THE NEXT GENERATION -パトレイバー-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機動警察パトレイバー > THE NEXT GENERATION -パトレイバー-
THE NEXT GENERATION
パトレイバー
監督 押井守
脚本 押井守
山邑圭
原作 ヘッドギア
出演者 真野恵里菜
筧利夫
福士誠治
太田莉菜
しおつかこうへい
千葉繁
音楽 川井憲次
主題歌 真野恵里菜
「Ambitious!」(第1-5、7話)
「大切なキセキ」(第8 - 12話)
配給 松竹
公開 日本の旗 2014年4月5日(第1章)
日本の旗 2014年5月31日(第2章)
日本の旗 2014年7月12日(第3章)
日本の旗 2014年8月30日(第4章)
日本の旗 2014年10月18日(第5章)
日本の旗 2014年11月29日(第6章)
日本の旗 2015年1月10日(第7章)
日本の旗 2015年5月1日(長編)
上映時間 約15分(第0話)
約48分(第1話 - 第11話)
約32分(第12話)
約94分(長編)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

THE NEXT GENERATION パトレイバー 』(ザ・ネクスト・ジェネレーション パトレイバー)は、メディアミックス作品『機動警察パトレイバー』実写版プロジェクトの総称である。『TNGパトレイバー』と略される場合もある。総監督/監督/脚本は、押井守

※ 以下の記述ソースは公式サイト及び脚注リンク先[1]を参照。

製作[編集]

プロジェクト概要[編集]

1980年代末期から2000年代初頭にかけて制作されたメディアミックス作品『機動警察パトレイバー』シリーズ初となる、一般公開を主眼に置いた実写映像作品である(過去に、パイロットフィルムの形式で『PATLABOR THE LIVE ACTION MOVIE』という習作的な実写映像が作られたことはあった)。シリーズ全体としては2002年の劇場版アニメ『WXIII 機動警察パトレイバー』以来途絶えていた、約12年ぶりの映像劇作品となる。

パトレイバーの初期OVAシリーズが世に出てから25年目を迎えた2013年3月21日に、実写化プロジェクトが正式に発表された。同年9月25日には、実写版の大まかな概要とメインスタッフやキャストが発表された。押井守を総監督に迎え、2014年より短編シリーズ及び、防衛省全面協力の劇場用長編作品(以下「長編版」)が全国の映画館で順次劇場公開された。長編版は短編シリーズより本編時間を長尺化した以外にも、いわゆる「4K解像度」撮影、邦画初の「ドルビーアトモス(Dolby Atmos)」音声上映など、各種仕様がグレードアップされている。

作品上映・放送スケジュール[編集]

2014年4月から2015年1月まで、全12話+1話(0話 約15分/1話 - 11話 約48分/12話 約32分)で構成された短編シリーズ作品を7回(7章)に分けて順次劇場公開が行われた。このシリーズはBSデジタルスターチャンネルでも随時独占初放送されている。

シリーズ上映後に3か月強のインターバルを置いた後、2015年5月1日に押井が脚本・監督を担当する完全オリジナルの長編劇映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』が公開された。同年10月10日には「ディレクターズカット版」の公開を予定しており[2]、押井によれば尺は27分長くなるという[3]

シリーズ作品との関連性[編集]

この実写プロジェクトは、他アニメ作品の実写版で良くある「基本設定だけを共通とし世界観やストーリーは完全に別もの」や「歴代作品のテイストを活かしたリメイク的な作品」とは異なり、過去シリーズの歴史的流れを踏まえつつ、最も未来(2013年)で起こった出来事を描く構想となっている。過去作品の主な舞台となった警視庁の組織「特科車両二課第二小隊」が引き続き物語の中心に位置し、整備班のメカニックマン「シバシゲオ」も登場、その声優だった千葉繁が主要キャストとしてレギュラー出演する。ただし、主軸となる小隊メンバーは全員総入れ替えされており、設定上は「歴代三代目のメンバーたち」とされている。

これらの設定は、2011年に押井が発表した小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』が元になっているが、小説版主人公「泉野 明(いずみの・あきら)」は男性であり、本作とはパラレルワールドの関係となる。

作品中では劇場版第2作で描かれた柘植のクーデター事件が過去に起こった事件とされているため、劇場版第2作の時間軸から続く物語となっている。第9話でテレビ版第38話・新OVA版13話に登場した地下迷宮が再登場する。

