THE CIRCLE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > THE CIRCLE
THE CIRCLE
B'zスタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年10月 - 2005年2月
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 2005年4月度月間1位 (オリコン)
  • 2005年度年間15位 (オリコン)
  • ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ (日本レコード協会)
  • 第20回日本ゴールドディスク大賞ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー[2]
  • B'z アルバム 年表
    • THE CIRCLE
    • (2005年)
    『THE CIRCLE』収録のシングル
    1. 愛のバクダン
      リリース: 2005年3月9日
    テンプレートを表示

    THE CIRCLE』(ザ・サークル)は、日本音楽ユニットB'zが、2005年4月6日にリリースした、14作目のオリジナル・アルバムである。

    概要[編集]

    長期に渡るソロ活動を終えて発表されたオリジナル・アルバム。

    アルバム・タイトルの『CIRCLE』は「輪廻」という意味合いをもたせている。これは、松本孝弘稲葉浩志の長いソロ活動の後に再集結し、作業を進める中で「バンドは破滅を繰り返しながらも再生していく」と輪廻を感じたことに由来している[3]

    ジャケット写真は石垣島で撮影された。当初「夏の爽やかな一枚」を撮ることを予定していたが、台風が直撃したことにより、曇りの中での撮影となった[4]。なお、このジャケット写真は、アップルの製品である初代iPod nanoの公式ホームページやカタログなどの液晶画面に使われていた。

    10thアルバム『Brotherhood』以来となるバンドメンバーを固定した、ジャム・セッションのスタイルをとっている。これは、最初からテーマとして上げたのではなく、自然とそのようにスタートしたものだという[3]。B'zのアルバムの中でも極めてシンプルな音像の作品になっている。

    シングル曲は本作の先行シングル「愛のバクダン」のみで、前年のシングル「BANZAI」と「ARIGATO」は、本作には合わないということで未収録となった。また、「なりふりかまわず抱きしめて」は、この時期のアウトテイクである。その一方で、3rdアルバム『BREAK THROUGH』以来15年ぶりに2nd beatが収録されている(後述)。

    同年に行われたアルバム・ツアー『B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"』ではアルバム・ツアータイトルにかけて、B'z史上初の360度円形センターステージで行われた。なお、ツアー・タイトルはアルバム・タイトル決定前にすでに決まっており、B'zとしてはかなり異例のことだったという。これは、「Pleasureシリーズ」が封印されたことで、「アルバムツアー」という概念も曖昧になってきていることが影響している。メンバーは、本作が近年のB'zを聴いていく上での「入門編」となるのではないか、と語った。

    2018年に結成30周年記念として『DINOSAUR』までのオリジナル・アルバムと共にアナログレコード化された[5]

    チャート記録[編集]

    オリコンアルバムチャートにおいて、19作連続での首位を獲得し、900作目の1位獲得作品ともなった[6]。また、本作で史上初のアルバム総売上4000万枚を突破した[7]

    収録曲[編集]

