TAMAらいふ21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TAMAらいふ21(たまらいふにじゅういち)は、多摩地域北多摩郡南多摩郡西多摩郡)の神奈川県からの東京府編入100周年記念を記念して、『「多摩新時代の創造」-世界に開かれた人間都市・東京の新機軸-』をテーマとして、立川市を中心に開かれたイベントである[1]。1988年(昭和63年)をピークに、既に地方博覧会ブームは終わっていたこと、バブル景気がはじけた後だったことから、協賛企業集めに苦労し、テーマがはっきりしていなかったことなどから、CMなどを積極的に打ち、末期には各家庭の郵便受けに無料券を配布までしたにも関わらず、入場者数も低調に終わった。

名称・テーマ[編集]

  • 名称:多摩新時代の創造 多摩東京移管100周年記念事業[1] 国営昭和記念公園開園10周年記念事業
  • 呼称:TAMAらいふ21[1]
  • テーマ:「多摩新時代の創造」-世界に開かれた人間都市・東京の新機軸-[1]
  • 開催主体:TAMAらいふ21協会[1]
    都市基盤・都市施設等の整備を除く各事業の企画・実施・支援を行う団体として1991年(平成3年)12月25日に設立。多摩地域32市町村や東京都のほか、地域の市民・大学・企業等の代表で構成された。[1]

期間[編集]

会場[編集]

イメージソング[編集]

関連イベント[編集]

  • 『TAMAらいふ21 80大学対抗クイズ選手権』 - 日本テレビ制作による多摩地域の大学対抗のクイズイベント。司会は福澤朗[3]

参考文献[編集]

  • TAMAらいふ21協会『TAMAらいふ21事業展開計画《概要》』、1992年4月、初版(日本語)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j * TAMAらいふ21協会『TAMAらいふ21事業展開計画《概要》』、1992年4月、初版(日本語)。
  2. ^ 実験局・臨時局用に確保されているもので、後に臨時災害放送局FM796 フェニックスや、デジタルラジオ推進協会地上デジタル音声放送実用化試験に割り当てられた。
  3. ^ 懐かしのクイズ番組特集 「TAMAらいふ21 80大学対抗クイズ選手権」 - たけしのクイズパンチBlog、2017年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]