ラリーチャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TGRラリーチャレンジから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジは、トヨタ自動車が主催する入門者向けラリーシリーズ。俗称としてラリチャレと略される場合もある。

サービスパークの様子(2019年八ヶ岳

概要[編集]

2001年に誕生した、トヨタテクノクラフト(現トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)によるTRDヴィッツチャレンジを源流に持つ。当初はヴィッツのみのラリーであったが、2012年にはヴィッツ以外の車両も参戦できるTRDラリーチャレンジに発展[1]。2016年にはTOYOTA GAZOO Racingの公認と支援を受けて現在の名称となった。略してTGRラリーチャレンジとも呼ばれる。なおトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは2018年から中級者向けに『TRD RALLY CUP』を開催しているが、こちらは全国のJMRC(JAFの各地域クラブ協議会)の支援を受けており、ラリーチャレンジとは区別される。

国内では自動車メーカーが主催する唯一のラリーシリーズである。全日本ラリー選手権に次ぐ規模を誇り、2018年開幕戦の茅野八ヶ岳では過去最多となる100台以上のエントリー申請と90台の出走[2]を記録した。また観客数2万3000人[3]は「日本一速い男決定戦」の全日本スーパーフォーミュラ選手権と比べても遜色のない数字であった。

ラリー大会のみならず、入門者に向けてラリーのレッスン・講習会も開催しており、ラリーの基礎を1から学ぶことができる[4]

レギュレーション[編集]

以下は2018年時点の内容である。

競技規則[編集]

ドライバー・コドライバーともに、普通自動車以上の運転免許とJAF国内B級ライセンスを必要とする。参加上限は75~90台で、新城のみ50台。参加費は学生は割引があるほか、遠方からの参加の場合はキャッシュバックもある。

WRC全日本ラリー選手権と同じSSラリーで、リエゾン区間も設置される。SSは6~8本程度で、コース構成は林道・ミニサーキット・ジムカーナコース・ダートトライアルコースなど、公道が少ないのが特徴である。また気軽に参戦できるよう日曜日のみの「ワンデイ開催」を掲げているため、レッキは早朝に行われる。

2018年には東西の2つのカップ(TGRRCまたはRC)と、北海道・九州のジョイントカップ(TGRRCCまたはRC-C)という構成で開催される[5]。また新城ラリーは全日本ラリー選手権との併催で、東西の上位者が集まる特別な一戦として設定されており、C-1 および E-1~E-4 クラスのみが参加できる。

クラス区分[編集]

データは2018年現在のものである。技術的な規則はJAF国内競技車両規則第2編に準じているが、ごく一部の例外を除いて純正またはTRD製の部品しか使用できない。なおATCVT車やGR SPORT、ワンメイクレース用車も参戦可能である。タイヤはダンロップの「DIREZZA」、またはヨコハマの「ADVAN」ブランドの市販ラリー用タイヤが指定されている。

  • C-1・・・アクア
  • C-2・・・ヴィッツ(気筒容積1500ccの)
  • C-3・・・86
  • E-1・・・ヴィッツ(気筒容積1500cc)
  • E-2・・・86
  • E-3・・・トヨタ車(気筒容積1500cc以下)
  • E-4・・・トヨタ車(気筒容積1501cc以上)
  • OPEN・・・全自動車メーカー車両(気筒容積区分無し)

Cチャレンジ、Eはエキスパートを指す。ジョイントカップはE-3、E-4クラスのみとなる。また全日本以上の格の競技(ジムカーナ等含む)で一定以上の成績を収めた者は、C-2、C-3、E-1、E-2クラスには参加できない。

著名な参戦ドライバー・ナビゲーター[編集]

哀川翔のヴィッツ
MORIZOの86

※過去参戦していたドライバーも含む。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]