その一方で、メディアミックスの片翼としてゆうきまさみが「週刊少年サンデー」誌上で展開し、同時代の他作品に影響を及ぼした「営利目的の組織犯罪者集団」で「多国籍企業 シャフト」と組織を操る愉快犯「内海」。内海の右腕で忠実な部下である「黒崎」。内海と根深い因縁を持ち、初期OVAシリーズの香貫香・クランシー巡査部長にかわる第二小隊の正規隊員[4]で唯一の模範的警察官「おタケさん」こと「熊耳 武緒」巡査部長[5]。イングラムの“ライバル機”として、作中大活躍をみせた規格外のOS「ASURA」を搭載した怪物レイバー「グリフォン」。その搭乗者で、主人公・野明を無邪気にライバル視する「バド」少年といった「それまでの作品にはあまり例がなく、物語を彩る上で個性的で分かり易い人物描写と商業的にも好都合な設定」が当時のファン、メインスポンサーに支持され、独自解釈色が強く「目的や真意が難解かつ一匹狼的な思想犯的犯罪者」を話の中心に据え、「特車二課第二小隊」をコメディパート担当の脇役へと追いやり、それと共々にイングラムという「ロボット」を脇へと追いやる傾向にあった初期OVAシリーズとアニメ劇場版2作品を監督した押井守の路線とは対立することになり、後期のOVAシリーズ[6]、TVレギュラー放送版[7]、ゆうき版の設定の延長線上にあるアニメ劇場版第3作『WIII』と「パトレイバーシリーズ」の事実上の中核を担った設定を「世界観には反映されない、なかった設定」にしている。このため、『NEXT GENERATION』では関係人物の名前や組織名が一切出てこない。生じてしまった矛盾もみられるが、そもそも劇場版第2作は劇場版第1作とつながるのかテレビ版・新OVA版とつながるのかも曖昧なため、劇場版第2作とつながる本作においても曖昧な状態であっても不思議はない。基本的には「原作の10数年後」と解釈するのが近いが、シバの年齢も計算が合わない等、作品群としては矛盾する部分もある。

ただ、押井守が監督し、彼の世界的評価を決定的にした劇場版「攻殻機動隊」とその続編である「イノセンス」がTVシリーズとして展開した「攻殻機動隊SAC」とは基本的に同じ登場人物を用いていても全く異なる展開や背景を持つ別の作品群としてそれぞれ受け入れられ、それぞれが高い評価を受けているように、それぞれの作品群を好意的に受け入れれば良いとする見方も出来る。

基本的に1話完結(第5話と第6話は前後編、第12話は長編の序章なので例外)で作成されており、どの章からでも観ることが可能な作りになっている。その為、それを逆手に取り第2話「98式再起動せよ」は明らかに他のエピソードとは繋がらない結末となっている。これはアニメのテレビシリーズなどでも使用される演出方法であり、世界設定とはまた別の話である。

関連番組[編集]

宣伝番組『週刊パトレイバー』(しゅうかんパトレイバー)が、第1章の劇場公開に合わせる形で2014年3月15日(初回放送日)から始まり2015年4月25日(初回放送日)まで1週間毎に新作が作られ、スターチャンネルで放送が行われた。全58回。1回につき放送時間は通常約10分だが、回により多少増減する。内容は主に作品紹介、舞台挨拶、スタッフや出演者へのインタビュー、実物大イングラムのデッキアップ(出張イングラム)のイベントの模様などで構成されている。キャスターとして西島まどかがレギュラー出演。

基本ストーリー[編集]

西暦2013年の東京。かつて汎用人間型作業機械「レイバー」がバビロンプロジェクトの各種建築などに多用された時代も、すでに過去のものとなっていた。プロジェクトの終息と長引く不況のダブルパンチで運用維持費のハイコストが仇となり、レイバーは東京でその居場所を無くしてしまったからだ。そして、レイバー犯罪に対抗する形で警視庁に作られたパトロールレイバー隊も存在意義を失い、縮小の一途をたどっていた。第一小隊は解隊され、今ではレイバーの運用スキルを後世に継承するという名目で、辛うじて「第二小隊」だけがお台場の埋立地に存在している。

そんな第二小隊は、プロジェクトの全盛期に数々の伝説と悪名を轟かせた「栄光の初代メンバー」が全員去って久しく、その後に初代がやらかした行状の後始末に追われた「無個性の二代目メンバー」を経て、現在は「無能の三代目」と陰口されるメンバーたちはお台場の片隅で毎日ヒマを持て余している。

下戸で昼行灯な初代隊長後藤の後輩後藤田 継次隊長を筆頭に、一号機操縦担当でゲーマー泉野 明、一号機指揮担当でモデラーかつミリタリーオタクの塩原 佑馬、一号機キャリア担当で気弱な大男山崎 弘道、二号機操縦担当でアル中の大田原 勇、二号機キャリア担当でギャンブル中毒かつバツイチの御酒屋 慎司といった面々にロシア連邦保安庁からの交換研修生で二号機指揮担当、軍人体質で毒舌家かつヘビースモーカーのカーシャが加わる。

特車二課創設時から残るメンバーであり、故人となった榊の後を受けて整備班長に昇格したシバ シゲオは既に「篠原重工」での生産も打ち切られ、部品調達のアテさえ覚束ない往年の名機「AV-98式『イングラム』」が現役に返り咲いたため、稼働維持のため苦労を重ねていた。

警備部予算縮小のため口実を作っては「特車二課潰し」を目論む上層部に対し、世界中に戦争とテロが溢れる中、相も変わらず平和で滅多な事態が起こらない日本の治安を護ると称して部隊存続の必要性をどうにかアピールするため、「三代目」隊員たちはレイバーなき時代の犯罪に立ち向かっていくのだった。

長編劇場版ストーリー[編集]

過去、幾度も犯罪者のターゲットになってきた日本の首都・東京に戦闘ヘリ・「AH-88J2改『グレイゴースト』」が襲来する。そのボディは最新鋭の光学迷彩を纏い、あらゆる防空システムを無効化。東京上空を悠然と飛空し、首都の要所を破壊していく。

1000万有余人の都民を人質に取ったと同然の状態に戦慄するも、為す術の無い警視庁上層部。今や最後の希望は一時は解体の危機に見舞われるも、なんとかコレを乗り切った「第二小隊」の「三代目」たちと、時代遅れのロートルレイバー2機! ・・・なのだろうか?

