ぴえろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Studioぴえろから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ぴえろ
PIERROT CO., LTD.
Studio Pierrot logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
181-0013
東京都三鷹市下連雀二丁目29番13号
設立 1979年5月(株式会社として)(創業:1977年4月)
業種 情報・通信業
法人番号 3012401011316 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画制作、版権管理事業
代表者 本間道幸(代表取締役社長)
資本金 428,270,000円(2013年4月現在)
従業員数 158名(2019年11月末現在)
主要子会社 株式会社スタジオ サインポスト[1]
関係する人物 布川郁司(創業者、取締役最高顧問)
外部リンク http://www.pierrot.jp/
テンプレートを表示

株式会社ぴえろ: PIERROT CO., LTD.)は、日本アニメ制作会社日本動画協会正会員。

歴史[編集]

1977年4月、アニメーター・演出家の布川郁司が朋映、虫プロダクション竜の子プロダクションを経て、上梨満雄ときたひろこらと共に演出家のグループとして発足。吉祥寺のマンションで活動を開始した[2]。社名の由来について、布川が幼少期に山王祭りで見たサーカス集団が印象に残っていたことから社名をぴえろにしたという[3]

みつばちマーヤの冒険』などを手がけた後、学習研究社からの依頼で、『ニルスのふしぎな旅』を制作するため1979年にアニメの制作スタジオとなり、株式会社に改組。「株式会社スタジオぴえろ」を設立して三鷹市にスタジオを構える。当初は『ニルスのふしぎな旅』を作るためだけに設立されたスタジオで、布川、上梨の他、竜の子プロダクションの演出スタッフであった経歴を持つ鳥海永行案納正美高橋資祐押井守らが参加した。人脈的には同プロダクションの流れにあるスタジオである。また、演出家が集まって作られたため、演出家の力が強いことも当初の特徴の一つであった[4]。制作にあたっても設立当初はスケジュールに余裕をもって良質な作品を作る制作環境であったという[5]

『ニルスのふしぎな旅』以降もテレビシリーズを制作。設立当初は学習研究社からの発注される仕事が多かった。1984年5月、版権管理事業を行う組織として「株式会社ぴえろプロジェクト」を設立した。これは請負による制作だけでは十分な利益が得られなかったことによるものである[6]。また本体と別会社にしたのは、当時のアニメーション業界では制作会社が作品に対して権利を持ち、商品化を行うことに対する偏見があったためであったという。

1981年から放送されたキティ・フィルム製作の『うる星やつら』のアニメーション制作を担い一世を風靡。1983年に始まる自社オリジナルシリーズの「ぴえろ魔法少女シリーズ」では制作会社から出資も行なう製作会社へと転換を図って[7]、ぴえろのブランドを認知させるとともにこのシリーズから広告代理店読売広告社と組むこととなる[8]1983年には世界初のオリジナルビデオアニメ(OVA)作品とも言われる『ダロス』を制作して、アニメ史に名を残した。テレビアニメでは『うる星やつら』以降、フジテレビ系列で放送された作品を多く手がけ、1987年の『きまぐれオレンジ☆ロード』に始まる同社の『週刊少年ジャンプ』原作作品のアニメ化路線は1992年の『幽☆遊☆白書』で視聴率的にも成功を収める結果となり、以後も数多く手掛けることとなった[9]。同じく1987年の『あんみつ姫』からは商品化権の窓口業務を始めるようになる[10]

1987年にはぴえろ作品の海外リリースを手がけていた企画製作会社のオリエンタル・シネ・サービスと共同でビデオ販売会社の株式会社エスピーオー(Sales company of Pierrot and Oriental Service)を設立[11]。OVA『ハーバーライト物語』など当時のぴえろ作品のビデオは同社を通じてリリースされた[12]

2002年、「株式会社スタジオぴえろ」と「株式会社ぴえろプロジェクト」の両社を合併し、社名を「株式会社ぴえろ」に変更[6]2004年から、制作ブランド名として「studioぴえろ」の名称を使用している[注 1]

2008年、株式会社ぴえろプラスをグループ会社化[1]

2012年、動画・仕上を行っていた福岡分室が閉室[13]。同年7月、長年に渡って代表取締役社長だった布川郁司が代表取締役会長に就任し、専務取締役の本間道幸が代表取締役社長に就任した[14]。その後、布川は代表権の無い取締役最高顧問に就任した。

