TGS-NOPECジオフィジカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TGS-NOPEC Geophysical Company ASA
企業形態 公開会社
業種 石油・ガスの設備・サービス
設立 1981年
本社 ノルウェーの旗ノルウェーアスケー
主要人物 Robert Hobbs CEO、Henry H. Hamilton III (取締役会議長)
製品 地質学地震学に関するデータなどの提供
売上高 582.4百万USD(2008年)[1]
営業利益 増加 269.0百万USD(2008年)[1]
利益 増加 113.8百万USD (2008年)[1]
従業員数 550名 (2018年)[2]
ウェブサイト www.tgsnopec.com
テンプレートを表示

TGS-NOPECジオフィジカルノルウェー語: TGS-NOPEC Geophysical Company ASA)は、地質学のデータやソフトウェア、サービスを提供する多国籍企業。本社機能は、ノルウェーの首都・オスロ郊外のアスケーのほか、アメリカ合衆国ヒューストンにある[3]オスロ証券取引所上場企業(OSE: TGS)。

沿革[編集]

前身の一つであるNOPECは、1981年にオスロで設立され、北海地域で業界に先駆けて2次元データベースの構築を開始し、さらにオーストラリアやアジア地域にも進出、1997年にオスロ証券取引所に上場した[2]。他方、NOPEC設立と同年の1981年、TGSは、ヒューストンで設立され、まもなくメキシコ湾地域の2次元データライブラリを構築、北米や西アフリカで範囲を拡大し、3次元ポートフォリオを追加した[2]

1998年、両社の合併により、TGS-NOPEC Geophysical Company(TGS)を設立された[2]2019年5月、ノルウェーの同業であるSpectrum ASAとの合併を発表した[4]

TGS-NOPECジオフィジカルは2次元、および3次元で地質、地震学に関するデータを加工、解釈するサービスを世界中に提供しており、北米や南米、ヨーロッパアフリカロシアにおいてはオンライン上で最大級のデータベースを持つ[5]。 主要拠点としては、アスケーとヒューストンのほか、カナダカルガリーイギリスロンドンや、オーストラリア・パースシンガポールなどがある[3]。売上としては南北アメリカが約50%、ヨーロッパが約25%である[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Annual Results 2008”. TGS-NOPEC. 2009年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d This is TGS” (英語). TGS-NOPEC Geophysical Company ASA. 2019年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c Company Presentation - March 2019 (PDF)” (英語). TGS-NOPEC Geophysical Company ASA (2019年3月7日). 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ TGS and Spectrum executes merger agreement and merger plan” (英語). Global Newswire (2019年5月20日). 2019年8月1日閲覧。
  5. ^ About TGS”. TGS-NOPEC. 2010年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]