ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Stop! In the Name of Loveから転送)
移動先: 案内検索
ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ
スプリームスシングル
初出アルバム『モア・ヒッツ・バイ・ザ・シュープリームス』
B面 アイム・イン・ラブ・アゲイン
リリース
録音 1965年1月
ジャンル ソウル
時間
レーベル モータウン
作詞・作曲 ホーランド=ドジャー=ホーランド
プロデュース ブライアン・ホーランド、ラモント・ドジャー
チャート最高順位
スプリームス シングル 年表
カム・シー・アバウト・ミー
(1964年)
ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ
(1965年)
涙のお願い
(1965年)
テンプレートを表示

ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」(Stop! In the Name of Love)は、1965年にリリースされた、アメリカのボーカルグループ、スプリームスシングル曲。作詞作曲は、ホーランド=ドジャー=ホーランドアメリカ合衆国ビルボードポップシングルチャートで1965年3月27日から4月3日まで1位となった[1][2]。 日本では、南沙織ピンク・レディー高橋幸宏globeなどがカヴァーしている。

概要[編集]

スプリームスは「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」を1965年1月にレコーディングし、2月8日にリリースした[3]。この曲はスプリームスの6枚名のアルバムであるMore Hits by The Supremesに収録され、1966年のグラミー賞の最優秀ロックンロールヴォーカルグループパフォーマンス賞にノミネートされ、ステイトラー・ブラザーズの"Flowers on the Wall"に破れた。この曲はロックの殿堂の「ロックンロールを作った500曲」永世リスト選ばれた。

この曲にあわせてスプリームスが踊った振付は、片手を腰にあててもう片方の手を「ストップ」の仕草でのばすというもので、伝説的なものとなった。モータウンの大ファンであったダスティ・スプリングフィールドが司会をつとめる『レディ・ステディ・ゴー』の「サウンド・オブ・モータウン」スペシャルではじめてこのシングル曲のパフォーマンスがテレビ放送される前に、ロンドンの楽屋裏でテンプテーションズのポール・ウィリアムズとメルヴィン・フランクリンがグループの女性たちにこの振付を教えた[4]。 スプリームスは1965年2月24日水曜日に放送されたABCのバラエティ番組『シンディグ!』でもこの曲をパフォーマンスした[5]

担当[編集]

  • リード・ヴォーカル…ダイアナ・ロス
  • バッキング・ヴォーカル…フローレンス・バラード、メアリー・ウィルソン
  • 楽器演奏…ファンク・ブラザーズ

チャート[編集]

[編集]

チャート (1965) 最高位
オーストラリア 42
アメリカ合衆国ビルボート ホット100[6] 1
アメリカ合衆国ビルボード ホットリズム・アンド・ブルース・シングルズ 2
キャッシュボックスポップシングルズチャート 1
カナダRPMシングルズチャート 3
ドイツ 1
UKシングルチャート 7

[編集]

チャート (1965) Rank
アメリカ合衆国ビルボード ホット100[7] 20
アメリカ合衆国キャッシュボックストップ100 [8] 24
UK [9] 93

globeによるカヴァー[編集]

Stop! In the Name of Love
globeシングル
初出アルバム『Lights
リリース
ジャンル trance
レーベル avex globe
プロデュース TETSUYA KOMURO
ゴールドディスク
チャート最高順位
globe シングル 年表
try this shoot
(2001年)
Stop! In the Name of Love
(2001年)
genesis of next
(2001年)
テンプレートを表示

解説[編集]

シングル曲では初の全英詞(マーク・パンサーによるラップ・パートは、フランス語)。

収録曲[編集]

  1. Stop! In the Name of Love (original mix)
    フジテレビ系ドラマ「スタアの恋」主題歌
  2. Stop! In the Name of Love (tatsumaki club mix)
  3. Stop! In the Name of Love (tatsumaki remix)
  4. Stop! In the Name of Love (tv mix)

その他のカバー曲[編集]

ジャクソン5は1975年にキャロル・バーネット・ショーでスプリームス、ミルズ・ブラザーズ、アンドリューズ・シスターズへのトリビュートを行った際、この曲をライヴでパフォーマンスした。他のカバーバージョンとしてはマージ-・ジョセフ、ジーン・ピットニー、ニッキー・フレンチ、シニータ、ジョニー・リヴァーズ、LAヘヴィーメタルバンドのブラックシープ、グロリア・ゲイナー、レ・フィズ(1966年に"Stop, Tu N' As Plus Le Droit"というフランス語のタイトルで)、クロード・フランソワ(1971年、"Stop au nom de l'amour"というフランス語のタイトルで)、レナータ・パッチーニ(1966年、"In nome dell'amore"というイタリア語のタイトルで)、ヤコブ・シスターズ(1966年、"Was hab' ich dir getan"というドイツ語タイトルで)などがある。ホリーズによるカバーは1983年、アメリカで29位、カナダで31位にチャートインした。1996年にロス・フレチャゾスがインストゥルメンタル版をEP"En tu Calle"用に録音した。1998年にジョネル・モッサーによるカバー版が映画『微笑みをもう一度』で使われた。ユーロダンス版リミックスが2002年のダンスマニアコンピレーション、Speed 8に収録された。アメリカのラッパーであるリル・ウェインはこの曲を"Gossip"用にサンプリングした。この曲の歌詞はB-52'sの曲"Dance This Mess Around"に少しだけ引用された。アメリカの歌手ラトーヤ・ジャクソンは1995年のアルバムStop in the Name of Loveのためにこの曲を録音した。

Good Timesの家賃工面パーティに関するエピソードで、フロリダ、ウィロナ、テルマがこの曲を歌うところがある。フォックス放送のドラマ『Glee/グリー』のエピソード"Never Been Kissed"でもマッシュアップの一部としてアン・ヴォーグの"Free Your Mind"と一緒に歌われた。クロード・フランソワ版が2014年のスーパーヒーロー映画『X-MEN: フューチャー&パスト』において、1973年のパリの場面で使われた。

脚注[編集]

  1. ^ Billboard Hot 100”. Billboard (Nielsen Company) 77 (13): 32. (1965). https://books.google.com/books?id=eEUEAAAAMBAJ&lpg=PA1&pg=PA32#v=onepage&q&f=false 2011年5月9日閲覧。. 
  2. ^ Billboard Hot 100”. Billboard (Nielsen Company) 77 (14): 28. (1965). https://books.google.com/books?id=ZykEAAAAMBAJ&lpg=PA1&pg=PA28#v=onepage&q&f=false 2011年5月10日閲覧。. 
  3. ^ Gilliland, John (1969). "Show 26 - The Soul Reformation: Phase two, the Motown story. [Part 5]" (audio). Pop Chronicles. Digital.library.unt.edu. 
  4. ^ "The Sound of Motown". Host: Dusty Springfield. Ready Steady Go! (special). ITV. 1965年4月28日放送.
  5. ^ "Supremes/Barbarians/Neil Sedaka/Stan Getz/Ruth Price". Shindig!. ABC. KABC. 1965年2月24日放送. 29回,シーズン1.
  6. ^ Joel Whitburn's Top Pop Singles 1955-2002
  7. ^ Top 100 Hits of 1965/Top 100 Songs of 1965”. 2016年9月29日閲覧。
  8. ^ Archived copy”. 2014年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月2日閲覧。
  9. ^ Top 100 1965 - UK Music Charts”. 2016年9月29日閲覧。
先代:
ビートルズ
エイト・デイズ・ア・ウィーク
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1965年3月27日 - 4月3日(2週間)
次代:
フレディ&ザ・ドリーマーズ
好きなんだ