登場人物[編集]

主な登場人物たちの名前は、本プロジェクトで言うところの“初代メンバー”を想起させるネーミングになっているが、あくまでも初代とは別の人間たちである。

警視庁警備部特科車両二課第二小隊[編集]

東京都大田区城南島9丁目[8]2番1号に拠点(二課棟)が存在する。かつては同じ城南島の別の場所にあったが、2002年に二課棟が襲撃された事件があり、現在地に移設された。たびたび存続問題が取り沙汰されているが、世間では「ロボットのおまわりさん」とも呼ばれ、それなりに受け入れられている。

泉野 明(いずみの あきら)
演:真野恵里菜
一班・操縦担当(22才)。丸顔童顔で天然系の小柄な女性隊員。レイバーの出動が激減しているので常にヒマを持て余している。勤務中も携帯機でプレイするほど無類のゲーム好きであり、その腕前も天才的。平衡感覚と運動神経も抜群で進路を間違えたのではないかという節もある。ただ咄嗟の判断は苦手で、私物の整理も苦手。専門的な話は更に苦手で無知無教養。あまりの無学ぶりにカーシャからは「よくそれで警察官採用試験をパスできたな」などと揶揄され、想像力に欠け妄想体質という点も痛烈に非難されている。性格は明朗快活で特車二課全体のマスコットガール的存在なのだが極度の負けず嫌いで周囲をも平気で巻き込む。愛車はベスパでよくコンビニへの買い出し要員にされている。プライベートで塩原に誘われることもあるが、ナンパの当て馬扱いのため基本拒否している。
名前が初代メンバーの1号機操縦者・泉 野明(いずみ のあ)と名前が似すぎていることで、各種紹介文章では「泉と頻繁に間違われ比較される」とされているが、実際の本編では泉の名前について言及される事が殆ど無いため、裏設定的な程度のもの。
後藤田 継次(ごとうだ けいじ)
演:筧利夫
第二小隊隊長(48才)。無責任な独身中年。普段は昼行灯を地で行き、実際のところ「切れ者」なのか単なる「保身家」なのかは謎。第二小隊初代隊長・後藤の後輩で彼を慕い、一部では“カミソリ後藤の再来”と言われているらしいのだが、上にも下にも「保険」をかけた慎重かつケレン味たっぷりな物言いをし、時に部下たちを命の危険に晒すこともままある難儀な人物。下戸で酒は飲めない。部下にタカられることもあるがケチで食費などの出費にも領収書を切る。隊の維持存続のため上層部にはなにかにつけ恩を売ろうと腐心し、逆に本庁には「無用の借り」と「お取り潰しの口実」を与えないため、様々な危機にも特車二課だけでの解決を試みる「自決主義」の方針をとる。問題警察官の集まりではあったが警察官として一芸に秀でるところのあった「初代」と異なり、警察官としては「致命的」か「無能」な部下たちの将来について、本気で心配している節もみられる。
塩原 佑馬(しおばら ゆうま)
演:福士誠治
一班・指揮担当(26才)。“無能の三代目”の元凶と目されているイケメン台無しのスチャラカ警官。警察官としては不謹慎なことでも平然と言い放つなど自覚に欠ける。勤務時間中に隠れてビールを飲む・プラモを作るなど「仕事以外の事には熱く燃える」とされているが、危急の際には状況を打開するために自ら危険な役割回りを引き受けることもある。男性隊員最年少ながら事実上リーダー格。一回り歳の離れた他の男性陣とも共通の話題で盛り上がれる。大田原とはぶつかることもあるがなんだかんだで気が合い、御酒屋とはオタク体質という共通点から更に気が合う。趣味はナンパとミリタリー系知識の蒐集&ひけらかし。コンビを組む泉野とはなんだかんだでお互いに最大の理解者同士である。
カーシャ
演:太田莉菜
二班・指揮担当(25才)。スリムな美人だが気位が高く取っつきにくい女性隊員。本名はエカテリーナ・クラチェヴナ・カヌカエヴァ。ロシア連邦保安庁(FSB)より研修目的で赴任したロシア人女性。酒豪に加えて重度のヘビースモーカー。火気厳禁の隊舎内でも所構わず煙草をふかしている。またかなりの毒舌家でロシア語がまったく分からない他の隊員たちをわからないのを良いことに罵倒しまくっており、字幕が出る際には伏せ字が入るほど乱暴。常日頃から銃器を使った軍隊式の格闘訓練に励んでおり、昼食も野菜サンドで日本食を拒否している。隊内で唯一の同性である泉野に対して異常なほど手厳しく、相手が上司だろうが誰だろうが一歩も退かないため隊内では孤立気味。かなり偏った女性観の持ち主で「生きているうちに好きにやる」というのが信条。
太田原 勇(おおたわら いさむ)
演:堀本能礼
二班・操縦担当(38才)。短気単細胞で大酒飲みの中年男。特技は酔拳だが、アルコール使用障害から免職寸前になった過去がある。勤務中にもスキットルを取り出してはチビチビやらないとマトモに働けないのだが、飲むと身体能力や操縦センスが飛躍的に向上する。トリガーハッピーだが、事件に際して実際に銃火器を持ち出(して撃ちまくる)すのはカーシャの仕事。素行に深刻な問題はあるが基本的には真面目で正義感は強く警察官としての自意識も高い。ただしムッツリスケベ。コンビを組むカーシャとは常日頃口論が絶えないが、出動時ははしっかり尻に敷かれている。稼働機体確保のため二号機パーツを一号機の維持に転用されている事情から、二機の同時出動という機会は滅多にないため割を食っている節もある。
山崎 弘道(やまざき ひろみち)
演:田尻茂一
一班・キャリア担当(37才)。体格は大きいが、性格は真面目かつ内気な小心者。愛称はヒロちゃん。過去には主に恋愛面での深刻なトラウマが多いらしく、泉野には様々な機会で「地雷」を踏まれて傷つくことが多い。下戸ながら付き合いで塩原ら男性隊員たちとも行動を共にしているが、共通の話題や趣味の類いはほぼ皆無。ただ深刻に落ち込んでしまった際には周囲からフォローされている。敷地内で飼育している鶏は仕事よりも大事でヘアスタイルもトサカ型のモヒカン。鶏を愛し世話に明け暮れているのだが、コンビニ飯が常食の隊員たちからは貴重で新鮮なタンパク質の供給源としか思われていない。力仕事のため整備班に駆り出されることも多い。
御酒屋 慎司(みきや しんじ)
演:しおつかこうへい
二班・キャリア操縦(36才)。真面目そうな見た目に反する眼鏡の不良中年。前職はコンピュータプログラマー。重度のギャンブル依存症であり、勤務中は競馬新聞片手に予想に精を出すかネットサーフィンに明け暮れている。パチンコ好きから違法行為に手をだし免職寸前になった過去がある。離婚歴があり、慰謝料はパチンコで稼ぎ出している。前職に由来する妙な人脈があり、オタク体質で悪ノリやゴシップも大好き。
基本的に「初代」隊員たちの性格をベースに趣向面でアレンジを加えている節がある「三代目」隊員たちの中で、進士との共通点が最も少なく、趣向はむしろ後藤に似ている。