作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 備考
1980年 1月 - 1981年3月 ニルスのふしぎな旅
1981年 10月 - 1986年3月 うる星やつら 129話まで制作
10月 - 1983年10月 まいっちんぐマチコ先生
1982年 6月 - 1983年6月 太陽の子エステバン[15]
1983年 4月 - 1984年3月 スプーンおばさん
7月 - 1984年6月 魔法の天使クリィミーマミ
1984年 4月 - 9月 チックンタックン
7月 - 1985年5月 魔法の妖精ペルシャ
10月 - 1985年9月 星銃士ビスマルク
1985年 6月 - 1986年2月 魔法のスターマジカルエミ
10月 - 1986年7月 忍者戦士飛影
1986年 3月 - 8月 魔法のアイドルパステルユーミ
10月 - 1987年9月 あんみつ姫 企画協力:竜の子プロダクション
10月 - 1987年3月 がんばれ!キッカーズ[16]
1987年 4月 - 1988年3月 きまぐれオレンジ☆ロード
10月 - 1988年10月 のらくろクン
1988年 2月 - 1989年12月 おそ松くん(第2作)
3月 - 9月 燃える!お兄さん
1989年 10月 - 1990年7月 まじかるハット
1990年 1月 - 12月 平成天才バカボン
3月21日 雲のように風のように
10月 - 1991年3月 江戸っ子ボーイ がってん太助
10月 - 1991年9月 からくり剣豪伝ムサシロード
1991年 1月 - 10月 おれは直角
4月 - 1992年4月 ちいさなおばけアッチ・コッチ・ソッチ
6月16日 満ちてくる時のむこうに
11月 - 1992年9月 丸出だめ夫
1992年 10月 - 1994年3月 ノンタンといっしょ
10月 - 1995年1月 幽☆遊☆白書
1994年 4月 - 1995年3月 とっても!ラッキーマン
1995年 1月 - 1996年2月 NINKU -忍空-
4月 - 1996年3月 ふしぎ遊戯
1996年 3月 - 1997年7月 みどりのマキバオー
4月 - 1997年1月 はじめ人間ゴン
7月 - 1997年3月 赤ちゃんと僕
1997年 4月 - 9月 はいぱーぽりす
5月 - 10月 CLAMP学園探偵団
7月 - 1998年7月 烈火の炎
1998年 4月 - 1999年9月 たこやきマントマン
4月 - 9月 魔法のステージファンシーララ
南海奇皇
10月 - 1999年6月 どっきりドクター
11月 - 1999年3月 よいこ
1999年 1月 - 12月 小さな巨人ミクロマン
4月 - 9月 南海奇皇(第2期)
天使になるもんっ!
パワーストーン
6月 - 2000年9月 GTO
7月 - 10月 バーバパパ世界をまわる
10月 - 2001年9月 ぐるぐるタウンはなまるくん
10月 - 2000年3月 レレレの天才バカボン
2000年 4月 - 2001年3月 幻想魔伝 最遊記
4月 - 9月 妖しのセレス
6月 - 9月 OH!スーパーミルクチャン
10月 - 2001年3月 学校の怪談
2001年 4月 - 2002年3月 超GALS!寿蘭
4月 - 2003年8月 十二国記
10月 - 2002年3月 旋風の用心棒[17]
10月 - 2003年3月 ヒカルの碁
11月 こげぱん
2002年 4月 - 9月 東京アンダーグラウンド
4月 - 2003年3月 東京ミュウミュウ
10月 - 2007年2月 NARUTO -ナルト-
2003年 4月 - 9月 E'S OTHERWISE
4月 - 2004年3月 探偵学園Q[18]
10月 - 2004年3月 最遊記RELOAD
2004年 4月 - 9月 最遊記RELOAD GUNLOCK
4月 - 6月 美鳥の日々[19]
10月 - 2012年3月 BLEACH
2005年 4月 - 6月 英國戀物語エマ
7月 - 2006年6月 シュガシュガルーン
2007年 2月 - 2017年3月 NARUTO -ナルト- 疾風伝
4月 - 2008年3月 BLUE DRAGON
2008年 4月 - 2009年3月 BLUE DRAGON 天界の七竜
2009年 4月 - 2010年2月 花咲ける青少年[20]
2011年 1月 - 4月 レベルE 共同制作:デイヴィッドプロダクション
2012年 4月 - 2013年3月 しろくまカフェ
NARUTO -ナルト- SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝
6月 - 2013年2月 キングダム
2013年 6月 - 2014年3月 キングダム 第2シリーズ
10月 - 2014年6月 ガイストクラッシャー
2014年 4月 - 9月 ベイビーステップ
4月 - 6月 それでも世界は美しい
6月 - 10月 ガイストクラッシャー ゴッド編
7月 - 9月 東京喰種トーキョーグール
10月 - 2015年3月 暁のヨナ
2015年 1月 - 3月 東京喰種トーキョーグール√A
4月 - 9月 ベイビーステップ(第2期)
10月 - 2016年3月 おそ松さん
2016年 1月 - 3月 ディバインゲート
4月 - 2017年3月 双星の陰陽師
7月 - 9月 ツキウタ。THE ANIMATION
7月 - 2018年3月 パズドラクロス
10月 - 12月 侍霊演武:将星乱
2017年 1月 - 3月 エルドライブ【ēlDLIVE】
4月 - BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
7月 - 9月 コンビニカレシ
10月 - 2018年3月 おそ松さん(第2期)
10月 - 2021年3月 ブラッククローバー
10月 - 12月 DYNAMIC CHORD
2018年 1月 - 3月 サンリオ男子
4月 - 6月 東京喰種トーキョーグール:re 第3期
10月 - 12月 最終章
4月 - パズドラ
2020年 キングダム 第3シリーズ 共同制作:スタジオ サインポスト
10月 - 12月 アクダマドライブ
10月 - 2021年3月 おそ松さん(第3期)