    曲の解説やタイアップなどはB'zで解説しているため、一部簡潔に解説する。

    1. THE CIRCLE (1:57)
      仮タイトルは、「surya」(ヒンディー語で「太陽」を意味する)。
      本曲における「CIRCLE」は、アルバムタイトルとは異なり「太陽」という意味。
      演奏時間が2分に満たない1コーラスのみの楽曲で、アルバムのイントロダクションとなる曲である。
      エスニック調のアレンジがなされている。これは松本がプーケットに旅行に行った際にガムラン風の音楽を聴いたことが影響している。
      パーカッションSEは、打ち込みではなく全てドラムスのシェーン・ガラースによって演奏された生音。
      松本曰く、「L.A.のスタジオの横のキッチンでアコギを弾いてて、日に日に出来ていったという感じ」。
      PVが制作されており、内容は稲葉が崖の上で歌い、松本が古びた灯台の窓辺でアコースティック・ギターを弾くというもの。
      アルバムツアーではバンドメンバーの入場SEとして長めに編集されたインストゥルメンタルが使用されたが、演奏披露はされていない。
    2. X (3:55)
      この曲での「X」は未知数を意味し、歌詞はアルバムのテーマでもある「破滅と再生」について書いたという。
      日本でサビだけを作り、それをロサンゼルスのスタジオでのジャム・セッションで完成させていった。
      前曲「THE CIRCLE」のトラックの最後にこの曲のイントロが重ねられている[注 1]が、元々「THE CIRCLE」と続けて配置するつもりはなく、レコーディングも別々だった。しかし並べてみたところしっくりと来たのでこの並びになったという。
      アルバムツアーではドーム公演のみ披露された。
    3. パルス (2:45)
      稲葉によると、「パルス」というテーマが最初にあり、そのテーマが新潟中越地震で崩落した岩石の中から救出された男の子の話と結びついたという。
      発売後、NHKドラマ『生き残れ』テーマソングに起用された。
      サビのPVも制作され公開されている。
      アルバムツアーのホール・アリーナ公演では、1曲目として演奏されていた。また、この曲が同ツアーで演奏された際の映像が42ndシングル『SPLASH!』の初回限定盤(ブルー)の特典DVDで発売された。
    4. 愛のバクダン (4:24)
      38thシングル。本作の制作過程では最後に制作された。
    5. Fly The Flag (3:45)
      松本によると、当初はそれほどヘヴィーではなく、昔っぽいディスコサウンドにするつもりだったらしい。
      稲葉曰く「Bメロに影響を受けて詞は寂しげな感じにした。“寂しいけど勇気はあるぞ”という世界を思い描いて書きました」とのこと。
      稲葉のお気に入りであったが、アルバムツアーでは未演奏となった。
    6. アクアブルー (3:20)
      本作では数少ない長調の楽曲。
      いくつかのデモテープを組み合わせて出来た曲で、「愛のバクダン」が出来るまではシングル曲候補だった。
      稲葉によると、アクアブルーとは携帯電話の着信ランプのことで、複雑な男女の恋愛関係を女性視点で表した歌詞となっている。
      楽曲の一部は『BIG MACHINE』の頃からあったもので、そこに新しいメロディを加えて作ったという。
      松本は、間奏のギターに、ゲイリー・ムーアのシグネチュア・レスポールを使用している。
    7. 睡蓮 (4:11)
      メロディは松本がTMGでのツアーの後に1人で作っており、ロサンゼルスでアレンジが行われた。
      稲葉曰く「音のイメージで睡蓮という言葉が出てきた。それで実際に睡蓮の絵を書きながら自分の知っている場面を掘り起こしながらストーリーを考えた」という。
      ヴォーカルの出だしは、最初はファルセットではなかったが、本作完成後に、少し変えたいと思い、ファルセットで歌い直したという。
    8. Sanctuary (3:43)
      本作の制作において最初に作り始めた曲。
      タイトルはすぐに浮かんだが、作詞には苦労したらしい。
      当初サビにシンセサイザーの音が入っていたが、松本曰く「シンプルにというか生音にこだわっているアルバムなのでカットした」という。
      アルバムツアーではホール・アリーナ公演のみ演奏された。
    9. Fever (4:17)
      38thシングル『愛のバクダン』2nd beat
      アルバムにシングルの2nd beatが収録されたのは、「LOVE & CHAIN」以来15年ぶりとなった[注 2]
    10. 白い火花 (3:59)
      B'zの楽曲では数少ないベースソロが存在する。松本曰く、「少し普段のB'zとは趣を異にしている」楽曲。
      レコーディングの最初に歌入れを初めて、終盤まで続けたという、本作において稲葉が最も作詞や歌入れに苦労した曲。
      アルバムツアーでは未演奏となった。
    11. イカロス (3:32)
      本アルバム製作のスタートになった楽曲。
      36thシングル『BANZAI』の頃には存在した曲で、本作のために再レコーディングされた。リテイクにあたりシェーンによってリズム・パターンも少し変えられている。
      タイトルのイカロスについて稲葉は、「アテネオリンピックの時に本屋さんでギリシャ神話を買ってきて、まぁオリンピックとどんどん関係なくなってったけどいいなぁと思った。」と語っている。
      三連系の曲。A・Bメロはゆったりしたビートで、サビからテンポが速くなる。アルバムツアーではこの曲調に合わせて円形ステージの外周が速度を変えて回転する演出が行われた。
    12. BLACK AND WHITE (4:24)
      本来なら前作『BIG MACHINE』に収録されるはずだったが、アルバムのイメージに合わないということでアウトテイクとなり、今作に収録されることとなった。ドラマーがこの曲だけシェーン・ガラースでないのはこのため。
      リフ先行で作られ、松本曰く「ギター・ソロではワーミー・ペダルを使って、またそれに重ねている。この曲も今作にうまくハマったと思う」。
      「白黒つけるのは大切なことなんだけれど、すべてのことでそれは必要なのか、それで誰が幸せになるのか」と稲葉は考えて作詞した。
      「Brighter Day」ができるまではラストナンバーになる予定だった。
      こちらもPVが制作されており、稲葉と松本がコンテナの前で演奏し、画面左右にそれぞれが鏡のように対称に映る映像となっている。
      アルバムツアーでは増田隆宣のキーボードソロから演奏され、最後のサビにメロディーが追加されている。
    13. Brighter Day (3:57)
      DEVIL」以来の全英詞の曲で、B'zとしては初の全英詞バラード。
      「愛のバクダン」より後に制作された曲で本来は収録予定はなかったが、急遽追加された。レコーディングは2月(つまりアルバム発売2ヶ月前)に行われた。
      歌詞は最初から英語で書こうと思い、「シェーンとかに協力してもらって、歌詞のフレージングと、歌になったときの英語の音の感じとかを試してみた」とのこと。そのため、メロディにあまり言葉を詰め込まずに緩やかに表情豊かに、韻を踏むというよりもストーリーを重視したという。歌詞カードには日本語訳が記載されている。
      2007年に海外のiTunes Storeで配信されたミニ・アルバム『B'z』にミックス違いのバージョンが収録されている。
      アルバムツアーでは未演奏となったが、2006年9月1日に行われた、ドワンゴ提供の完全招待制の『B'z NETWORK LIVE in Japan』にて初披露された。また、2012年に行われた『PEPSI NEX presents B'z PREMIUM LIVE OSAKA/TOKYO』、『B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free-』でも演奏され、主に国外向けのライブでの演奏が多い。

