TK state

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TK state」(ティーケーステート)とは1994年から2000年まで運営されていた小室哲哉の個人事務所である。正式名称は「TETSUYA KOMURO state」である。小室の父が代表取締役を務め、小室も取締役に名を連ねていた[1]

来歴[ソースを編集]

系列事務所[ソースを編集]

TK MUSEUM[ソースを編集]

MUSEUM
出身地 日本の旗 日本
ジャンル テクノ
レイヴ
ラップ
ドラムンベース
活動期間 1998年
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
事務所 TK state
共同作業者 原田大三郎VJ
メンバー 小室哲哉シンセサイザー
マーク・パンサーボーカル
OLIVIA (ボーカル)
DJ DRAGON (DJ)
  • 中日邦交正常化25周年記念ライブツアー「TK Presents GROOVE MUSEUM」では音楽ユニットMUSEUM」としての側面もあった[2]。最初は小室、マーク・パンサーOLIVIADJ DRAGONの4人からなる構成[3]であり、その後原田大三郎を加えその5人を固定メンバーとして、中国・香港の現地歌手との流動的なコラボレーションを中心にした世界展開プロジェクトを行う音楽ユニットを「MUSEUM project」名義で継続・兼任する企画もあった(この企画は諸事情で中止になるが、後にGABALLTKCOMで結実する)。

TK state America MUSEUM[ソースを編集]

TK SEQUENCE[ソースを編集]

TK SEQUENCE America[ソースを編集]

  • Kiss Destinationのレコーディングスタジオとして使用していた。

TK ENTERTAINMENT SERVE[ソースを編集]

  • TK E SERVE」と略することもあった。
  • イベント限定音楽ユニットであったtk-trapのプロデュースを行っていた。
  • 華原朋美のヒストリービデオ「HOW TO MAKE TOMOMI KAHALA 華原朋美はいかにして華原朋美となり得たか」の制作を行った。

Prime Direction TK Room[ソースを編集]

tetsuya komuro rise[ソースを編集]

  • TK rise」と略することもあった。
  • 主に華原朋美のプロデュース・マネジメント・コーディネート業務を行っていた。

かつて所属していたアーティスト[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 文藝春秋刊 『週刊文春』 1998年6月25日号より。
  2. ^ ソニー・マガジンズ刊小室哲哉「first step in asia」より。
  3. ^ SPG-What's New? Artist Informationより。
  4. ^ a b c 日経BP刊『日経エンタテインメント!』1998年8月号より。
  5. ^ PlayStation用ソフト「GABALL SCREEN」説明書より。

外部リンク[ソースを編集]