アニメ映画[編集]

公開年 タイトル
1982年 ニルスのふしぎな旅 劇場版(未公開)
1983年 うる星やつら オンリー・ユー
1984年 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
1985年 きまぐれオレンジ☆ロードジャンプフェスタ版)
1987年 バリバリ伝説
あいつとララバイ 水曜日のシンデレラ
1988年 きまぐれオレンジ☆ロード あの日にかえりたい
1989年 おそ松くん スイカの星からこんにちはザンス!
1990年 MAROKO 麿子
1991年 月光のピアス ユメミと銀のバラ騎士団
1993年 劇場版 幽☆遊☆白書
1994年 劇場版 幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆
1996年 新きまぐれオレンジ☆ロード
1999年 小さな巨人 ミクロマン 大激戦! ミクロマンVS最強戦士ゴルゴン
2001年 劇場版 幻想魔伝 最遊記 Requiem 選ばれざる者への鎮魂歌
2003年 良寛さん
2004年 劇場版 NARUTO -ナルト- 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!
2005年 劇場版 NARUTO -ナルト- 大激突!幻の地底遺跡だってばよ
2006年 劇場版 NARUTO -ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ
劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY
2007年 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝
劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸
2008年 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆
劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ
2009年 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者
2010年 劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー
劇場版BLEACH 地獄篇
2011年 鬼神伝
劇場版 NARUTO -ナルト- ブラッド・プリズン
2012年 ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-
2014年 THE LAST -NARUTO THE MOVIE-
2015年 BORUTO -NARUTO THE MOVIE-
2019年 えいがのおそ松さん

OVA[編集]

発売年 タイトル 備考
1983年 ダロス - 1984年
1984年 魔法の天使クリィミーマミ 永遠のワンスモア
魔法の天使クリィミーマミラブリーセレナーデ
1985年 魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ
エリア88 - 1986年
炎トリッパー
1986年 バリバリ伝説 - 1987年
クリィミーマミ ソングスペシャル2 カーテンコール
艶姿 魔法の三人娘
魔法のスターマジカルエミ 蝉時雨
ジャスティ
ザ・超女
1987年 魔女っ子クラブ4人組 A空間からのエイリアンX
笑う標的
LILY-C.A.T.
1988年 ハーバーライト物語
沙羅曼蛇
1989年 バオー来訪者
御先祖様万々歳! - 1990年
Hi-SPEED JECY
きまぐれオレンジ☆ロード - 1991年
1990年 おそ松くん イヤミはひとり風の中
1991年 ここはグリーン・ウッド - 1992年
シャコタン☆ブギ - 1992年
江口寿史の寿五郎ショウ
恐怖新聞
うしろの百太郎
ユメミと銀のバラ騎士団
1992年 あばしり一家 共同制作: 東京キッズ
るり色プリンセス
永遠のフィレーナ - 1993年
1993年 今日から俺は!! - 1997年
1994年 KEY THE METAL IDOL - 1997年
1996年 ソニック・ザ・ヘッジホッグ
ぼくのマリー
1997年 八雲立つ
1998年 新・男樹
1999年 ときめきメモリアル
てなもんやボイジャーズ
2002年 筋肉番付 金剛くんの大冒険!
フロム I"s アイズ -もうひとつの夏の物語 - 2004年
2005年 I"s Pure - 2006年
2007年 TAMALA ON PARADE
2008年 テガミバチ〜光と青の幻想夜話〜