警視庁警備部特科車両二課 整備班[編集]

製造元の篠原重工でも既に生産が打ち切られた98式の部品調達を限られた予算内で「禁断のニコイチ」(二号機のパーツを一号機に転用して最低一機の稼働機体を確保する荒技)にまで手を出しつつ、どうにかこうにかやり繰りしながら薄給でこき使われる不幸な人々。出動回数が激減してヒマを持て余し、出動待機中も遊んでいられる第二小隊の面々とは異なり、突貫で開発され現行機として仕様面で深刻な問題点を抱える98式のメンテナンスに平時も忙しく働いている裏方さんたち。彼らの汗と涙の結晶とも言うべき98式は今や珍しいシロモノとして一般人の好奇の的になるか、マニアたちから熱烈に愛され(ると同時に大いにけなされ)ている。

シバシゲオ
演:千葉繁
特車二課・二代目整備班長(59才)。特車二課現メンバーでは創設当初からの生き残りであり、特車二課の過去の栄光と衰退の全歴史を知る生き字引的人物。初代整備班長・榊(故人)の技術と魂を継承しようと心がけるあまり口癖まで受け継いでしまったが、口煩いだけで一喝や一睨みで統率させられた榊ほどの威厳や貫禄はない。むしろ過去の経験値を武器に率先して整備に取り組み、行動で部下を従わせるタイプの上司となっている。部下の失態の尻ぬぐいや後藤田の無茶とも思える要望により、老体に鞭打っての不眠不休の働きをさせられることも多い。ハイテンションな性格とマシンガントークは少々老いても未だ健在で、パロディ、ネタボケ、話のオチ要員になる機会も非常に多い。榊の遺産とも言うべき過去の恩義を盾に現在は篠原重工の相談役になっている実山をも部品調達に動員している。
淵山 義勝(ぶちやま よしかつ)
演:藤木義勝
整備班・副長(58才)。シバを尊敬している。普段から竹刀を持ち歩き、下駄を履いている。
「ぶち山」という名の整備班員がテレビアニメ版劇場版2にも登場する。機動警察パトレイバーの登場人物#特車二課 整備班ぶち山(ブチヤマ)の項を参照。

上記の面々以外にも、整備班員が約30数名(うち女性が6名)在籍している。

警視庁警備部 上層部[編集]

警視庁警備部 部長・海道 誠一郎
演:渡辺哲
穀潰しの特車二課を本気で潰してしまいたいと考え、様々な「体の良い口実」を作っては特車二課を追い詰めようとしているが、老獪で抜け目のない後藤田にのらりくらりとかわされている。
警視庁警備部 警備課長[9]・宇野山 真
演:寺泉憲
海道の腰巾着。特車二課に不都合な事実を入手し、海道に様々な入れ知恵をしている。基本的に登場は海道とワンセットとなる。

