Swingin' Daze

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Swingin' Daze
RED WARRIORSスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル 日本コロムビア
プロデュース 木暮武彦、宗清裕之
チャート最高順位
RED WARRIORS 年表
1988 KING'S ROCK'N'ROLL SHOW -LIVE AT SEIBU STADIUM-
1988年
Swingin' Daze
(1989年)
RED SONGS
(1989年)
『Swingin' Daze』収録のシングル
  1. 欲望のドア
    リリース: 1989年5月21日
  2. SUNDAY SUNSHINE
    リリース: 1989年7月1日
テンプレートを表示

Swingin' Daze』(スウィンギング・デイズ)は、RED WARRIORS1989年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては4作目。

解説[編集]

RED WARRIORSの解散が決定的となっていた頃に制作され、オリジナル・ラインナップによる最後のスタジオ・アルバムとなった。キーボードを多用し、サイケデリック・ロック色の強い音楽性。本作制作当時、ダイアモンド☆ユカイ黒魔術への関心を強めており[1]、そのことは「DANCE MACABRE」等の歌詞に反映されている。

本作からは、「欲望のドア」と「SUNDAY SUNSHINE」がシングルとしてリリースされた。「SISTER」は、初期RED WARRIORSのレパートリー「DIRTY MIND」を改作したもので[2]木暮武彦がRED WARRIORS解散後に結成したバンド、CASINO DRIVEのデビュー・アルバム『FEVER VISIONS』(1992年)において、英語詞でセルフカヴァーされた。「灰と蜃気楼」「GOLDEN DAYS」の歌詞は、バンド解散に向けたダイアモンド☆ユカイと木暮武彦のそれぞれの思いを反映したもの[2]

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1989年7月21日 日本コロムビア/BODY CDCT CA-3777 (CD)・CAR-1660 (CT) 3位
2 1993年11月21日 日本コロムビア/BODY CD COCA-11122 - CD文庫1500シリーズ(廉価版)
3 2009年8月24日 コロムビア・ミュージックエンタテインメント オンデマンドCD CORR-10431 -

収録曲[編集]

A面
全作曲: 木暮武彦、全編曲: RED WARRIORS、三国義貴
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 欲望のドア 木暮武彦 木暮武彦
2. DANCE MACABRE ダイアモンド☆ユカイ 木暮武彦
3. SUNDAY SUNSHINE 木暮武彦 木暮武彦
4. SISTER ダイアモンド☆ユカイ 木暮武彦
5. 鏡の前のメリー・アン ダイアモンド☆ユカイ 木暮武彦
B面
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
6. SWEET RED FLOWER ダイアモンド☆ユカイ  
7. 灰と蜃気楼 ダイアモンド☆ユカイ  
8. 90'S REVOLUTION 木暮武彦  
9. GOLDEN DAYS 木暮武彦  

曲解説[編集]

  1. 欲望のドア
  2. DANCE MACABRE
  3. SUNDAY SUNSHINE
  4. SISTER
  5. 鏡の前のメリー・アン
  6. SWEET RED FLOWER
  7. 灰と蜃気楼
  8. 90'S REVOLUTION
  9. GOLDEN DAYS

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『成りさがり』(ダイアモンドユカイ、光文社、2009年、ISBN 978-4-334-97563-0)p.108
  2. ^ a b 『RED SONGS(1989年、CA-4323-24)CDライナーノーツ(宗清裕之)