TOKYO発 きょうの日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TOKYO発 きょうの日本(とうきょうはつ きょうのにっぽん)は、かつてNHKの国際放送NHKワールド・ラジオ日本が制作していた日本語のニュース情報番組である。放送時間は日本時間平日の18:00 - 18:40。

2004 - 05年度[編集]

それまで日本語放送の平日1時間枠が、前半の「ニュース」「けさの新聞朝刊から」(11時・13時台)「ふるさとニュース」(16時台以降)と、後半の「TOKYO通信」に番組が分かれていたのを、2004年4月からこのタイトルのもとに一番組とした(その際「けさの新聞朝刊から」はなくなった)。

番組は以下の時刻・タイムテーブルと内容で放送されていた。

放送時間[編集]

日本標準時(JST)11:00、13:00、16:00、18:00、1:00、3:00からの各1時間。

タイムテーブル(18時台を除く)[編集]

  • 【番組開始から20分間】その時間の最新のニュース
  • 【番組開始20分~30分】「ふるさとニュース」(列島リレーニュースのダイジェスト版)
  • 【番組開始30分~終了まで】インタビュー・曜日別コーナー・特集企画・解説(前身の「TOKYO通信」とほぼ同じ内容)

「後半」枠[編集]

  • (JST18時台を除く)後半30分の枠を担当する常設のキャスターとして、田中奈緒子藤本ケイが週替わりで出演した(田中は「TOKYO通信」から引き続き、藤本は新番組から担当)。
  • 「後半」では、国内外の時事問題に関する識者へのインタビューコーナーのほか、曜日別に次のレギュラーコーナーを設けていた。
    • 最近のニュースの深層を伝える「クローズアップ」「日本ルポルタージュ」
    • 各地の話題の人に電話でインタビューする「電話でこんにちは」
    • 各地の話題を伝える「ふるさと便り」(木曜日)
    • スポーツライター・小林信也とともにスポーツの話題をとりあげる「スポーツコーナー」(金曜日)
  • また「にっぽん環境紀行」などいくつかの年間シリーズ企画があり、それぞれ月1回のペースで放送された。
  • 「解説」はNHKの解説委員による独自のものや、テレビ番組「視点・論点」をラジオ向けに手直し(縮約)したものが放送された。
  • 「後半」の中ほどと終わり近くには、日本人歌手の歌やインストゥルメンタルの曲が1曲ずつかけられた。

なおニュースを除く各コーナーは、JST11時台に更新ののち同じ内容が再放送された。

18時台の放送[編集]

一方2003年度まで前半30分を「ラジオ日本 きょうのニュース」として放送していたJST18時台だけは、タイムテーブルが大きく異なっていた。内容は他の時間帯と似かよっているものの、各コーナーの放送時刻や順番は一概には決まっておらず、ひとつの番組としてより融合した構成になっていた。

「ラジオ日本今日のニュース」は1992年度頃-2003年度まで放送されており、当初は19時-20時に1時間のワイド番組で放送され、その日1日の主要全国ニュースを前半の約30-40分近くで詳しく伝えていた。その後ラジオ第1の国内同時放送の強化のため、1998年度頃から18時からの30分番組に縮小され、2003年から当番組に統合された。

大まかな流れの一例は、

  • ニュース(25分程度)
  • 「解説」
  • 海外安全情報」(通常の5分番組の短縮版)
  • 他の時間帯の「後半」コーナー(その1)
  • 短いニュース
  • 「後半」コーナー(その2)
  • 「世界の天気」

となっていた。「ふるさとニュース」は番組後半(だいたい18:45ごろ)に「ふるさとトピックス」として2つ程度選んで放送されていた。

また18時台の放送は、インターネットですべて聴くことができた。NHKワールドの放送をネット配信しているRJ ONLINEでは、他の時間帯の「ニュース」と「ふるさとニュース」はネット配信の対象だったが、後半は対象外だった。しかし18時台は一番組としてのまとまりが強く、1時間ライブストリーミングされていたため、後半のコーナーもインターネットで聴くことができた。

2006年度以降[編集]

2006年4月の番組改編で、番組は平日JST18:00~18:40の1回のみとなった。内容もニュースと「解説」「世界の天気」のコーナーで構成されている。また「ふるさとニュース」は番組から切り離され、18:40から別枠で放送されている。

あとの時間帯では、前半30分の「ニュース」「ふるさとニュース」はそれぞれ独立した番組となる一方、国際放送独自のコンテンツを放送していた「後半」枠はなくなった(従って18時からの番組内での放送もなくなった)。

後半30分のうち、20~25分はNHKラジオ第1放送の以下の番組の同時または時差放送が行われていた。

  • JST11時台 「こんにちは!80ちゃんです」の同時放送(ただし高校野球全国大会期間中、および国会中継が放送される場合、土曜日は過去の放送からの再放送 月~木曜日はFM放送と同時放送で「弾き語りフォーユー」を放送 金曜日は不明)
  • JST13時・16時台 「ラジオほっとタイム」の同時放送(ただし高校野球全国大会、大相撲中継期間中、および国会中継が放送される場合、16時台は「こんにちは!80ちゃんです」の時差放送となる)
  • JST1時・3時台 「ひるの散歩道」の時差放送(土曜日昼の放送分は除く)

なお残りの5~10分は「海外安全情報」に充てられている。

番組の終了と現状[いつ?][編集]

2007年10月に独自制作枠が独自のニュース、海外安全情報、周波数案内、および年数回程度の特別番組のみとなって大幅に縮小され、2008年度からは放送時間の9割がNHKラジオ第1放送の同時放送枠となったため番組自体終了となった。

現在[いつ?]の18時台は平日では18:00 - 18:20に国際放送独自のニュース、18:20 - 18:30に海外安全情報、18:30 - 18:50に「先読み!夕方ニュース」の同時放送(NHKプロ野球のある日と高校野球全国大会の中継が続いているときはFM放送「弾き語りフォーユー」の時差放送)、平日と重なる祝日の場合は土日と同様18:00 - 18:50はすべてラジオ第1放送の同時放送枠となっている。

また毎週土曜・日曜は16時台の放送の冒頭[1]にもやはり国際放送独自のニュースを入れている。

このように平日18時台と土曜・日曜の16時台に国際放送独自編成があるのは、この番組の名残でもある。

脚注[編集]

  1. ^ 土曜は16:00 - 16:10、日曜は原則16:00 - 16:15。但し祝日と日曜が重なる場合は土曜、大相撲中継実施の土曜は日曜の編成に準じる。平日は祝日と重なった場合も含め原則として16:55までラジオ第1と同内容だが国会中継高校野球や、臨時編成により同時放送できない場合は独自編成。

外部リンク[編集]

  • NHKワールド・ラジオ日本のおもな番組
    「TOKYO発 きょうの日本」「海外安全情報」の番組紹介。
  • RJ ONLINE
    「オンデマンド」ではニュースと「海外安全情報」を、「ライブ」ではそれらに加えて「ふるさとニュース」をインターネットで聴ける。18時からの「ライブ」で「TOKYO発 きょうの日本」を聴ける。