ゲスト出演[編集]

酔っぱらいのオヤジ [#1]
演:神戸浩
神原(かんばら) [#2]
演:岩松了
銃器担当の古参整備員。リボルバーカノンで「空砲」を撃って欲しいという警視総監の要望に応えるため、安請け合いしてしまった後藤田のせいで多忙の合間を縫うように「空砲」を作成させられるのだが・・・。長編劇場版では神原が趣味的に製作したリボルバーカノン用の榴弾が淵山によって持ち出され、犯罪組織のアジトへ特車二課隊員達が突入時には支援射撃の為に使用された。
強いオヤジ [#3]
演:竹中直人
対戦型格闘ゲームで明を圧倒する強さのオヤジ。オールドシネマの一節や寺山修司の著作から引用した台詞で、明を煙に巻く。
蜂野 一郎(はちの いちろう) [#4,#10]
演:波岡一喜
全国指名手配中のテロリスト(35才)。何処かから調達した機関銃とプラスチック爆弾の取引きを目論む。だが、運悪く「昼飯の買い出し」にたまたま来店していた泉野に手配犯だと気づかれ、特車二課のライフラインとなっているコンビニ「Max Weber」を占拠し、「立て籠もり事件」を起こす。
猿渡 八郎 [#4]
演:三元雅芸
テロリストで蜂野の相棒。気が良くドジでもある。
七海 言子 [#5,#6]
演:松本圭未
海洋生物学者。「異端の学者」として学会を追放された恩師の芹沢ともども裏街道を歩む。樺山の依頼で急激に漁獲高が減ってしまった熱海網代漁港域の水産資源調査を任される。だが、彼女は独自の仮説をもとに付近で発生しているサーファーたちの「連続失踪事件」と関連付け、その原因を「G」として二つの怪現象を結びつけて、その謎を追う。それぞれの思惑の違いから樺山には雇われながらも敵対していく。後藤田の大学時代の後輩であり、塩原たちの見るところワケアリの間柄。生活力は乏しく、自宅アパートは荒れ放題。酒豪かつ酒乱でただでさえ腕力に物を言わせる傾向にあるが、泥酔すると更に手がつけられなくなる。#5,#6の事実上の主演。
樺山 久蔵 [#5,#6]
演:ベンガル
熱海市長。赤字財政が続き、昭和中後期の「過去の栄光」からすっかり遠ざかってしまった熱海市の「観光事業再建」に心血と予算を注ぎ、ブームに乗じての巻き返しを図ろうと目論む老獪な人物。自身の立場を弁えぬ民主主義“否定”発言や、「負け犬」的な地方自治体の長としての「居直り的態度」で「怪獣騒動」とたまたま「慰安旅行」で居合わせてしまった「画的には多いに利用できる特車二課」を最大限に活用しようと目論む。悪辣とした発想を抱くと時折顔が悪魔風に変化したり歌舞伎調になるなどコミカルな姿を見せる。#5,#6のもう一人の主役。
「パトレイバーシリーズ」では「怪獣モノ」として様々な角度から「怪獣騒動」という非日常の異常事態を捉える試みがなされている。初期OVA版では特車二課が遭遇する「怪異現象」。ゆうきまさみの漫画版では事態全体を俯瞰しての濃密なサスペンス。アニメ劇場版第3作『WIII』では漫画版の詳細な設定を下敷きに、事態に携わった「科学者」と「刑事」の視点から再構成した人間ドラマ。そして、本作では騒動の舞台となる「自治体」を中心に据え、そこに関わる様々な立場、思惑を抱く人々の描く「人間模様」として描き出している。
秘書・亜紀 [#5,#6]
演:奥田恵梨華
樺山の美人秘書だが無口かつ無愛想で、やることも唐突かつ過激。樺山に対しては冷静にツッコむ。
芹沢 八郎太(せりざわ はちろうた) [#5,#6]
演:嶋田久作
七海の恩師の海洋生物学者。「怪獣騒動」に乗じて復権する。
遊覧船船長 [#5,#6]
演:丹古母鬼馬二
当初は樺山の依頼を受けた七海に強力して水産資源調査を手伝っていた。だが、「海の男」としてのプライドから七海の熱意にほだされて彼女に協力する。
「熱風社」映像プロデューサー [#6]
演:鈴木敏夫
爆弾魔の男 [#7]
演:鴻上尚史
警視庁公安部外事三課 警部・高畑 慧(たかはた けい) [#8,#10,長編]
演:高島礼子
特車二課を利用しようと接触してくる。
総監督の押井が高島のファンであることからオファーがあったのを受けての出演。
セルゲイ・ステパノヴィッチ・トウゴウ (英語: Sergey Stephanovich Togo, ロシア語: Сергей Степановић Того) [#8]
演:クラスノフ・アナトリ
ロシア人で元KGBである狙撃のエキスパート。コードネームは赤いゴルゴ。カーシャのFSB時代の師匠。
ワニ園の飼育員 [#9]
演:螢雪次朗
キャスター [#9]
演:西島まどか
高遠 航(たかとう わたる) [#11]
演:大東駿介
高校時代の明の同級生。同窓会に出席しようとして、卒業以来初めて明と再会する。但し、何か秘密めいたものを隠しているようにも・・・。
吉田 一郎(よしだ いちろう) [#11]
演:駿河太郎
明や高遠の高校の先輩と称しているが・・・。
柘植 行人(つげ ゆきひと)[#12]
演:香川耕二
陸上自衛官。階級は二佐。11年前に勃発した「東京WARS」「柘植の反乱」などと称されるクーデター事件の首謀者(詳細は機動警察パトレイバーの登場人物#自衛隊関係者の'柘植 行人(つげ ゆきひと)の項目を参照)。現在は某・刑務所に収監中。
香川が役を演じるが顔は見えないように写されている。

