System80

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

System80コンバッション・エンジニアリング社(現ウェスチングハウス[1])が設計を行った加圧水型軽水炉パロベルデ原子力発電所英語版で3台が建設された。System80+はその改良型で、改良型軽水炉などとも呼ばれる[2][3]。改良によって炉心損傷頻度は1/121にまで下がっているとされ、出力が130万kwに増加、経済性も向上している[4][5]。なお、コンバッション・エンジニアリング社はアセア・ブラウン・ボベリ社に買収された後に、ウェスチングハウスの傘下に入っている。

System80は韓国で採用され、改良標準化を図った後、OPR1000として霊光原子力発電所の5号機と6号機、蔚珍原子力発電所3号機から6号機で採用されている[6][7]。韓国はその後System80+の改良型であるAPR-1400を開発している[8]

[編集]

関連項目[編集]