもゲーム内容は製品版と変わりないが、公開当時の現行OS (Windows XP/Vista) に対応している。

作品一覧[編集]

TOPCAT
Mercurius
開発作品
  • 雪色のカルテ(ブランド名:Peach)
  • AR 〜忘れられた夏〜(ブランド名:CIRCUS)
  • D.C.P.K. 〜ダ・カーポーカー〜(ブランド名:CIRCUS)[1]
  • 操心術3(ブランド名:STUDIO 邪恋)- 開発に参加[2]
  • 蠅声の王 シナリオII(ブランド名:Lost Script) - 「開発協力」としてクレジットされている[3]
  • ふぇいばりっと Sweet!(ブランド名:Lost Script) -TOPCATとしてではないがメインスタッフである鷹取兵馬、SYUNが開発に参加。
  • oh!ママごと! (ブランド名:CENOTE)発売日不明 -総合プロデュース鵜園誠人(TOPCAT)

主なスタッフ[編集]

シナリオ
音楽
  • SYUN

関連項目[編集]

  • たかみち - 「果てしなく青い、この空の下で…。」「みずのかけら」等の原画を手がけた。
  • 緒方剛志 - 「ぼうのうと」名義で原画に参加した。参加作品は記事参照。
  • 最終試験くじら - 専属ライターの鷹取兵馬がシナリオを一部手がけた。
  • 水月陵(KIYO) - 「果てしなく青い、この空の下で…。」以降のTOPCAT、Mercurius作品の音楽を一部手がけている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『TECH GIAN』2008年11月号インタビュー記事より
  2. ^ STUDIO 邪恋オフィシャルホームページ(年齢確認有)の製品紹介ページに詳細。
  3. ^ Lost Script web(年齢確認有)

外部リンク[編集]