長編映画版の登場人物[編集]

灰原 零(はいばら れい)
演:森カンナ
陸上自衛官。階級は二尉陸上自衛隊富士教導団航空教導隊第1飛行班所属。天才的な操縦技術を持ち、女性自衛官として初めて戦闘ヘリ操縦資格を取得し、汎用光学迷彩システム(MOCS)を備えた、陸上自衛隊の最新鋭ステルス戦闘ヘリAH-88J2改“グレイゴースト”のテストパイロットに選出されていたが、東富士演習場で行われた評価試験終了後に、“グレイゴースト”を強奪して忽然と姿を消す。その素性には謎が多い。バスケットボールに異常な執着を見せる。
グレイゴーストで、横浜ベイブリッジ防衛省(小説版)、特車二課、東京都庁新宿副都心六本木ヒルズ警視庁本部を攻撃・蹂躙し、必要とあらば、自衛隊にも攻撃を加える。
小野寺
演:吉田鋼太郎
陸上自衛官。階級は一佐。テロの首謀者。11年前に「幻のクーデター」を演出した柘植行人に心酔しているシンパである。「他国の戦争の上に成り立つ平和の上で惰眠を貪り、あまつさえ利益を上げている日本に現実を示す」という柘植の志を継いだ小野寺は、柘植の教え子達と共に、自衛隊から“グレイゴースト”を強奪。「北斗航機」というダミー会社を設立し、それを隠れ蓑として新たなテロ計画を立案・実行する。小説版では、小野寺率いる蹶起部隊のスポンサーがアメリカであることが示唆されている。
南雲 しのぶ(なぐも しのぶ)
演:渋谷亜希[10] 声:榊原良子
元特車二課 第一小隊隊長。クーデター事件の後、国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)のスタッフとして紛争地帯を転々としている(詳細は機動警察パトレイバーの登場人物#特車二課 第一小隊南雲 しのぶ(なぐも しのぶ)の項目を参照)。シリーズ最終話にもシルエットで1シーンのみ登場している。
渋谷が役を演じるが顔は見えないように写されており、声はアニメと同様に榊原の声でアフレコされている。

登場メカ[編集]

98式AV イングラム
本作品の主役機。1号機は泉野、2号機には太田原が搭乗。部品調達もままならないため、まともに動いていることが少ない。
KURATAS2000 [#1]
作業用・工業用の民間レイバー。実在のロボットである"クラタス"が出演している。劇中では妻に逃げられた酔っぱらいが乗り込み事件を起こしてしまう。
RT-99 バウーク [#10]
旧ソ連軍開発の4脚型軍用レイバー。赤いレイバーとも呼ばれるが、ボディが赤いわけではなくソ連製ということが由来。劇中ではロシアから日本に密輸しようとしたところを蜂野に強奪されてしまう。
AH-88J2改 グレイゴースト [長編]
AH-88 ヘルハウンドに自衛隊独自の改良を行ったAH-88Jをベースに、陸上自衛隊技術研究本部と民間企業が共同開発した戦闘ヘリ。液晶技術先進国である日本の技術力を結集して開発されており、航空機の曲面にも利用できる液晶装甲を用いた汎用光学迷彩システム(MOCS)により低視認性を実現している。「液晶装甲」とは言うものの、対弾性能はゼロに等しく、機関砲どころか小銃弾でも容易に破壊され、迷彩効果を瞬時に喪失してしまう。そのため、液晶パネルの細分化により、被弾による迷彩効果の低減に対処している[11][12]。このほか、最新鋭の熱光学迷彩により、レーダーや赤外線レーダーで探知することも困難となっている[12]
劇中では陸上自衛隊富士教導団航空教導隊で3機のグレイゴーストを試験運用中に灰原が搭乗した3号機が失踪。その後、テロの首謀者である小野寺一佐率いる「北斗航機」の兵站部隊と支援部隊による用意周到な支援を受けながら東京を攻撃・蹂躙し、自衛隊や特車二課とも戦闘を行う[12]

上映リスト[編集]

