T・A・N・K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T・A・N・K
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 SNK
発売元 SNK
人数 1~2人
メディア AC:業務用基板
発売日 AC:1985年
デバイス AC:ダイヤル式レバー+2ボタン
テンプレートを表示

T・A・N・K』(ティー・エー・エヌ・ケー)は、SNK1985年に発売したアーケード用の縦スクロールシューティングゲームである。

ストーリー[編集]

大戦末期、戦況は悪化していた。地中海を重傷を負って漂流していた科学者から、敵国が小島で開発中の兵器の情報を入手した当局は、特殊部隊に破壊を命じた。特殊部隊ラルフ大佐は、それが勝敗を決める重要事項である事を知り、海岸から本拠地までを12エリアに分け、小島に潜入して単独で破壊工作にあたる事を決意したのだった。

解説[編集]

操作は8方向のダイヤル式レバー[1]と2ボタンで、ラルフ大佐(自機)の戦車を操作する。レバーはスティックの上部にダイヤルがついており、倒すことで自機を進行、回転で砲塔の向きを変える。2つのボタンは大砲と機関銃で、大砲は砲塔の向きに、機関銃は進行方向に発射される。

当時のゲームにしては珍しく、無限ループが無く1周で終了。

難易度は非常に高い。敵の攻撃を受けると画面下に表示されている戦車のエネルギーゲージが減少し、エネルギーゲージが無くなると1ミスとなる。

アイテム[編集]

アイテムは、特定の敵が持っている。

L
砲弾の飛距離が伸びる。
V
砲弾の連射力が増す。
F
砲弾に貫通性能が付く。
K
画面内の歩兵が全滅する。
E
戦車のエネルギーが一定量回復する。
N
戦車のエネルギーが全回復する。
P
3個集めると残数が1機増える。
S
3個集めると一定時間無敵となるが、無敵の間に地雷を踏むと隠しボーナスが入る。
J
アイテムが全て0になる。

脚注[編集]

  1. ^ ダイヤルスイッチやループレバーとも呼ばれる。

関連作品[編集]