TEAM TAKEUCHI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TEAM TAKEUCHI(ちーむたけうち)は、2004年より全日本GT選手権SUPER GTに参戦しているレーシングチーム。代表は竹内浩典

概要[編集]

トヨタ若手育成プロジェクトGTクラス[編集]

2005年よりトヨタ自動車とタイアップし、「トヨタ若手育成プロジェクトGTクラス」として若手ドライバーの育成を行うことになった。トヨタの若手育成プログラムの第一段階である『フォーミュラ・トヨタ・レーシングスクール(FTRS)』を卒業したドライバーの中から優秀なドライバーを指導し、次期ワークスドライバーとして育成する。2005年は平中克幸2006年嵯峨宏紀2008年井口卓人が起用されている。

クムホタイヤの開発[編集]

2005年より韓国のタイヤメーカーであるクムホタイヤともジョイントする。クムホは、2004年シーズンから全日本GT選手権に参戦しており、2005年度は更に性能向上を目標に、TEAM TAKEUCHIと組んでタイヤ開発を進めて、国内タイヤメーカーにチャレンジしており、2008年度に於いても続いている。

マシン・メンテナンス[編集]

2004年及び2005年は、2002年までGT500クラスに参戦していたトヨタ・スープラの主要コンポーネントを移植して作られた、トヨタ・セリカを使用した。メンテナンスは竹内が長年お世話になったセルモが担当していた。

当初、セリカを使用するのはTEAM TAKEUCHIの他RACING PROJECT BANDOHとSPIRIT Motorsportの3チームであったが、主要コンポーネントは新規に製作された物では無く、徐々に参加台数が減っていった。2007年はTEAM TAKEUCHIへもエンジン(3S-GTE)が供給されなくなったため、参戦を断念した。

2008年は、新たにレクサス・IS350で第2戦(岡山)より参戦する予定だったが、製作が間に合わず、参戦は第3戦からとなった。尚メンテナンスも、竹内が代表を務めるシフトに変更される。

全日本GT選手権・SUPER GTでの実績[編集]

2004年は西澤誠剛と共に参戦し、予選では竹内がなかなかの速さを見せた(第6戦(もてぎ)では予選3位)ものの、決勝では良い結果が残らず、ポイントランキング13位という結果で終わった。

2005年は新たな体制となり、「トヨタ若手育成プロジェクト」の開始により若手の平中克幸を起用したが、即戦力タイプではなく、さらにタイヤもダンロップからジョイントしたクムホとなり、ポイントランキング15位という結果で終わった。

2006年は、平中がGT500クラスにステップアップしたため、新たに嵯峨宏紀を起用。若手育成とともにクムホタイヤの開発も継続した。第6戦(鈴鹿)でチームとして初めてとなるポールポジションを獲得。決勝も、1,000kmという長い距離でありながら一度も順位が下がることなく、そのままチーム初優勝を飾った。この勝利の要因は、マシンが救済措置で優遇されていたこと、タイヤ開発がうまく進んでいたこと、そして何よりもメカニックやドライバーがノーミスであったことが挙げられる。また、第6戦は1,000kmという長い距離を走るため、第3ドライバーとして2003年にセリカをドライブし活躍した澤圭太を起用した。

2007年は、トヨタがエンジン(3S-GTE)をTEAM TAKEUCHIへ供給しないことを決めたため、参戦を断念した。

2008年は、車両をレクサス・IS350に変更し復帰する。ドライバーは、竹内がGT500クラスに参戦するTOYOTA TEAM CERUMOの監督に就任するため、黒澤琢弥と井口卓人を起用した。

2009年は、竹内自身がセルモの監督・代表を務めており、TDPはaprに託された。またシフトはチーム・レクリスをサポートしたため、チーム・タケウチは参戦を終了した。 尚、チーム・タケウチで使用していたIS350は2011年にTeam SG CHANGIの手で再び用いられ、好成績を収めることとなる。

レース戦績[編集]

スーパーGT[編集]

使用車両 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 順位 ポイント
2004年 トヨタ・セリカ 日本の旗 竹内浩典
日本の旗 西澤誠剛
TAI
17
SUG
20
SEP
8
TOK
23
TRM
8
AUT
18
SUZ
9
16位 9
2005年 日本の旗 竹内浩典
日本の旗 平中克幸
OKA
11
FSW
14
SEP
12
SUG
8
TRM
14
FSW
Ret
AUT
8
SUZ
18
15位 7
2006年 日本の旗 竹内浩典
日本の旗 嵯峨宏紀
日本の旗 澤圭太 (Rd6)
SUZ
11
OKA
12
FSW
Ret
SEP
SUG
11
SUZ
1
TRM
Ret
AUT
13
FSW
21
13位 31
2008年 レクサス・IS350 日本の旗 黒澤琢弥
日本の旗 井口卓人
日本の旗 山内英輝 (Rd6)
SUZ OKA FSW
Ret
SEP
13
SUG
17
SUZ
18
TRM
8
AUT
12
FSW
13
32位 3

リンク[編集]