上映開始日 初放送日 Ep. サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演[13] 備考
1 2014年
4月5日
2014年
4月26日
00 栄光の特車二課 押井守 田口清隆
01 三代目出動せよ! 押井守 神戸浩 造形作家倉田光吾郎率いる「チーム・水道橋重工」が製作している実在のロボット「クラタス」が犯罪レイバーとして出演[14]
2 5月31日 6月21日 02 98式再起動せよ 山邑圭 辻本貴則 岩松了今野敏
03 鉄拳アキラ 湯浅弘章 竹中直人 台詞に寺山修司の著作からの引用が多数使用されている。また、押井作品でしばしば出てくるマッハ軒が登場する。鉄拳とコラボレーションが行われ[15]、劇中では泉野明がリン・シャオユウに扮したシーンやアーケードゲーム「鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド」でゲームを行うシーンがある。
3 7月12日 8月2日 04 野良犬たちの午後 辻本貴則 波岡一喜三元雅芸
05 大怪獣現わる 前編 押井守 ベンガル松本圭未奥田恵梨華丹古母鬼馬二森若香織佐伯日菜子[16]隆大介嶋田久作古川登志夫[17]冨永みーな[17]
4 8月30日 9月20日 06 大怪獣現わる 後編 ベンガル、松本圭未、奥田恵梨華、丹古母鬼馬二、鈴木敏夫ザ・リリーズ(本人役[18])、隆大介、嶋田久作 劇中劇「大怪獣熱海に現わる」は田口清隆が監督
07 タイムドカン 山邑圭 湯浅弘章 鴻上尚史中村萌子 テレビ版主題歌を歌った仁藤優子が、古いアイドル雑誌の表紙やグラビアで間接的に出演
5 10月18日 11月8日 08 遠距離狙撃2000 辻本貴則 高島礼子クラスノフ・アナトリ
09 クロコダイル・ダンジョン 田口清隆 螢雪次朗西島まどか テレビ版第38話「地下迷宮物件」、新OVA版第13話「ダンジョン再び」の続編
6 11月29日 12月20日 10 暴走! 赤いレイバー 高島礼子、波岡一喜、丘みつ子[16]
11 THE LONG GOODBYE 湯浅弘章 大東駿介駿河太郎 劇中で映画『ロング・グッドバイ』が重要な役割を持つ。またシリーズ唯一、CGとの合成カットが存在しない。
7 2015年
1月10日
2015年
1月31日
- プレイバック! 特車二課 存亡の危機 - 辻本貴則 - シリーズ総集編。約10分。blu-ray/DVDでは特典映像として収録。
12 大いなる遺産 押井守 外波山文明今野浩喜キングオブコメディ)、香川耕二今野敏池水通洋[19]渋谷亜希 映画『機動警察パトレイバー 2 the Movie』の後日譚。シリーズ最終回だが、長編のプロローグとしての意味合いが大きい。
長編
- 2015年
5月1日
THE NEXT GENERATION
パトレイバー 首都決戦
押井守 森カンナ吉田鋼太郎、高島礼子、渋谷亜希、榊原良子[20]

地上波テレビ放送[編集]

※ スター・チャンネルの放送については「上映リスト」>初放送日を参照
放送日 タイトル 放送局 備考
2014年11月17日・18日 『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-/第3章』
エピソード4「野良犬たちの午後」
TOKYO MX 前・後編分割放送。
2014年11月26日 サンテレビ
2015年11月28日 KBS京都
2015年4月27日 『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』シリーズ特別編 日本テレビ 日テレ深夜映画番組「映画天国」内にて放送。
シリーズ全7章からエピソード1・4・8・10・12をダイジェスト再構築。

シリーズスタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌
「Ambitious!」[#1 - #5、#7]
作詞 - 酒井竜二 / 作曲・編曲 - 中土智博 / ディレクター - たいせい / 歌 - 真野恵里菜
「大切なキセキ」[#8 - #12]
作詞 - 上田起士 / 作曲 - 小西裕子 / 編曲 - 鈴木俊介 / ディレクター - たいせい / 歌 - 真野恵里菜
挿入歌
「正しい整備員の歌」[#0]
詩 - 児島由美 / 曲 - 川井憲次 / 作中作詞&作曲 - シバシゲオ
「GA☆PAの歌」[#6]
作詞・作曲・編曲 - 川井憲次 / 歌 - ザ・リリーズ
イメージソング
Lose control」 [長編]
作詞・作曲 - Tom Collekiyo / 編曲 - 河野圭 / 歌 - 絢香
予告編などで使用されたのみで映画内では未使用。

Blu-ray/DVD[編集]

各章ごとに全7巻でBlu-ray及びDVDで発売されている。初回生産限定で紙製のアウタースリープが特典として付属する。また上映劇場でのみ初回生産限定Blu-rayにシナリオブックがセットになった「劇場限定版Blu-ray」が発売された。ただし第7章のみ「劇場限定版Blu-ray」は発売されず、完全初回生産限定版としてシナリオブック付きのBlu-rayが一般販売された。 発売・販売はハピネット

劇場限定版BD
発売日
発売日 規格品番
BD DVD
第1章 2014年4月5日 2014年4月26日 BIXJ-0121 BIBJ-8461
第2章 2014年5月31日 2014年6月28日 BIXJ-0122 BIBJ-8462
第3章 2014年7月12日 2014年8月2日 BIXJ-0123 BIBJ-8463
第4章 2014年8月30日 2014年9月27日 BIXJ-0124 BIBJ-8464
第5章 2014年10月18日 2014年11月8日 BIXJ-0125 BIBJ-8465
第6章 2014年11月29日 2014年12月26日 BIXJ-0126 BIBJ-8466
第7章 発売なし 2015年1月31日 BIXJ-0127 BIBJ-8467