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

制作協力[編集]

放送年 タイトル 備考
2004年 MEZZO -メゾ- 制作元請:アームス
2007年 英國戀物語エマ 第二幕 制作元請:亜細亜堂
2009年 夢色パティシエール 企画協力、制作元請:スタジオ雲雀
テガミバチ 制作元請:ぴえろプラス
2010年 テガミバチ REVERSE
夢色パティシエールSP(スペシャル)プロフェッショナル 制作元請:スタジオ雲雀
2011年 べるぜバブ 制作元請:ぴえろプラス
2013年 凪のあすから 各話制作協力
制作元請:P.A.WORKS
2014年 さばげぶっ! 制作元請:ぴえろプラス
2015年 アルスラーン戦記 各話制作協力
制作元請:ライデンフィルム
2016年 不機嫌なモノノケ庵 制作元請:ぴえろプラス
2018年 転生したらスライムだった件 各話制作協力
制作元請:エイトビット
2019年 群青のマグメル 制作元請:ぴえろプラス
2020年 織田シナモン信長 制作元請:スタジオ サインポスト
number24 制作元請:ピー・アール・エー

その他[編集]

放送年 タイトル 備考
1992年 紅いハヤテ 製作、制作元請: 南町奉行所
2007年 最遊記RELOAD -burial- 製作、制作元請: アームス

関連人物[編集]

アニメーター・演出家[編集]

制作[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

同社スタッフ・OBが独立・起業した会社[編集]

現在[編集]

過去[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それ以前にも、「幽☆遊☆白書」などでこのブランドが使用されていた時期がある。

出典[編集]

  1. ^ a b COMPANY”. ぴえろプラス. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ 野田、p.258
  3. ^ 2013年5月19日マリーン5清水屋で開かれたトークイベントより。「NARUTO」手掛けた布川さん、古里イベント 酒田 Archived 2013年6月10日, at the Wayback Machine. 2013年5月20日 山形新聞
  4. ^ 野田、pp.204、210
  5. ^ アニメージュ編集部編『ロマンアルバム イノセンス押井守の世界 PERSONA増補改訂版』2004年、徳間書店、p.40
  6. ^ a b 布川、p.114
  7. ^ 布川、p.81
  8. ^ 「【特別対談】布川ゆうじ×高田明美」『オトナアニメCOLLECTION いまだから語れる80年代アニメ秘話 美少女アニメの萌芽』オトナアニメ編集部編著、洋泉社、2012年、p.169
  9. ^ 布川、p.96
  10. ^ 布川、p.111
  11. ^ 岡崎優子「パッケージソフトメーカーとしてのSPO」『キネマ旬報』2017年8月上旬号、p.116
  12. ^ 『アニメディア1988年5月号、p.25
  13. ^ エンタメ業界で福岡が熱い!? ゲームが牽引する福岡市とマンガで振興を図る北九州市”. おたぽる. サイゾー. p. 2 (2014年1月31日). 2016年8月19日閲覧。
  14. ^ 日本動画協会ホームページ 「2012年8月のニュース」より。
  15. ^ 太陽の子エステバン : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月8日閲覧。
  16. ^ がんばれ!キッカーズ : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月6日閲覧。
  17. ^ 旋風の用心棒 : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月17日閲覧。
  18. ^ 探偵学園Q : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月2日閲覧。
  19. ^ 美鳥の日々 :作品情報”. アニメハック. 2020年6月9日閲覧。
  20. ^ 花咲ける青少年  : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]