    タイアップ[編集]

    シングル曲については各作品の項目を参照

    参加ミュージシャン[編集]

    ライブ映像作品[編集]

    シングル曲については各作品の項目を参照

    X

    パルス

    アクアブルー

    睡蓮

    イカロス

    BLACK AND WHITE

    Brighter Day

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ iTunesでの配信の際には修正されている。
    2. ^ 4thシングル『BE THERE』以降のシングルの2nd beatはオリジナル・アルバムには未収録となっていた。

    出典[編集]

    1. ^ Martin, Ian. The Circle - B'z | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年8月1日閲覧。
    2. ^ THE JAPAN GOLD DISC AWARD|THE GOLD DISC”. 日本レコード協会. 2019年10月18日閲覧。
    3. ^ a b B'z〜ニュー・アルバム『THE CIRCLE』”. Music Freak Magazine. エムアールエム. 2019年11月23日閲覧。
    4. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories II』エムアールエム、2013年、130頁。
    5. ^ “B'z、アルバム全20作品をアナログ化。大型エキシビションで販売”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年3月22日). https://rockinon.com/news/detail/174432 2018年11月10日閲覧。 
    6. ^ “オリコン通算1000作目のアルバム首位、今週にも決定”. ORICON NEWS (オリコン). (2007年9月16日). https://www.oricon.co.jp/news/48051/full/ 2020年3月6日閲覧。 
    7. ^ “B'z、アルバム発売&米の配信事業に日本人として初登場!”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2006年5月10日). https://www.barks.jp/news/?id=1000022807 2019年11月24日閲覧。 

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]