CD[編集]

サウンドトラックが3枚発売されており、CDでのリリース及びハイレゾ音源配信サイトではCDよりも高音質なロスレス音源の配信も行われている。サウンドトラックには劇伴の他に主題歌と挿入歌も含まれている。バップより発売。

  • THE NEXT GENERATION パトレイバー ORIGINAL SOUNDTRACK(2014年5月28日発売、VPCD-81809)
  • THE NEXT GENERATION パトレイバー ORIGINAL SOUNDTRACK 2(2014年10月15日発売、VPCD-81817)
  • THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ORIGINAL SOUNDTRACK(2015年4月29日発売、VPCD-81829)

小説版[編集]

角川文庫及び角川書店より発売。監修:押井守、著:山邑圭、ただし「TOKYO WAR 2」のみ押井守と山邑圭の共著。4巻目からタイトルにナンバリングが付かなくなっている。

  1. THE NEXT GENERATION パトレイバー 1 佑馬の憂鬱 (角川文庫、2014年3月25日発売)
  2. THE NEXT GENERATION パトレイバー 2 明の明日 (角川文庫、2014年4月25日発売)
  3. THE NEXT GENERATION パトレイバー 3 白いカーシャ (角川文庫、2014年6月25日発売)
  4. THE NEXT GENERATION パトレイバー 赤いカーシャ (角川書店、2015年2月28日発売)
  5. THE NEXT GENERATION パトレイバー TOKYO WAR 2 灰色の幽霊 (角川書店、2015年5月1日発売)

その他・エピソード[編集]

  • 劇中で使用したイングラムは実際に自立歩行は出来ないが、99式大型特殊運搬車(レイバーキャリア)を模したトレーラーに搭載・デッキアップが可能。また、その機動性を生かし、映画の試写会や各地イベント会場に運搬してデッキアップの模様を披露する“出張イングラム”を行っている[22]
  • 日本作品に造詣が深い映画監督のギレルモ・デル・トロは本作にも期待を寄せており、長編版の公開を直前に控えた2015年4月28日には押井について語るインタビュー映像が公開された[23]

脚注[編集]

  1. ^ “パトレイバー実写化キャスト発表 主人公は真野恵里菜”. オリコンスタイル. (2013年9月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2029014/full/ 2013年9月25日閲覧。 
  2. ^ 筧利夫「“レインボーブリッジ”3部作になる…もう1作ほしい」と意欲”. SANSPO.COM (2015年5月9日). 2015年5月9日閲覧。
  3. ^ パトレイバー、ディレクターズカット版が10月公開!”. シネマトゥデイ (2015年5月9日). 2015年5月17日閲覧。
  4. ^ 香貫香は漫画版では「第二小隊隊員」としてではなく、未成年者の誘拐事件を担当する「FBI捜査官」として作中後半にて登場する。
  5. ^ 前述のTVアニメ版第38話は熊耳が第二小隊に配属されていた時期のエピソードである。
  6. ^ 路線転換の伏線かつ内海の登場を示唆する役回りとして黒崎がOVA版オリジナルレイバー「ファントム」と共に登場する。
  7. ^ ただし、TV放映後に販売されたビデオシリーズではシャフト関連エピソードは各巻末にバラバラに収録されている。
  8. ^ 実際の城南島は7丁目までしかなく、9丁目は存在しない。
  9. ^ 実際の警視庁警備部警備課には第1課と第2課があるが、「警備課長」とのみ表記され、どちらの課長なのかは はっきりしていない。
  10. ^ “実写版『パトレイバー』南雲しのぶの女優が判明! あのNHKキャスターだった”. マイナビニュース. (2015年5月19日). http://news.mynavi.jp/news/2015/05/19/309/ 2015年5月20日閲覧。 
  11. ^ 押井守 (著) 竹内敦志 (著) 『押井守・映像機械論[メカフィリア]』 大日本絵画 p.42~43
  12. ^ a b c 『THE NEXT GENERATION パトレイバー首都決戦』パンフレット p.9~10
  13. ^ 主要なゲスト出演者のみ記述
  14. ^ 実写「パトレイバー」に人が乗れる実在のロボ「クラタス」が登場(映画.com、2014年1月6日)
  15. ^ “『パトレイバー』と「鉄拳」がコラボ。特典には真野恵里菜とリン・シャオユウが登場!”. MOVIE Collection. (2014年5月19日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=6853 2015年1月3日閲覧。 
  16. ^ a b 友情出演
  17. ^ a b 声のみ、本人役
  18. ^ 『THE NEXT GENERATION -パトレイバー- オフィシャル・マニュアル』(2015年1月10日発行、松竹株式会社事業部) chapter II EPISODE GUIDEより
  19. ^ 冒中のナレーション
  20. ^ 声のみ
  21. ^ 第2章までは「原案」とクレジット。
  22. ^ 個人への貸し出しは受け付けず、団体などからの要請に応じている[1]
  23. ^ ギレルモ監督が押井愛とパトレイバーを語る「J・キャメロン監督に勧められた」 | マイナビニュース

外部リンク[編集]