Sweet16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Sweet16は、(Apple II Std)のBASICに含まれる16bit CPUエミュレータ

MOS 6502の弱点であるデータやポインターが16bitサイズになると処理が急に煩雑になる欠点を補強する為にApple IIのデザイナーであるWozniak自身によって書かれた。SWEET16は16bitのレジスタを16本持ち、Wozniakが「6502のアセンブラで直接書かれたプログラムより実行速度は30倍ほど遅かったもののコード量を減らすのには大変役に立った」と言っている様に、16bit処理では非常に有用でAPPLE社純正のアセンブラであるEDITOR / ASSEMBLER(プログラマーはRandy Wigginton)でもSWEET16をRAM上に置いて使っている。