Stellaris

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Stellaris
ジャンル 4X, グランドストラテジー
対応機種 Microsoft Windows, OS X, Linux
開発元 パラドックスデベロップメントスタジオ
発売元 パラドックスインタラクティブ
プロデューサー Anna Norrevik
ディレクター Henrik Fåhraeus
Rikard Åslund
デザイナー Henrik Fåhraeus
Joakim Andreasson
Daniel Moregård
ヨハン・アンダーソン
音楽 Andreas Waldetoft
美術 Fredrik Toll
人数 シングルプレイヤー、マルチプレイヤー
発売日 2016年5月9日 (2016-05-09)
エンジン クラウゼヴィッツエンジン
売上本数 50万本以上[1]
テンプレートを表示

Stellarisは、スウェーデンのゲーム会社パラドックスインタラクティブ2016年に発売した4Xグランドストラテジーゲーム。Stellarisは未来の銀河を舞台にしたゲームであり、プレイヤーは宇宙を探索し、帝国を管理し、他の宇宙文明との外交戦争を繰り広げる。2016年5月9日にWindows, OS X, Linuxの各プラットフォームでリリースされた。[2]

ゲームシステム[編集]

Stellarisは西暦2200年の宇宙を舞台としたリアルタイムストラテジーである。プレーヤーは戦闘用や探査用の宇宙船を操作するが、中でも戦いは特に重要であり、戦略を練り、準備を整え銀河の覇権を争う。しかし外交的な手段もまた利用可能であり、他の勢力と同盟を組んだり取引をすることもできる。ゲームでは最初に人類などの種族を選択して開始するが、各種族ごとに保有する道徳や技術が異なっている。一方で宇宙船の設計は、いずれのエイリアン種族でも様々な種類が可能である。[3]

プレイヤーには初め、宇宙港を備えた一つの惑星と建設用/探査用の宇宙船が各一隻、それにコルベットからなる小艦隊が与えられる。ゲームの序盤は探査と他の惑星への植民が中心となるが、中盤になるに従い外交や領土の統治に次第にフォーカスが移っていく。[4] 終盤には銀河全体に広がる知性を持ったAIロボットの反乱や、他の銀河からの侵略といった危機イベントも用意されている。パラドックスでは、こうしたイベントが4Xゲーム終盤における、一つの勢力が強くなり過ぎてつまらなくなってしまうような問題の解決となることを期待している。[5]

開発[編集]

Stellarisは、パラドックスインタラクティブの開発子会社であるパラドックスデベロップメントスタジオで開発された作品である[6]。本作では、2007年Europa Universalis III以降用いられている同社のゲームエンジン「クラウゼヴィッツエンジン」が用いられている[3]。この作品は公式には2015年8月のゲームズコムで発表された[7]。ゲーム配信サービスSteamにおいて、2016年5月9日に発売された。

将来的には拡張パックの発売も計画されており、またバグ修正や機能追加といった無料のアップデートも提供される予定である[8]

MOD[編集]

Stellarisは他のパラドックス社のゲームと同様、ゲームのデータをテキストファイルで扱うなどMODによる改造が容易な設計となっており、ユーザーにより多くのMODが作成されている。こうしたMODとしては、UIの拡張や宇宙船・種族の追加といったものに加え、リングワールドスター・ウォーズ銀河英雄伝説といった有名なSF作品の世界観を再現したものまで存在している。[9]

また、本作で使用されているクラウゼヴィッツエンジンはマルチバイト文字に対応していることから、ユーザーによる日本語化MODが作成されている。[9]

Stellaris: Leviathans Story Pack[編集]

『Stellaris: Leviathans Story Pack』は本作の拡張パックで、2016年10月20日にDLCとして発売した。導入には本体が必要となる。

Stellaris: Utopia[編集]

『Stellaris: Utopia』は本作の拡張パック第2弾で、 2017年4月6日にDLCとして発売した。導入には本体が必要となる。

評価[編集]

イギリスのゲームブログRock, Paper, ShotgunのAdam Smithによる発売前レビューでは「4Xグランドストラテジーの両者においてランドマークとなるだろう ("could be Paradox’s finest hour, and a landmark in the development of both 4X and grand strategy design.")」と述べられていた[4]

リリース後、StellarisはMetacriticの評価でスコア79を獲得した[10]。レビューにおいては、ゲームのインタフェースやデザインは没入感が高いと評されており、RPGのようにプレイヤー種族をデザインできることも評価されている。ゲーム終盤の危機イベントについても注目されている。しかし、ゲーム中盤については満足度が低下するともされており、また外交システムが単純すぎるとの声や、AIがやや好戦的であるといった声もある。

Stellarisは発売開始から24時間で20万本を販売するヒットとなったが、これは販売本数では前年のCities: Skylinesにやや及ばないものの、価格の違いから売り上げではパラドックスインタラクティブが販売したゲームとしては過去最大であった。またパラドックスデベロップメントスタジオ開発のゲームとしては過去最速の出足である。[11] 発売1ヶ月後の6月21日には、50万本突破が報じられている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Paradox Interactive Announces Grand Successes for Grand Strategy Titles” (英語). Paradox Interactive (2016年6月21日). 2016年6月22日閲覧。
  2. ^ Stellaris Confirmed Release Date: May 9th, 2016.”. Games Ring. 2016年5月16日閲覧。
  3. ^ a b Savage, Phil. “Stellaris: how Paradox plan to make an infinite grand strategy”. PC Gamer. 2016年4月8日閲覧。
  4. ^ a b Smith, Adam (2015年8月6日). “Paradox’s Space Strategy Game Stellaris Has Won Gamescom”. Rock, Paper, Shotgun. 2016年4月8日閲覧。
  5. ^ https://forum.paradoxplaza.com/forum/index.php?threads/stellaris-dev-diary-30-late-game-crises.921629/
  6. ^ Paradox Development Studio”. 2012年8月16日閲覧。
  7. ^ Potter, Matt (2015年8月10日). “Gamescom 2015: Paradox Interactive Announces Stellaris”. IGN. 2015年8月27日閲覧。
  8. ^ https://forum.paradoxplaza.com/forum/index.php?threads/stellaris-dev-diary-33-the-maiden-voyage.932668/
  9. ^ a b ワークショップ”. Stellaris. Steam. 2016年6月7日閲覧。
  10. ^ Stellaris”. 2016年5月13日閲覧。
  11. ^ Bratt, Chris (2016年5月10日). “Stellaris breaks Paradox's record for day one revenue”. Eurogamer. 2016年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]